FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

人生は続く


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



録りためてあった映画を見たシリーズ。
ネタバレしますね。


「トガニ 幼き瞳の告発」

耳が聞こえない子どもたちの学校で、性的虐待が起こる。
校長自ら行っており、組織自体も知らぬ存ぜぬを決め込んでいるという悪夢的状況。
しかも、その校長が地域の名士。
もうどうにもならない。
そこに赴任してきた教師がその闇を暴いていくのだけれど…。

いや、これね結局スカッとしない。
どうにも見てられない。
途中で何度やめようかと思ったが、まあ見たよ。
腹も立つし、それはこの校長だけじゃなく、それを取り巻く大人というか。
なんかいろんなものが詰まっていて、なんだろう。
とにかくずっと気分の悪い映画。


「ビギニング オブ トイレの花子さん イジメから始まる物語」

いや、もうこれはB級にもなってない。
演技が文化祭以下だし、最後BGMがでかすぎてセリフ聞こえないじゃない。
「なんだったの?」の部分が聞こえないんだから困ったものである。


「チェンジリング」

アンジェリーナジョリーさん主演。
子どもが誘拐されちゃうんだけど、見つかったと帰ってきた息子は別人だった!という。
いや、別人に見えた、とかじゃなくて、ホントに別人。
しかし、メンツを重んじる警察は「この子は本物だ、あんたがおかしい」と母親であるアンジェリーナジョリーを精神病院にいれてしまう!

もうね、おかしいわけです。
決定的におかしいし、馬鹿馬鹿しいほどにおかしい。
でも、これ「実話である」という部分が、あまりといえばあまり。
時代もあるんだろうか、その辺の想像力が事態を逆に飲み込ませてしまう。
当時の警察はこういうことをやっていたんですね。
ってか、まあ今も多かれ少なかれこういう部分はあるんだろうけど。

でまあ、このことをきっかけに警察のやりたい放題は告発されるのね。
そういう意味では、彼女は英雄であるとは言えるんだけど。
その裁判で終わればまあ、そういうことなんだけど。
でも、映画はその先がありまして、彼女自身にとってはハッピーエンドにはならないんだよな。

というのも、この話が「事実は小説よりも奇なり」という感じなのは、その当時子どもをさんざん誘拐して殺しちゃってた連続殺人鬼が近くにいたという。
そのことがばれて、その犯人は捕まるんだけど、どうもその犯人にそのアンジェリーナジョリーの子も捕まっていたということが他の逃げ切った子どもから伝わってくる。
しかも、遺骨からも当時の技術じゃわかんなかったんだろうな、殺されたのか逃げ切れたのかわからない。

ここね、まあつまり彼女は警察のあり方を変えたとして、でも彼女の「子どもを無くした」という人生は続いていくわけです。
その後、自分のような思いをする人を救いたい、ということをある程度達成できたが、でも自分を救うことにはならない、というか。
ここになんかこの映画を奥深くしている感じがありますね。

さすがクリントイーストウッド監督といった感じでしょうか。


「クズとブスとゲス」

見たかった一作。
まあ、クズとブスとゲスが暴れ回る映画、ってことなんだけど、いや、確かに面白い。
このバカ感は悪くない。
全体を包むざらついた感じ、ピリピリした感じがいい。
しかもなんか底辺のリアル感がすごい。
こわい。
ラストへ向かって二人がヤクザにさらわれるあたりからの展開がものすごくいいだけに、中盤、もうちょっとスピーディーに、暴力的に編集されていればピカイチ映画になった感じがある。
それと、クズが真っ正直すぎて、どっかリアルではあるけれど、この暴力衝動の中にいてちょっと浮いている感もある。
イイやつ過ぎるんだよな…。
芦川誠さんのヤクザの親分とオヤジとしての両極端の怪演が光る。


「スティール・コールド・ウインター ~少女~」

韓国映画らしい韓国映画。
最後、立派と思われていた村長がアレだったとは、もう言葉もない。
ヒロインの彼女がどれだけ追い込まれていたのもよくわかる。

正直、説明不足の感はあります。
なもんで、かなり見る側でストーリーを補強する必要があります。
が、そこをちゃんと描けたらこれは傑作になるような気がします。

話は田舎の閉鎖的な空気というか、そういうのを主題にしているんだけど、どこか村人が朴訥が過ぎてちょっと描き切れてない感じも。
ま、逆に朴訥が過ぎて閉鎖的に走る、ということであるとすると、なお難しい物語になるわけでありまして、ちょっと難しくなっちゃってる感じも…。
惜しい。


「ひ・き・こ 降臨」

これね、アイドルを使ったダメホラーだと思ったんですけど、見てみたら悪くないデキだった。
というのも、アイドルの子の演技が悪くない。
これ、演出がいいんじゃないかな。
演技のダメさをきちんと隠す演出になってるというか。
キャラをそのまま活かしてるというか、難しいことをさせずに裏声使わせたり、ただ笑うだけ、とか寝てるだけ、とか。
最小限の演技で最大限を取ってる感じ。

特に、ひき子?なる謎の同級生がいい。
ま、最後までひき子かどうかはわからないけど、彼女がキュートで不気味でよろしい。

それと、都市伝説に引っぱられすぎなかったのも正解。
これはだから都市伝説のひきこさんとは別モノととらえた方がイイですね。

なかなか良作だったと俺は思います、はい。


「ノートルダムのせむし男」

ほぼ百年前の作品ですね。
無声映画なので、台詞は時々折に触れ字で挿入される。
そこにはまあ、日本語の字幕がつく。
けども、まあこれがいわゆる低価格ディスクだったからかもしれないが、訳がテキトウすぎて、まったく意味がわからなくなったりする。
よくないなあ、こういう愛がないことしちゃ。

とにかくこの映画で見るべき点は、せむし男の怪演でしょう。
いや、すばらしい演技力だと思う。
ちゃんとした字幕でもう一度みたい。







車募集


(BGM:Rihanna「SOS」from「A Girl Like Me」)
→この辺のはどれ聞いても同じに聞こえてしまうな…。
スポンサーサイト



<< このギャンブルに負けるわけにはいかない | ホーム | 資格ビジネスの食い物になりたくないが >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP