FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

対処法が早く見つかるためにも


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



9月のアタマ、コロナが収まらないまま台風がやってくるとのことでまあ大変な事態に陥っています日本。
「文化祭はやってね」とか大臣が発言したりして、いやいや、自らは有効な手立ては何もしてないけど国民には要求はするという政府にうんざりしている今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

世の中にはいろんな人がいて、「コロナは風邪と同じ!」とか言ったりして、「マスクなんてナンセンス」とか言ったりしてますが、どこの研究者かと思いますね。
もし、それが本当なら、医者や看護師はこんなにコロナを恐れてないと思うんですけど、医者や看護師の能力を馬鹿にしてるんでしょうかね。
「オレは医者よりもすごい」とでも思ってるのか?

意味がわかりませんけどね。

たいがいの医者が「風邪と一緒ですから」と言い始めれば、それはそうなのかな、と思いますけど、一人や二人の医者が言ったからといってそんなことなかなか信じられない。
だって、医者ってやっぱ専門家じゃないですか。
病気の。
その人が言うことを信じないってのは、やっぱちょっと意味がわからない。

まあ、とはいえ、ガリレオガリレイのような例もありますから、すべてがすべて専門家に任せておけばいい、ということではないと思います。
それはそうなんだけど、世界中の病院で戦々恐々としている状況の中、まあよくも「風邪と一緒」なんて言えたもんですね、って気がします。

いや、真実は多数決で決まるものではないですが、どう考えても医者や看護師がこのコロナの蔓延を抑えているのは事実で、しかも重装備で、きつい仕事の中やってくれてるわけでしょ。
もし風邪と同じ、という可能性があるのなら、こんなに過酷なことやるかな、と思います。
というか、それは少なくとも対処法がない今の状況の中では、そのくらい蔓延を防ぐ努力をしなきゃいけない、ってことであると思います。

もちろん、蔓延を防ぐには医療だけではなく政治も重要な意味を持ってますけど、今の日本はもう「コロナを忘れましょーイエイ!」て方向に舵を切った感じがしますね。
脳天気もここまでくると害悪じゃないか、って気もします。
医者や看護師はもう限界じゃないでしょうか。

超過勤務の中、報酬がカットされているというみなさんに、これ以上負担をかけてどうするつもりでしょうか??
このまま辞める看護師とかが増えたら、一体どうするんでしょう?
もう一度言いますが、少なくとも今の段階では対処法がないんですよ。
風邪なら対処法がありますが、コロナにはない。
対処法が発見できれば同じになるのかもしれないけど、それまではやっぱ蔓延を防ぐしかないんじゃないでしょうかね。

今の状況は、医者は現場で忙しすぎて、対処法を考える暇もない、って感じにも見えますよ。
だったら、政治がやることはハッキリしてると思うんだけどな。

というわけで、もう政治がGOTOとか言ってるので、自衛するしかない感じになっております日本。
かかっても、アプリがどうこうしても検査してくれないんだからもうしょうがない。
しかも検査も金がかかるって言うじゃない。
これじゃ貧乏人を殺しにかかってるとしか思えないよな。

確かに、マスクが有効なのか、ついたてが有効なのか、わからんですよ。
わからんけど、それは「今のところの対処法」なのであって、そこは守っていかないと医療の現場のみなさんを疲弊させるだけじゃないかと思うがな。

対処法ができれば風邪と一緒、というのはわかるよ。
わかるけど、今はないんだからさ。
そんな簡単なことを人は忘れちゃうのね。
ヒステリー状態なのかな。
困ったもんで。


というわけで、ウチのみんなとは「外に飲みに行かない」みたいなことでやってきていました。
一度は駅前の飲み屋まで行ってもいい、としたんですが、感染者が増えてステップを戻したままでした。
内部ではまあ事務所とか家に行って飲むとかはいいかな、という感じで。
なんやかんや家族的に生活してますからね。
そこはもうしょうがないというか。

で、それを9月に入って一段階戻しまして、近所の店はOKということにしました。
いろいろ細かい約束事は付けました。
単純に枠を取っ払ったわけじゃなくて、「近所の店はOK」に対しての責任は果たそう、みたいな感じで。

行きたかった場所、まあ飲みに行くだけじゃなくて、携帯が壊れたままとか、そういうのもありましたから。
コウヘイなぞは、いじりすぎて変なことをしてしまい、ショートメールが使えなくなったままだったりしてまして。
復活させようと思ったけど、いろいろやってみたがもうどうしようもわからなくて、「携帯やさんに行かなきゃダメだなこりゃ」というまま一ヶ月くらい経ってたり。
他にもメガネを新調したい、とか。
美容院、とかね。

その辺もよかろう、と。
まあ相談しながら、ですけどね。


というわけで、まあ、オレもみんなとの約束に沿って毎日をやってるんだけど、先日はいろいろ一日かけて行ってきましたよ。
行かねばならない場所がいろいろありましたよく考えたら。
もう15年近く乗ってる車の窓が閉まらなくなったり、椅子が勝手にリクライニングしたりして大変な状況になっていた上、来月車検じゃん、ということで、車もなんとかしなきゃいけないのであった。
園芸屋さんにも花を食う虫の駆除をどうするか相談に行かなきゃいけなかったし、よくよく考えたらいろいろなあ。

まあ、なんにしても、感染しないようにドキドキで行かねばならないわけで、早く対処法が見つかって収束してほしい。






車募集

(BGM:山下久美子「永遠の夏」from「SING A SONG」)
→この人はすごくなんでしょう。
うまく言えないけど、どっかどっちつかずな感じだなあ、と高校時代に思っていたんだけど。
つまり、アーティスティックと歌謡曲の間というか。
と思っていたら、まあずっとそのままなので、それがやりたかったんだな、ってやっとわかって、すごくリスペクト。
スポンサーサイト



<< 「しょうがない」からの… ★ 映画 「アルプススタンドのはしの方」 | ホーム | 結果生まれるモノかもしれないが、求めちゃいけないモノ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP