FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

無名人対談集


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





オレはけっこう、マラソンとかの時に、「自分がインタビューを受ける」という想定でいろいろ頭の中で答えたりしながら走っていることがあります。
これがなかなかマラソン中には好調で、アタマの中で質問を考え、アタマの中で答える、という、まあイヤなこと考えなくていいし、あと何キロだ…、とか思わなくていいというか。

妄想ですね。
そういうのをけっこう考える。
のが好きである。


そんな中、対談をするとしたら、誰としたいか?という問題はけっこう頭をもたげる。
いや、有名な人と対談できようはずもないのだが、チャンスもなければ、何もない。
もたげてる場合じゃない、というご指摘はごもっともである。
でもまあ、スーパー猛毒ちんどんなんてバンドもやってるし、時に取材なんかもされる。
といっても、まあ向こうから言ってきてくれることなので、これは選べない、というか、まあ断ることはできるから、選ぶことはできなくはない。

これまで、まあ成宮アイコちゃんだったり、TABLOだったり、の取材は受けたことがある。
そのほかにも、エンタメではないけれど、学者さんの取材?も受けたことがあるか。
あとは映画のパンフに載ったあれか。
ま、バンドとしては新聞だとかもないわけじゃないけど、オレが直接受けたというのはそのくらいか。

そもそも、まあ俺自身はあまり人と話すのは苦手なので、よっぽどのことがなければ、俺自身が取材を受けると言うことはない。
コロナ下でのにじ屋について、いくつかの新聞に記事が載ったようだったけど、新聞の受け答えも、オレがすることはない。
その辺は、まあ単純にめんどくさいからね。
それにオレじゃなくてもいいわけでね、にじ屋に関する人だったら自称リーダー井上がいいじゃん、とか思っちゃう。

でもまあ、上記の取材は、進んで受けた。
その辺の線引きはちょっとちゃんとしたいな、ということがありますね。
俺がものすごく好きじゃなければ、やっぱりなかなか腰は上がりません。


というか、やっぱ出るじゃないですか。
対談相手とかに。
ただ有名だからって、安倍首相と対談したり握手したりする、ってのは、もう絶対やらないでしょ、そもそも。
都知事とか、大阪のなんたら維新とか。
箔づけ、という意味で、そういうベクトルはない、というか。

逆に、そういう人たちと対談すれば、そういうことで箔づけしたい人なんだな、ってことになっちゃうじゃないですか。
それはちょっとごめん、そう思われたくない…、という。

箔づけという意味では、まあ有名人の方がいい、ということにはなりますか。
なるけれど、それはそれで、どういう有名か?ということにもなりますね。
半グレで有名な人、ってことになれば、ああ、この人は半グレ方向なんだな、ってことになるわけで。
あ、サブカル系か、とか。
あ、下北おしゃれ系ね、とか。
まあ、そういう風に思われちゃいますよね、人によっては。

そういう意味では、逆に有名じゃない人、一般の人、ということでやっていくことによって表されるなにかもあるわけですか。


ま、そう考えますと、なんだかんだ、「俺が好きな人」ってことにはなりますよね。
せっかく対談させてもらうんだから(妄想)。
そりゃ、そういう人にお願いしたいわけであります。

まず、自民党系の排除、おしゃれ系の排除、売れてる人の排除、売れたい感じがものすごくプンプンしてくる人の排除、ということくらいまでは考えますか。
その辺をいろいろ加味して、最終的に誰か?ということなんですよね。

う~ん悩むなあ(悩むなよ妄想なのに)。

結局ね、いろいろ考えた結果、アオテツ(@aotetsu8)というのはどうでしょう(バカ!)。
まあ、もうね、アキ坊にもよく言われるんです。
「あんたたちは、何時間も話してて、よく話すことがなくならないね」と。
これを書いているのは7月の下旬なんだけど、しかもこのコロナ下においても、PC入れ替えや動画の撮影などもあり毎週会っているというていたらく、いや、ていたらくって何だよ。

つまりは、もう話が尽きないワケなので、対談するのにもってこいだと思うんですよね。
話すことを事前に考えなくていい、という。
なんなら写真家松澤を入れてもいいですね鼎談。

しかし問題は、アオテツが有名人というわけでもなく、一般人ってところですか。
いやいやいや、でもよく考えたらオレも一般人じゃん!


というわけで、一般人同士の対談を集めて本にする、って企画、どうでしょうか。
どっかの本屋さん、やってくれませんか。
そういえば、無名人名語録って本もありました。
名語録かどうかは保障できないので、無名人対談集、という。

…売れねえか。











(BGM:Long Beach Dub Allstars「Fugazi」from「Right Back」)
→これかっこいいのだなあ。
ダブ、ってのが何を言うのかよくわからないけど、この感じはたいがい好きだな。
もたつく(ように聞こえる)ベース、時折こもってディレイかかる感じ。
それでいて、これはポップで聞きやすい。
スポンサーサイト



<< ま、いくつかね、最近気になることがありますよ② | ホーム | 特効薬はないのだから >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP