FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

自由に着る


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ま、俺は帽子を普段かぶっています。
というのは、まあハゲているからですね。
危険ですし。
アタマを守ってくれるべき髪がない、という事態に、自分でなんとかしなければならない。

で、先日、まあジャケット、といってもまあ背広ではないが、パリッとしたモノを着てキャップをかぶっていたら、アキに「トランプさんみたい」と言われまして。

ぎゃははははははははははは。
確かに!

なんでしょう、もうジャケットにキャップ、というのはもうトランプさん以外にないじゃないか、と。

そう考えたら、まあありますよね、そういうの。
帽子だけじゃないですが、人を表す記号、みたいな。
あの人、けっこう豊天商店のハードの方の人よね、とかいう男の方とかいますね。

シブガキ隊のふっくんはアロハでしょ。
ウチの井上も、どっか出かけるとか「ここぞ」という時にいつもアロハ着てるので、ふっくんですね、もう。

俺の場合、ハンチングをかぶるとけっこう「マキタスポーツさんだね」と言われますね。
ま、そういうことです。
異論はないです。
むしろなりたいです。

にじ屋で仕分けとかまあ値段付けとかそういうのやってると、「あ、この帽子、○○さんっぽくない?」「この服、○○さんが着てるヤツじゃん」というのがけっこうあります。

ま、好みなんですかね。
その人が好んで身につけているモノ、というのが、もうその人のイメージになってしまっているという。

ま、それが楽ってのもあるでしょうね。
俺なんかは最近どうもゴムのズボンしか履いてないからダメ人間になる予感がしますね。
だって楽なんだもん。

それとまあ、「こう見られたい」ですよね。
バンドTシャツを着ている人は、やっぱ「このバンドが好きですよ」ってことが言いたいのでしょう。
いや、俺も最近買ったりしてますからね。
やっぱライブとか行けないこともあって、通販とかで。
ライブハウス応援Tシャツとか。
それでもあまりまあ着ないですけど、それはなんか「もったいない」からで、「このバンドが特に好きなわけじゃありません」という表明ではない。

ここって時に着たい。

ま、俺は金髪だった時期が長くて、しかもまあスーツとかは着ないので、ってか礼服以外持ってないので、授業参観とかもかなり「自由なお父さん」という感じで行ってました。
保育園のお迎えとかもそういう感じだったので、他のお母さん方からは「売れない役者さんじゃないかしら?」と噂されていた、というのは後になって仲良くなってから聞きました。
「売れない」は余計じゃ。

ま、そういうお父さんがイヤだったのが息子で、二人の娘はどっちかというと喜んでくれた方かと思うんですけど。
それはなんとなく今でも続いていて、「お父さんらしいカッコをしろ」という感じを出してくるのが息子ですね。
三人の子どもの間では、「お父さんは変な人」ということになってるらしく、恋人なんかを紹介するときに「変な人だから」と相手に言っているということらしい。
「ヘンなおじさん」最高じゃないか、と思ってるわけですが。

なんでしょうね、まあサラリーマンをやってないのでね。
そもそも、一般の同年代の方がどういうカッコをしているのか、というのがよくわからないんですよ。
俺にしてみたら、「え?違うの?」「俺、なんか間違ってる?」という感じ。

30代の、ちょっと痩せ始めた頃から(といっても、今も痩せてはいないが。20代の頃は0.1トンだったからそこから考えたら)、たぶん同じカッコしてると思います。
まあ、その頃から「セーター着ない」「トレーナー着ない」という感じでやって参りましたよ。
だって、セーターはチクチクするし、トレーナーは簡単すぎるじゃないですか。
着ちゃえば何でもいいんだもん。
中に何着ても関係ないし。
なんかおしゃれとかファッションとかから一番遠いところにある気がする。
ので、あまり好きじゃない。
冬はもうもっぱら重ね着ですね。
重ねる。
とにかく重ねる。
ま、これはかなりセンスが問われると思っていて、俺なりにまあ朝考える。
これを考えなくなったらやっぱダメだと思うんでなんとなく。

というわけで、まあだから服とか身につけるモノって、主義が出るよな、って話。
そして、それがなんか「○○さんっぽい」って言われるのは、なんかいいじゃん、って話でした。






kimonolitt.jpg

(BGM:Stan Getz Feat. João Gilberto & Astrud Gilberto「The Girl From Ipanema」from「Novo Millennium - 20 Músicas Para Uma Nova Era」)
→イパネマの娘ということで、どうですか。
もうスタンダート中のスタンダート。
スタンダートになる曲って、サビがいいとかそういうことじゃないんだよな。
Aメロの最初っからいい。
けっこう重要なのはサビよりAメロではないかと思っている。
スポンサーサイト



<< 今、彼は何を考えているか? | ホーム | 「こっそり」をやめてみる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP