FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

誤魔化される


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



「前ならえ!」ってありますよね。
あれ、一番前の子は、腰に手を当てることになってましたよね。
忘れてましたけど、そういうのがありました。

で、まあそのことで、ツイートでちょっと見たんだけど、「あれ、おまえは一番小さい、って言われてるみたいで辛いから止めさせた方がいい」みたいな感じのことが書いてあって。

ま、そうか。
たいがい、一番小さい子はずっと小さい感じもする。
その後中学でものすごい伸びました、って人もいるだろうけど、常々小さい方です、腰に手を当てていた方です、という人も多かろう。

ま、その人はきっと辛い思いをしたのだろうからそれはそうだね、としか言えないけど、でもよくよく考えたら、そもそも「小さいのが悪いのか」という問題がありますわね。

三高とか言って、高身長ですか、そういうのがモテる、と。
つまり、チビはモテない、と。
ちなみに豆知識としては、チビは漢字で禿、ハゲも漢字で禿、という。

おそろしいにも程がある。
漢字を考えた人の悪意すら感じるわけですが。

まあ、結局、前ならえの問題というより、「チビを見下す文化」の問題なのでしょうね。
チビが別に気にならない世の中だったら、別に前ならえも何も別にどうでもいいことになりますから。

こういう構造の話ってのはいろいろあって。
女性専用車両、なんてのもそういう感じかもしれない。

女性専用車両が生まれた背景の問題が重要なんであって、女性専用車両を問題にしてもしょうがない、というか。
女性ばっかり保護されてる!とか言い出す輩がいますけど。
そういう論議では、なんも解決しない、というか。
そもそも痴漢とかの犯罪が跋扈してるからでしょうに。
そこが解決できれば女性専用車両なんかはいらなくなるかもしれないんだから。

障害者の問題もけっこうこの構造が多い。

施設云々ってのもそういうところがあって。
大量虐殺とかがあったけど、施設のそもそも大量収容、合理化、というのがどうなのか?というね。
非人道的だと思うんですけどね。
それでも、まあ「施設がないと困る」という社会的な要請と、まあ親御さんの要求だよね。
そういうので、結局「必要悪」みたいな感じで存在してるのが当たり前になってる。

施設の運営云々とかの問題をまあ取り上げてもきたけれど、本来は社会の中で福祉施策がどう豊かに存在するか、って話なはずなんだけども。

ちょっと外れるかもしれないけど、そもそも社会から障害者を締め出しておいて、パラリンピックだのを感動ポルノにして、その上でしか障害者を表現しないメディア、なんかもそういう感じがする。
そうなると、まあ「フツーの障害者」が見えなくなっちゃって、というか、いなくなっちゃって、結局は何も変わらない、みたいな。

それでもまあ、スポーツがすごい、芸術がすごい、みたいな障害者が取り上げられなかったら、普通の人が取り上げられるはずがない、というのもわかるんだけど。
ってか、まあ普通の人がそもそもテレビには取り上げられないよ、というのも正解である。
これもまあ、メディアのあり方そのものが問われているのかもしれない。
小人プロレス云々、ということではない、というか。

問題の根源は「前ならえ」ではないわけですよ。
でも、まあ「前ならえをやるかやらないか」みたいな論議に陥ってしまうのよね、人の世は。


けっこう、行政と話し合いをしたりすると、ここで誤魔化されることが多い気がしますね。
意識してるのかしてないのか、この辺を彼らはごっちゃにして、「前ならえ」の論議にすり替えたり、本質の論議に寄せていって、「いきなりは無理だから」という理屈を付けて「前ならえ」の論議に持って行ったりする。

話はそもそも単純で、例えば今我々が取り組んでるJRの駅無人化の問題も、無人にしなきゃいいんですよ。
それ以上の問題じゃない。
人さえいれば、例えば耳が聞こえない人、車椅子の人、日本語がよく読めない人、まあ、そういう人たちが楽に使える。

今、「駅員がいないのでインターホンでお願いします」なんて書いてあって、そもそもこれ読めるのか?耳が聞こえないのにインターホン無理だろうよ、という、小咄にもならないような状況になっている。

それを、JRも人員不足が、とか、そういうのはまあ基本関係ないわけです。
いや、関係あるけど、こっちには関係ない。
それはJRが民間いうなら努力しなさいよ、って話で。


というわけで、まあけっこう世の中の問題は本来スッキリしてるはずだと思うんですよね。
それを、わけ知り顔で「前ならえが云々」と言い出す専門家とかいう輩が出てきて、問題の本質を見えなくさせてしまう。

というようなわけで、そういう専門家にはならないように気をつけなきゃな、という話でした。





車募集

(BGM:STARDUST REVUE「カーニバルの夜」from「ONE & MILLIONS」)
→ま、埼玉の人たちという話がありますが、調べたらホントに生粋の埼玉の人たちで結成されとる。
いや、どうなんですかね。
名前は知ってるけど、これまであまり聞いたことないですね。
ま、そういうことなんですけど、ま、うん、普通だった。
スポンサーサイト



<< 一回やめちゃえ | ホーム | NHKは自民党放送局か? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP