FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

感謝では食えない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



「医療関係者に感謝のブルーインパルスを飛ばす」

…バカなのか。
単純にこんなのはバカの所業だ。
だって、一方で、病院は経営難のところが多く、夏季ボーナスが減らされるところもあるという。
金の使い道を間違ってる。


整理しましょう。

オレのような仕事、障害者云々に関わる仕事も、まあ医療従事者のみなさんも、高齢者の介護の仕事、保育の仕事、ゴミ収集の仕事、宅配の仕事、八百屋さん、などなど、まあいろいろな仕事が、ステイホームできなかったわけですね。
でもまあ、社会を回すには必要な仕事。

とてもまあ重要な仕事だと思うんです。
ゴミ収集の人がいなかったら、例えば東京なんかだと一日ゴミ収集の人がまわらなかっただけでゴミにあふれてしまう、という話も聞きます。
衛生上もよくないですね。

そういう仕事に対してですね、「ありがとう」を示してくれるのは(オレも受ける側の一人として書きます)、ありがたいんです。
「とても感謝しています」というのは、ありがたい。

ま、これ何でもそうだと思うんだけど、絵本を作る仕事だとして、その絵本の感想を子どもが頑張って書いてくれて送ってくれたら、そりゃうれしいです。
ああ、がんばってよかったな、と思うと思います。

同じように、やっぱ感謝してくれることはうれしいし、ありがたい。

その方法が「ブルーインパルス」、というのはちょっと突飛だけれど、まあ感謝というのならやっぱありがたいとは思うんです。
お手紙で十分かと思うんですが。

ちょっと話ずれるんですが、蛇足ということでちょっと書きますが、でもまあ、それでもブルーインパルスはないかな。
やっぱ戦闘機ですから。
まったく平和な感じがしない。
感謝されてる感を持ちにくいんですね。
飛行船とかの方が平和な感じがしますわ。

とまあ、それはいいとして。

でね、まあだから感謝はいいんですよ。
ありがたいし、やっててよかった、と思える。


ここでまあ1つ前提なんですけど、どんな仕事でも大変だとは思うんですよ。
職業に貴賎なし、といいます。
だから、ことさら上記にあげたような仕事だけが大変だ、ということを言いたいわけじゃないんです。

が、コロナの最中、なんだかんだ緊張を強いられ、中には「病院勤務」というだけで差別を受けたりもしてきたわけです。
ステイホーム言うもんだから、ステイホームできない仕事に対する風当たりは確かにあったわけです。
一方で、介護の仕事や保育の仕事は、他の仕事に比べて平均賃金が低い、とも言われています。
そういう中で、まあコロナがない中でも頑張ってきてくれたのに、ここに来てコロナがあって、なおさら大変だった、というのは想像に難くないですね。
で、差別を受けるようなことがあるわけだから、まあ感謝してもらうに値すると思います。

でね、この人たちについては、やっぱ今後も「続けていってもらわなければならない」んですよね。
第二波が来る、といわれてますよ。
確実にまあ続けてもらわなきゃ、なんなら増えてくれなきゃ困るわけです。


でもね、ここが結論なんですが、こっちサイドとしてはですね、「感謝」は「やっててよかった」にしかならないんですよ。
だって、待遇は悪くなってるんだから。
というか、介護とかはそもそも低いんだから。
「これだけ感謝されたんだから、よく頑張ったなオレ。ここでやめよう」というような流れなんですよ、これ。

ちょっとこれ、偏ってるかもしれないけど、でも、感謝は過去です。
過去のことについての感謝なんですよ。
低賃金で頑張ってきた、ということへの感謝でしかない。

でね、「続けるかどうか」ってのは、なんだかんだ結局は「金」なんです。
「こんなに感謝されるんだから続けよう」ってね、そりゃ金があっての話。
食うに困るような状況で、貯蓄ができないような状況で、そうは思えません。
やりがいでは食っていけないんですよ。

「潮時かな」と思うだけです。

だからね、待遇をよくすることを考えなきゃいけないんですよ。
続けてもらうためには。

つまり、過去への感謝とともに、「これからも続けてください」をセットにしてくれないと、やっぱ続かないです。
それは、「待遇の向上」です。

それをセットにしないから、感謝が未来につながっていかない。

とても残念な話だと思いませんか?







(BGM:ベッキー♪♯「WBC」from「心こめて」)
→一度まあスキャンダルもありました。
でも、なんかオレの中ではなんかまったくマイナスでないばかりか、プラスですね。
スポンサーサイト



<< 機関紙をぜひ読んでください | ホーム | 人類にとっては小さな一歩かもしれないが >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP