FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

不幸中の幸い


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ま、今年はもうコロナですね。
2月くらいまでは通常だったんですけどね。
その後もう、コロナに人間が振り回されっぱなし。

今年の1月はにじ屋初売りとあわせてにじ屋で新年会2DAYSで始まったのであった。
その後、餅つき+鉄丸さんのマジック+こまどり社の獅子舞、というイベント、着物市、そしてライブやプロレスなどにも足を運びつつ、勝田のフルマラソンに出場。
2月2日に越谷でちんどんのライブがあり、1月はその練習もしてたり、予定ぎっしり。
ライブが終わってすぐにJRの駅無人化問題の決起集会、介助者の引越しの手伝いや、バレンタイン企画、とある映画の撮影に呼んでもらって行くモノもいたり、みずえのお姉さんの結婚式にもみんなで行ったりした。
2月は鬼怒川にみんなで旅行も。これは前から決まっていたのだけれど、あと一週間遅かったら恐らく中止にしたかな、とも思う。
その頃はまだコロナはそれほど「危険」として日本では顕在化してなかった。

そして、世の中は2月中旬にDP号でクラスター発生、3月下旬に五輪延期が決まると急にステイホームのかけ声の嵐。
俺らもこの辺で手探りで対応開始。
なにせ、敵がなんなのかさっぱりわからないわけですから。
けっこうこの頃はびびってばかりだった気がする。
そして仲間ウチではTAROさんが感染(しかし検査が受けられず、なのでコロナかどうかははっきりしないが、症状からどう考えてもコロナ)、一気に緊迫。
その後は、なにもかにもをだいたいこの近辺で様々なことを済ませ、飲みに行くのも近所のみ。
にじ屋は通常営業だったけど、売出しだけでイベントなし。
いろいろな感染対策もしながらで、声も出せないし、どうにもこうにも。
売り上げも落ちたし。

電車にもずっと乗ってない。
けれども、この駅から遠い「さいたま市桜区」という場所にも、感染者状況を見ると、ウイルスは迫ってきている感じである。
どうしたらいいのか、まあもう開き直るしかないのか、って思っちゃうくらい、まあもうどうしようもない。

ま、んなわけで、なんか、2月までの多忙がウソのように、今はなにもない。
ウイルスは、人の営みを数ヶ月で一気に変えた。ちんどんのライブもキャンセルになったし、声をかけていただいた様々についてもお断りさせていただいたりもした。
早く自由に動きたい。

ま、皆さんも同じような感じかと思うんですよね。
ところがどうですか、今の首相ときたら「マスクして下さい」「会合は控えて下さい」しか言わないのね。
ま、他にも医療機関に補助とかいろいろやってるけれど、もうGOTOでミソ付いてるからね。
結局、「中抜きするんだろ」みたいな。
誰ももう信用してない、みたいな感じになっちゃってるわな。

そもそもGOTOを「止められなかった」という指導力、決断力のなさ。
そして、「会合やめて」といってる割に自分は会合しちゃってたりして。

話をしてる場面を聞いても、下見て原稿読んでるし。
「自分の言葉で語ってる」という感じがまったくない。
目も死んでる。
誰かに「やらされてる」感じしか伝わってこないという。
だからまあ、正直、総合的に見て、判断力もない、決断もできない、「ダメなリーダー」って感じだよね。

まあ、これはなにも首相だけじゃなくて、大臣の多くもどっか「棒読み」だったり、ただの「ポストが回ってきたからやってる」という感じを「隠さない」。
いや、たぶん、隠せないんだ。
能力がない。
ここでいう「能力」って、つまりは「この人についていこう」と思わせることができるかどうか?なんだな。

正直、いや、これを言ったら政治の世界ではアウトなんだけど、「中身はどうでもいい」というか。
つまり、「ついてこさせればいい」わけです。
その「話術」だったり、話すときの「目線」だったり、「手振り」だったり、そういうのが重要になるわけで。

けど、まあたぶん日本の政治家はそういうことを「意識」できていない気がします。
「がっはっは」「よっしゃよっしゃ」と言ってればいい、と思ってるフシがある。
つまり、大衆を「扇動する」「先導する」という視点に欠けているというか。
たぶん、まあこれが官僚政治の弊害なのかもしれないし、政治家が「操り人形」「口パク人形」で「偉そうにするだけ」になっちゃってるから、まあ仕方ない。

もしですね、首相がこうした「大衆を扇動する術」に長けていたとしたら、いや、逆に怖いな、と思いまして。
つまり、「中身はどうでもいい」んだから。
それは「ヒトラー」ですね。
今の状況、つまり自分は会合してるし、GOTOをやめる決断もできないような首相が、とにかく「国民を納得させる話術」だけに突出していたら、いや、怖いよな、と。

つまり、ああいう首相だからこそ、たたける。
桜を見る会がここに来てやっと再燃してるのも、なんだかんだ国民の「政権離れ」があるからだと思うんだけど、(ってか、選挙違反なので、国民感情は本来関係ないんだけど)つまり、かなりたたきやすい状況になってるように思う。

何が言いたいかというと、このコロナの状況の中、もし、今の首相が「大衆を動かせる術」を持っていたら、もうおそらく日本終わるな、という。
そういう術がない首相であることが、どこか未来を感じさせる、という感じ。

あ、大衆を動かせる術、といっても、大阪維新のように「大声で反論を潰す」とかもまったくそれは「動かせてない」ですからね。
実際、社運、じゃない党運をかけた住民投票で負けてますし。

そういうんじゃなくて、聞いてる人が「もっと聞きたい」とか、「涙が出てきた」みたいなことね。
ま、そういう人が出てくる時って、危うい、ってのは歴史が証明しているけど、いや、なんかどっかこの混乱した、格差が開いてしまった社会の中では、それを待望する雰囲気も感じていて、それもまあ怖いけど。

でもまあ、なんにしても今の首相がそのチカラをまったく持ってなかった、いやむしろ普通の人よりマイナスだろ、くらいな感じでよかったかもな、という話。
いや、まあ中身がないからダメだけどさ。
不幸中の幸い、って感じか。







nijiya_20201226173440aca.jpg

kimonolitt.jpg

(BGM:BRIAN SETZER vs HOTEI「BACK STREETS OF TOKYO」from「BACK STREETS OF TOKYO」)
→すごい王道のハードロックという感じ。
布袋さんの哀愁のギターとかメロディがけっこう好きなんだけどね。
でもまあ、こういうのもあるでしょ、うん。
スポンサーサイト



<< 「スーパー猛毒ちんどん山脈・立志編」第12巻冒頭より | ホーム | 俺なら恥ずかしくて辞めるけどな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP