FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

アラサーで人生終わるなよ…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



録りためてあった映画を見たシリーズ。
ネタバレします。


「隠された時間」

韓国映画。
子どもの頃、ひょんなことから友だちと採石場のある山に行き、主人公の女の子以外がみんな行方不明になる。
その中の1人は、寂しかった彼女の唯一の友だちだったのだが、なんと大人になった姿で彼女の前に現れる。
彼によれば、爆発の時に時間が止まって、時間が止まった中で数年生きていたというのである。
で、歳も取った、と。
にわかには信じられないが、彼女とだけ通じる文字を書き、その子だけしか知らない秘密もきちんと知っている。

SFですね。
しかし、まあ誰もそれを信じてはくれない。
当たり前だ。
幼い女の子が、大人の男に騙されてるようにしか見えない。

とまあ、そんな感じの話ですが、ラストがきちんと泣けるようにできていて秀作。
時間が止まった描写もなかなかよくでいていて、どうやって撮ったんだろう…、うん、なかなか面白かった。


「HOT SHOT」

愛と青春の旅立ちのパロディ映画ということになりますか。
小ネタがとにかく満載で、ドリフ的展開といっていい。
全編にわたって「ふざけている」。
映画と言うより、ふざけているのである。

ですが、まあアメリカンなおふざけなので、正直笑えない。
笑いってのは国民性みたいのがあるよなあ、ということをつくづく感じる映画であります。


「スガラムルディの魔女」

ハチャメチャですが、よくできている。
CGとかも多少チャチだがよろしい。
銀行強盗をやって逃げる。
逃げる先に魔女の村があった!
そんだけなんですけど、魔女の村でなんだか魔王みたいのは出てくるし、食われちゃうけどうんこと一緒に出てくるし、まあ中学生レベルと言ってもイイハチャメチャが続く。
最後の最後、魔女を振り切って主人公は脱出はするんだけど、魔女が「ま、この世界にもいつか飽きてこっちに戻ってくるわよ」というラスト。
なんだか魔女の世界がいいんだか、こっちがいいんだか…、その根源的な部分を最後にもってくるあたり、なんか教えを説いているような感じもあるが、いや、そんな立派な映画ではなく、とにかく中学生レベルの面白さに身を任せるしかない感じ。
こういうの、いいですね。


「ゾンビハイスクール」

ゾンビコメディですが、笑いは少ないですね。
どっちかというと、ゴス系の彼女と主人公のラブロマンスが中心。
とはいえ、この二人が魅力的なので、なんかひきこまれてしまう、という。
ゾンビ感は少ない。


「黒い暴動」

ガングロ・パラパラ、あの流れはなんだったのか。
当時から、ガングロは「男に媚びない」という象徴だったように思ってた。
どう考えても、あの奔放さとメイクの強さは、日本の美人と言われるもてる女の「男に媚びる女性像」に相反していたと思う。
ブリッ子、みたいなのの対極にいるというか。
だからなんだかかっこよかったし、まあバカだとは思っていたけど、でもそれもいいじゃん、と思っていた。

おそらくバブル景気もあったんだと思う。
なんとかなる、という時代があった。
ま、今となっては見る影もないわけで、リクルートスーツを着て媚びなきゃ何も始まらない世の中になってしまった。
というと、まああまりに単純な見方だけれど、そういう大きな流れはあるように思う。

この映画は、その昔ガングロに目覚めた女子高生の、その当時の疾走とアラサーになった今を同時進行で見せる映画。
アラサーの現代がちょっと寂しすぎる感もあり、タイムカプセルを開けて当時を思い起こしても特に何もかわらない感じの日常は、どこか「祭りのあと」を思わせる。
もうちょっと、「今」の方も「輝く可能性がある」ことを見せてほしかった。
というか、アラサーでそんなに祭りのあとになってどうする?、というか。


「JAWS3」

まあ、残念な続編。
続編の運命とはこういうことなのかな…。

そもそもラスト、イルカが助かってよかった!って終わっていいのか…。
人死んでるけども…。






車募集

(BGM:Ak'Sent「All I Need」from「International [Bonus Tracks]」)
→まあ、どうなんですかね。
かっこいいけどね。
スポンサーサイト



<< 受けてやらなきゃかな… | ホーム | んなわけねえ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP