FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

もっと時間がほしい、つまり金がほしい


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





この前、「俺もその一員かもしれない」って書いたんだけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5302.html)、つまりは、井上たちを「わからない人」に押し込めてしまってる張本人かもしれない、ということなんだけど。

具体的にそれを感じることがありまして。

ミツは、まあ普段はなかなか言葉に詰まるタイプで。
というのも、どもりもあるんだな。
それと、一回「考えるモード」に入っちゃうと、すぐに返事ができないというか、ポンポンとやりとりができない、というか。
だから、黙ってる感じになっちゃって、「言ってることがわからないのかわかってるのか」すらわからない状況に陥ることがある。

そうなると、話も何もなくて、そもそも彼の思ってることはこっちに伝わってこない。
だから、そもそも話した意味がない、という感じになってしまう。

で、ところが酒が入ると、調子が上がることがあって。、
まあ常にそう、というわけじゃないんだけど、ポンポンと話が出ることがある。
それで、「酒を飲むと饒舌になるけど」みたいな文脈で、「彼は酒を飲むと話ができる」みたいに捉えてしまう。

これ、まあそうではあるんです。
実際はそれでポンポン話が出ることはあるわけだから。

でもそれが、「酒を飲まないと話せない男」に変換されてしまうと、これは違うんだな。

この前、ちょっとした、ミツとしても大きな出来事というか、その話を聞いたときは別に酒飲んでなかったし。
しかもポンポン話出てきたし。

つまり、まあそれだけ彼の中でしっかりと元々あったモノを話した、ってことなんだろうと思うけど。


確かに、彼らをある意味で「キャラ付け」することは、「こっち」としては楽なんですよ。
市丸はお調子者だ、とか。
井上は緊張しいだ、とか。
どっちも当たってるんですけど。
彼らの一側面を表してはいる。

でも、それがすべてではないんだよね。
当たり前なんだけどさ。

でも、「井上は緊張しいだからしょうがないよ」と、「こっち」がそのことを盾にして、彼にチャレンジを諦めさせちゃうとしたら、それはやっぱりちょっと違う。
例えば、彼が何か問題を起こしたとして、彼がやってしまったことを「緊張しいだから」って解決してしまったら、それは違うかもしれないんだよね。


そもそも、彼らが何かを「思ってない」「感じてない」ってことはないわけです。
けど、それを表現するすべが彼らにはない場合がある。
言葉が足らないのか、そもそも言葉に変換できないのかもしれない。

市丸なんかが逆ギレすることがあるけれど、まあアレにも理由がある。
確かに理不尽で、どうひいき目に見ても「それはいくら何でも理由にはならんな」ということであるかもしれないが、それでもまあ、彼なりに理由はある。

市丸は喋れるけれど、まあ、そもそもが自分の思いと言葉はつながっていないから、そこをつなげるようにじっくり話を聞く必要がある。
もちろん、逆ギレそのものはそんなにいいことではないし、他人に迷惑になったことだった場合は、それ自体がダメ、ってのはまずある。
だから、それはそれで解決しなきゃ行けない。
その上で、まあ「なんなんだよ」「聞いてやるよ」という作業を入れるということをしないと、「市丸は逆ギレするワケわからない人だ」ということになってしまう。


まあ、行動がすべてだとは思います。
だから、それは反社会的行為なら、その責任はしっかり取ってもらう。
けど、そこに至った経緯、彼らの中の「思い」を俺は聞きたい。

それをしないで、「こいつはこういうヤツだ」としてしまうのは、やっぱり彼らの口をより開かせないことになってしまうのではないか。


まあ、そんなことを考えていくと、まあ時間が足らないんですよねそもそも。
というか、だからつまり金が足らない。
もっと金があったら、もっとたくさんの人を雇って、それぞれにやっぱり考える時間、勉強する時間、を取りたい。

毎日、朝から晩まで彼らと付き合っていて、いろいろ「あれ?」と思うことがあっても取りこぼしてしまうことは、やっぱりあります。
話をゆっくり聞けない、という状況だってあります。
で、いきおい「こいつはこういうヤツだから」と、自分を納得させて、次にいっちゃうことになったりする。

そうしたいわけじゃないのに。


それでもウチの専従のみなさんとかはとても頑張っているとは思うけど、誰かが倒れないかと心配にもなる。

もっと時間がほしいし、つまり金がほしい。







canvas_20200919141319ecf.jpg

(BGM:S-WORD「Another The Answer」from「Fortune」)
→この節回し、すごく好きなんだよな。
ラップってのが、ただのしゃべりじゃない、ってのがよくわかる、ってか。
まあ、しゃべりもラップなんだろうけど。
スポンサーサイト



<< 感謝しかない | ホーム | 怖くて仕方ない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP