FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

怖い話


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





怖い話ってのはあるモンで。
というか、あるってか、考えるのは面白いモンで。


自殺した同僚がいたとして。
屋上から飛び降りちゃった。
で、靴もそろえておいてある。
でも、その靴のサイズが同僚のモノとは違う…。
ぎゃー!ですね。

そしてそれに気づいた主人公の肩を、背後から課長が叩いてニコッとしている…。
ぎゃー!


朝起きると、なんか違う気がする。
あれ?いつも自分より早く起きているパートナーが隣で寝ている。
起こそうと思ってふと顔を見ると、元彼だった…。
ぎゃー!

そして目を覚ました元彼はこう言うわけです。
「だから言ったんだよ」
ぎゃー!

いや、元彼が何を言ったのか知りたいところですが、そこはまあよくわかんない。
わかんないというか、ま、考えてないってことですけど。


何か大事な約束があった気がする。
手帳を見るが、何にも書いていない。
今日は何日だったか。
いや、ちょっとまて、昨日まで1982年だったんじゃなかったか…。
この手帳には2021年と書いてある…。
鏡を見ると、そこには、自分の親父と似た人が映っている…。
ぎゃー!


家に帰って服を着替えようと思ったら、ズボンのチャックが空いていた。
ぎゃー!

もう、これは時々あります。
怖い。
コレに似たヤツで、こんなのもあります。

昨日、飲みに行ったけど、飲み会の後半からの記憶がない。
家にどうやって帰ってきたかも覚えてない。
ぎゃー!

もう何をしでかしたか気になってしょうがない。
「俺、大丈夫だったんだろうか…」と思っていろいろ探りを入れるんだけど、なんかどうも大丈夫だったみたいだけど…、いや、みんな気を遣ってるだけなのか…、ああ…。
ぎゃー!


賽銭を投げたら、枠に当たって自分の手に戻ってきた。
ぎゃー!

もう、神様に拒否されているとしか思えない。
で、その戻ってきた5円玉を見たら、ぐにゃっと曲がっていたんです。
ぎゃー!


近所のマンションの一階。
前は弁当屋が入っているが、あそこはだいたい商売が二ヶ月と持たない。
今は空き家になっている。
最終電車で帰った夜、そのマンションの前を通ると、シャッターが半分開いている。
何か会話する声が聞こえるので、なんとなく耳をそばだてていると、前の道路を通りかかったタクシーがクラクションを鳴らしてきた。
「ダメだよ!買っちゃダメ!」
ぎゃー!

意味わかんないけど、ぎゃー!

とりあえず気味が悪いので急いで家に帰ったのだが、自分の家のドアノブにレジ袋に入った弁当がかかってる…。
ぎゃー!


高校の美術準備室にはたくさんの油絵があったが、そのうちの一枚が常に布がかかっている。
ある日、先生に美術準備室の備品を取りに行くように頼まれて入ったら、その布が落ちている。
興味もあったので、その絵を見てみたら、きれいな女の人の上半身の絵だった。
なんだ、普通の絵じゃないか、と思って部屋を出ようとしたその時、
「ひゃ~はっはっは~ひゃ~はっは~」
と急に笑い声が部屋の中に響いた。
振り返ってその絵を見てみると、なんと真っ白。
ぎゃー!

で、部屋を出ようと廊下に出たら、さっきの絵の女が廊下の向こうの方に立ってる…。
ぎゃー!


ある日の夜中、ヒマだなあ、って話になって、心霊スポットとやらに行こうって話になったんすよ。
ぎゃー!
…早い早い。ぎゃーが早い。

で、その心霊スポット、山の上にある廃病院って話なんだけど、いくら山道を走っても着かない。
迷ったかな、なんて話をしていたら、急にナビが「バックして下さい」と言う。
え?
バックしろなんてナビが言うなんて聞いたことない…。
「バックして下さいバックして下さいバックして下さい」
繰り返すナビ。
車内はパニックになったんだけど。
でも、なんかバックしなきゃいけない気持ちになって、ふとバックミラーを見ると、たくさんの入院着を来た人たちが迫っていた…。
ぎゃー!

バックしたら轢いちゃうじゃん…。
ぎゃー!


お婆ちゃんが大事にしている亀の置物。
毎日磨くほど大事にしていたんだけど、ある日、家の中で転んで骨折してしまい入院することになって。
病床でお婆ちゃんが「亀の置物、磨いてくれ磨いてくれ」と言っているので、最初の三日くらいはお婆ちゃんの言うとおり磨いていたんだけど、そのうちだんだんめんどくさくなってしまった。
で、ある日、忙しかったこともあって磨かなかった。
というか、てっきり忘れていた。
その晩、お婆ちゃんの容態が急変。
亡くなってしまった。
で、葬儀やなんやらで忙しくて、亀の置物とお婆ちゃんの死を結びつけて考えることはなかったんだけど、そういえば、亀の置物を磨かなかった晩にお婆ちゃんが死んだ、あれ?亀の置物どこに行った?と思ってお婆ちゃんの部屋中探したんだけど、ない。
あれ?どっかに移動したっけな?
まったくなにも思い出せない。
家の者がどっかに移動したんだろうか?
と居間に戻ると、父と母が必死に亀の置物を磨いていた…。
ぎゃー!





本リターンズ

(BGM:上田正樹と有山淳司「Come on おばはん」from「ぼちぼちいこか」)
→「ぼちぼちいこか」って大阪弁なワケだけれど、なかなかこれ、東京弁にするのって難しい気がする。
「そろそろ行きましょうか」と訳すとちょっと違う気がしませんか?
スポンサーサイト



<< 考えは変わっていく | ホーム | 障害者の役に立ちたい!キラキラ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP