FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

どうなっちゃうんだろう…


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





しかしまあ、今年も終わろうとしています。
コロナでな~んもできなかった一年でした。

ま、それでも収まればまたプロレスも行けようし、ライブもやれるだろうし、にじ屋でのイベントも散々やれるだろうし、松澤次第では写真展もできるかもしれないし、飲みにも盛大に行けるだろう、とか思うわけです。
なんで、まあ「今はちょっと我慢するか」って感じの一年でした。

ま、多くの人がそうだったとは思うんですけど、それも俺が54歳だからだよな、とか思って。
つまり、まあずっと遊びほうけてきて、今年一年はちょっと我慢するか、でなんとかなるというか。

これがですよ、高校三年生だった、というような場合、例えば学校生活最後の年ですよ。
なのに、学園祭もやれない、修学旅行にも行けない、みたいな。
もう、なんか、「一生モノのことが一つもできなかった」、という子たちもいるんだと思うんだよ…。

これ、悲惨だよね…。
というか、いや悲惨の一言ですましちゃいけないんじゃないか、って気がする…。

まあ、それは卒業だけれど、例えば受験、とか。
卒業は卒業で悲惨だけれど、受験もね。
どうなるんだか…。

冬場に感染が増えるだろう、と言われていたのに、結局無策で来てるでしょ?
さっさとどうするか決めてやればいいのに…。
このまんまじゃ、やる気も出ないよね…。
まさかテストまでリモートってワケにもいかないだろう。

ってか、テストは難しいよね。
その時にコロナだったりしたら、まあ無症状だったとしてもちょっと受けさせられない、というか、会場は別で、みたいなことになってしまうし。
それだけの覚悟を大人がしてるか?っていうと、政治からしてそんな覚悟が見えないから、受験生はなんかもう絶望しちゃうよね。

まあ、受験期間を長く儲けて、熱があったらまた来週ね、とかにするしかないんだろうけど、そんなに悠長なことを言ってられるのか?ということもある。
なかなか難しい問いだけれど、それに答えを出せない大人って、結局子どもには絶望しか見せられないな、とか思ったり。
なんか、無気力なコロナ世代、とか今後言われたとして、それ、その時の大人のせいだな、ということは覚えておこう。

まあ、大学とかって、どこに行ったって人生にはそんなに関係ない、という意見もあろうけれど、やっぱでもあるような気もするし、それに本人にしてみたらオオゴトだしねそもそも。
54歳になったから「どこに行っても頑張ればいい」とか言えるけど、20歳そこそこの子にそれはわからないしね。

ま、でも子ども達だけじゃないか。
例えば、「今年が勝負の年」とか思ってた人もいたと思うんですね。
離職して、再就職しようって思ったり。
今年こそ会社の販路を増やせるとチャンスの年だぜ!とか思っていたとか。

ま、オリンピックがその象徴ですかね。
オリンピック需要を見越して車を入れ替えたタクシー会社なんかは、開けてびっくり客がいないんだから。
大変だった、というのはテレビのなんかで見た。

で、まあこんだけ続いちゃうと資金繰りも難しくなってきますから。
上向きだった気持ちがあっただけに、ダウンも厳しいよな…、とか。

まあ、俺なんかはむしろ医療関係者と同じで「通常の業務」を「強いられた方」だったので、それはそれできつかったけど、まあ資金繰りという意味では多少厳しくはあるモノの、直接響くほどではいまのところない。
だから、今になってみればアレだけど、これで誰かが感染した、とかになったら、まあもう「たいへん」どころじゃすまないけど…。

まあ、つまりは、どっか「学生最後の年、楽しもうぜ!」とか、「新しい門出のための受験」とか、「今年勝負だ!」というような、通常の希望が打ち砕かれた、ということで、まあみんなもうやられちゃってるよね。
例えば受験に挑んでダメだったら、まあ仕方ない、とも思えるかもしれないけど、これじゃあねえ…。
そもそもチャレンジもさせてもらえない感じ、というか。

そうなっちゃうと、まあ世の中に不満も抱くだろうし、それはだって、彼自身が悪いわけじゃないし。
それって、すごく今後の人生に影を落とす感じもします。


で、この前ちょっとツイートで見て愕然としたんですけど、今年生まれた子、とかね。
今一歳です、とか二歳です、とかの場合ね。

見る大人が「全員マスクしている」という状況なワケですよ。
これ、どうなんでしょう。

モトミ先輩とかは、やっぱマスクしてると表情が読めないからか、ちょっと機嫌が悪くなると言うか、コミュニケーションが取れないことにいらだつ感じはあって。
で、マスクをちょっと取ると、ニコッとして「さとちゃん」とか言ったりする。

やっぱ、顔の半分が隠れているという状態。
うまく言葉が出なかったり、言葉を理解するのが難しかった場合、やっぱかなりのハンディになりますよね。
これ、耳が聞こえない人もかなり苦労しているという。
言葉が理解できないわけじゃないけど、言葉が耳に入ってこないから、これまでなら口の形でなんとなくわかっていたものがわからなくなった、と。

いや、だからこの子たちがどうなるのか。
かといって、感染させるわけにもいかないわけで…。

なんだか、いや、コロナが落とした影響って、病気そのものや経済が、ってことだけじゃなくて、今後すごい問題を引き起こすかもしれないな、とか思ったりします。









(BGM:T99「After Beyond」from「Children Of Chaos」)
→ま、こういうのはフロアーで大音量でかかってることが重要で、たぶんCDとかで聞いてもダメなんじゃろな。
でも好きなのよねこの感じ。
スポンサーサイト



<< 怒られるかもしれない | ホーム | 街の底の底の底 ★ 映画 「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP