FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

校則じゃね?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



まあ、レジ袋問題ですね(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5233.html)。
にじ屋でどうしようか、って話の中で、いろいろな話になったんですけど。

アキ坊がよく、こういう時になると、すぐにテレビは「どうやったらゴミ箱のビニールを確保できるか?例えば、トイレットペーパーの袋をきれいに破けば、ゴミ箱ぴったりですよ!」みたいなことを言いやがる、という話をしてて。

まあ、そうなんですよね。
消費増税の時も、「どうやったらお得に買い物ができるか?」みたいな。
もっというと、年金が崩壊しそうになってる今だからなのか、「老後の積み立てをどう作るか」みたいな。

おいおいおい、と。
そもそも増税はいいのかよ?と。
年金崩壊って、なんのために俺たちは安くない年金払ってんだよ、と。

テレビはそこのところを言わないし、核心は突かない。
「お上の決めたことに、どうやって抵抗しようか」じゃなくて、「どう順応しようか」という話しかしない。
そして、たいがい世論はそういうことに流れていく。

ああ、もうダメだなこの国、と思いますけど。


今回のレジ袋問題は、かずみがいろいろ調べてくれて、みんなにもわかりやすく話をしてくれたんだけど、環境言うけど、「レジ袋有料化じゃなくね?」という結論になりました。
でもまあ、環境を悪くしたいわけじゃないので対応はしていきますが、ちょっと政策としては明後日。
しかも、どの店舗でも、とか云々言う割に、説明も足らない。

知らんがな、って個人商店も多かろう。
ウチもそうだった。
まず、その調べた時間を返してほしい。


とまあ、それはいいんだけど、ってよくないけど、いいとして。

これね、まあ「決まりができた時にどう順応するか?」という話になりやすい日本人、というのが浮かぶわけですが、原因に心当たりがありまして。

校則じゃね?と。


昔、ウチの子が学童に行ってた頃、学童に漫画を持って行きたいが、学校では漫画を持って行っちゃいけないわけです。
だから、「どう隠して持って行くか?」という話になりがちだよね、と。
それをね、親がね、「うちの子はこうやって隠して持って行ってる」とか、「あ、うちは…」みたいになって盛り上がったことがあったんですけど、「バカなの?」と。
そもそも、学童に持って行かなきゃならない、子どもなりの理由(大人から見たら打ち消されちゃうかもしれないけど)があって、だったら、堂々と持って行けばよろしい、と俺は思ったのよ。
というか、言ったんだよ。
だって、学校から学童に行くんだから。
持って行くの当然でしょう。
学校帰りに病院に行くなら、診察券だって持って行くでしょう。
何の問題があるのか?と。
漫画だからダメなのか?と。
バカなのか?と。

親なら、それを持って行くことを許すことを学校に要求すべきことであって、「うまく隠しなさい」って言うバカどこにいる?と。


これね、まあ車椅子の人が駅を使うときに、遠くのエレベーターが云々、という話の流れでも、「けっこう、遠くにあったとして、あそこにあるよ、みたいな処世術が我々の中に流通しがち」という話しもあって。
つまり、「遠くにある」という現実を受け入れちゃってる、というか。
でもまあ、これはしょうが無いとは思うんです。
今、なんとかしないとコンコースから一階に降りれないから。
そういう処世術が流通するのは悪くない。
けど、それで「OK!」というわけじゃない。
少なくとも「!」はいらない。
ここは「渋々」、でなければ、一生車椅子の人は遠くに行かなきゃならない。

こういうのが最悪なのは、「そういう処世術を知らない障害者が悪い」に話が転換しちゃうところなのだけど、その話はまた別の機会に。


ということで、つまり、そもそも「校則」の中で、「どうやったら隠れてスカートを短くするか?」ってことをみんな考えちゃってるわけです。
それ、そのまんま、今のレジ袋の対応と同じじゃないですか?と。

「ウエストのところ折ればいいのよ」みたいな。
ウチの子は入学式の日にもう折るどころか切っちゃったので呼び出されましたね入学早々に。
でもまあ、そう先生に言われて、どうしたんだっけな。
先生にはちょっと校則についての文句は言ったと思いますが、娘になんて言ったか覚えてない。
直させたりはしなかったけど、果たしてでも、まあ無事に卒業したからよしとするか。
モノによるけど、校則を破るのが不良というのなら、不良上等という見方もあるんで、オレとしてはまあそれでいいと思いますけど娘の考え、というのもあるし。
ま、高校だったしね。


決められたことを守る、というのは大事かと思うけれど、その「決められたこと」ってのが、自分にとって不利だった場合。
しかも、これが制度の問題とかになると、選挙で選ばれた人たちが決めた、ってことですからね。
俺らに無関係ではない。

よく、「政府が決めたんだから」とか、「安倍さんが決めたんだから」とか言う人がいますけど、そういう人たちって、まだ学校出てないのかな。
で、政府が決めたことを校則だと思ってるんだろうか?

話にならないよ。






書店員

車募集

(BGM:Los Del Río「Macarena Bass Bumpers Remix(Radio Edit)」from「Macarena (Single)」)
→マカレナ。
日本語的にも「巻かれな」みたいな。
「長いもんには巻かれときゃいいんだよ」みたいな感じが伝わってくるが、どういう意味の歌詞かはわからない。
スポンサーサイト



<< ゴーゴー変なおじさん | ホーム | 公約を守らせる責任 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP