FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ディープステート


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





まあ、アメリカの話ですけどね。
トランプさんは大統領選で負けたようで。
それでもなんか、まだトランプさん自身も負けを認めてるんだか認めてないんだか。
いや、まあもう選挙結果は出ているのだから、認めるもなにもないんだけど。

でも一部には「選挙結果はねつ造だ」とか言い出す人もたくさんいるようで。
いわゆるトランプ支持者という人ですか。
ついこの間には、ホワイトハウスにその支持者がなだれ込んだとか。

まあ、デモ?テロ?ですかね。
確かに大統領を選挙結果に寄らずすげ替えようというのだからテロとも言えるけど、このことはなだれ込んだ人たちを逮捕する、みたいな形で泥沼化している感じみたい。
まあ、一部の狂信的な支持者がテロを企てた、ということならよくある話、というのもどうかと思うが、そういうもんだとは思う。
が、テロを止めようという側も逮捕という刃を抜いて、力で圧倒しようとしていて、どっかもう、取り返しが付かない感じもする。
ココで逮捕者など出してしまえば、支持者はより一層過激化していくのではないかと思うが、まあ、なんだろう、そこまで行っちゃってるのか、それとも芽を早めに潰したいと思っているのか、それとももう、支持者と同じように頭に血が上っちゃってるのか。

選挙結果がありながら、どうしてこういうことになっちゃってるのか。
ちょっと調べてみると、Qアノンという存在が浮かび上がってくるんですが。
いわゆる「陰謀論」を信じてるネトウヨ的な人たち、ということらしい。

彼らに言わせると、トランプ大統領は「ディープステート」なる人たちと闘っているらしい。
略してDS。
DSは「影の政府」であり、「国家の内部における国家」、みたいなことである。
選挙で選ばれるのもDSの一味。
そうやって、選挙がどうなろうと「我々はDSに支配されているのだ」と。

貧富の差がアメリカほど開いてしまっていると、もう自分の力で貧困からは抜け出せない。
その鬱憤を陰謀論に求めているんだろうとは容易に想像が付く。
本来の敵は資本主義社会のシステムそのものなんだろうと思うけど、そこには行かず、陰謀論という「想像の世界」を広げてしまうのは、武器を持たない労働者がネットの情報だけは手に入れられる今の社会の中で、当然の帰結かもしれない。

でね、まあこれだけだとポヤンとしてるじゃないですか。
「自分が貧困から抜け出せないのはDSのせいだ」って。
けど、ここが重要なんだけど、陰謀論の中では、DSは小児性愛者の集まりで、子どもをさらっては生き血を吸っている、というのだ。
まあ、もちろん、ない話じゃないし、あってはならないことだと思うが、証拠はない。
いや、ネットを見れば「証拠らしきモノ」はたくさん出てくるが、それらは第一次的な証拠ではない。
伝聞の伝聞である。
でも、「証拠が出ない」ことすら、彼らはDSの絶大なる力の証拠である、とする。
だったら、伝聞の伝聞でもネットで出てくるのはおかしかろう、という指摘は意味を成さないようだ。

そういう小児性愛者の集まりであるDSを敵に回して革命を起こそうとしているのがトランプさんだ、と彼らは思っている。
だから、支持者は躍起になってトランプさんを大統領にしたいのである。
自分がどうこうじゃなくて、小児性愛者から子どもを守るためなのである。

確かに、アメリカで大金持ちがティーンの子を「仕事がある」って誘い出して、マッサージをさせて、その後性奴隷にする、みたいな事件はある。
大金持ちだからこそできる犯罪である。
「金さえあれば何でもできる」
この感じが、DS小児性愛者説の根拠になってるんだと思う。

日本でもプチエンジェル事件なんてのがあって、あれは渋谷的な雰囲気で語られがちだけれど、実際は赤坂六本木が派遣先だ、という話しもあって。
経営者の自殺で幕を引いたが、裏には政治家、はてまた皇族までいるのではないかと言われている。
つまり、これも「金があれば何でもできる」という感じ。

まあ、だからこうした一部の事件を根拠にDSは正当化され、いや、そもそもだったらなぜ前回トランプさんがDSのメンバーじゃないのに大統領になったのか?ということの説明はなく、それを受け入れているのだな。
まあ、気持ちとしてはわかるし、そもそも金持ちは「なにやってやがるかわかったもんじゃねえ」というのは俺らの共通した思いだ。
そこを突いたのがこの「トランプさん支持現象」なんだよな。

確かに、こういう格差が開いた社会、個人の力ではどうしようもない無力感にさいなまれる資本主義の行き着いた先において、トランプさんのような、まあ多少小物だけれど安倍さんのような人が持ち上げられるのはわからなくもない。
なんの根拠もなく、力強く人を引っ張るようなことを言う。
それが差別的であったり、道徳から遠くにあればあるほど、彼らはそれに惹かれてしまう。
そもそも彼らは社会の正義、いわゆる「この世の中を穏健にまとめている知性、良心」といったモノに対して懐疑的なのだ。
だって、そういう世の中で自分は救われてないんだから。

ナチスがチカラを持って行ったのも格差が拡大した後、その鬱憤が人をヒトラーに向かわせたという話もあります。
それが「ユダヤ人を殺せ」というとんでもないメッセージであったからこそ、人は狂乱したわけだ。

そう考えると、まあトランプさんみたいに黒人を派手に差別し、白人至上主義者にお墨付きを与えるようなことをする人は、彼らを熱狂させるだけのモノをもっているよな、と思います。
そのくらい、世の中の良心や「当たり前」を、最悪な方法でも崩してくれる人を待望しているんだから。

その「待望する心」を肯定してくれるのがDSの陰謀論なのだな、おそらく。
でも、冷静に考えると、トランプさんも「なにやってるんだかわかりゃしねえ」の大金持ちだってコトなんだけどね。
まあ、そういう矛盾もありつつ、でもそれを無視できちゃうほどの「鬱憤」がアメリカに蔓延してるってことだろうな。

似たような話 → http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5383.html



kimonolitt.jpg

(BGM:Vladimir Shafranov「Celia」from「Russian Lullaby」)
→これはスピード感のある一作。
こんなのやれたら楽しかろう。
スポンサーサイト



<< 五輪やめようぜ | ホーム | 怖くないとホラーじゃなくなっちゃうんだよな… >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP