FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

第四の権力どころか奴隷じゃん


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





まあ、今回のパンケーキさん。
支持率が70%だとか。
いやあ、もう何でもありですね。

モリカケや桜を見る会の真相を明らかにすべきだ、という人が多い中、なぜ「もう終わったこと」といいきるパンケーキさんが支持率70%なのか。
すげえ世の中になりました。

テレビが政策と関係ないことを持ち上げればこんな風に高支持率が作れるんですね。
パンケーキとか。

パンケーキ、パンケーキ、うっせえわ!と思いますけどね。


メディアのみなさん、これでいいんでしょうかね。
モリカケや桜を見る会を闇に葬ろうとしていることは、パンケーキよりもずっとニュースバリューがあるんじゃないかと思いますが、その辺、ちゃんと報道してます?
しかも、3000円のパンケーキ食ってるんだって?
ちゃんと3000円もするパンケーキ、って報道してるんですか?
何が庶民派だよ3000円て。

いやあ、今回のことで思いましたよ。
すげえなあ、もう何でもできちゃうじゃん、って。

テレビにだまされる国民が悪い、って言っちゃったらそりゃもう話終わりだけど、そもそもそういう教育をしてきてるからね。
従順に従う国民を育てるために、せっせと「教育改革」してきたわけで。
こういうのが成り立つように、そうやってお膳立てをしてきたわけだ。


ああ、怖い怖い。
恐ろしいことこの上ない。

メデイアのみなさん、片棒担いでますよ。
その自覚はあるんですかー。
国民総白痴化の完成に、みなさんが一役買ったわけだ。
そして、向かうは総奴隷化か。

いや、もうなってるか。


安倍さんに不利なことを放送できない、とかも言われてましたね。
路上でインタビューして、安倍さんに反対するような意見はカットする、とか。
反対する意見を流した局は政府筋に怒られた、とか。

まあ、怖いんでしょうなあ。
本気で来るんでしょ?893みたいのが。
原発の反対運動とかでも変死してる人多いしね。
あ~こわいこわい。

でもさあ、メディアのみなさんはさ、それを洗いざらい世の中に報道するのが使命だと思っていたよ。
一緒になって怖がって萎縮しちゃってるんだったら、メディアの意味なくない?

そもそも、司法・立法・行政という三権の上に、第四の権力といわれてるのがメディアですよ。
それが三権の奴隷になってるんだったら、もう第四もへったくれも、ただの三権宣伝部隊じゃないですか。
しかも、今や自民党は三権を握ってるとも言われてるわけで、つまりは政権宣伝親衛隊放送部、って感じですかね。

三権が暴走しないようにメディアがあるんだと思ってたけど、もうそれも過去の話なんでしょうかね。
ってか、過去もそうでもなかったのかな。
それでもまだ賄賂とかもらった政治家はメディアがきちんと国民に知らせて辞めさせてたよ。

今、なんで甘利さんが偉そうに復帰してるのかわかんないし。
なんで、彼の話を垂れ流したりするわけ?
睡眠障害だとかで、説明責任を逃れて、治ったら説明するんじゃなかったのか?
こんなの他にもいるじゃん。
なんで、メディアは簡単に画面に出しちゃうわけ?
その前に説明させてから、だろう。


大本営発表が、どれだけ戦局の悪化を国民に伝えず、破滅に向かわせていったか。
今のメディアは、その反省の上にあると思っていたよ。

もうクソだな。
「それでも頑張ってる人もいる」なんてのは、もう寝言だ。
んなことどうでもいい。
もう期待ができない。

日本のメディアは戦後75年で死んだ。








canvas_20200919141319ecf.jpg

(BGM:LEARNERS「Shampoo Planet」from「Learners」)
→けっこうカバーとか縦横無尽にやっちゃう人たちらしい。
この曲のエンディングのアレンジとか聞くと、すごく器用な人たちなんだろうな、と思う。
スポンサーサイト



<< 魔の時 | ホーム | 世界を広げることと危険 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP