FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

今はまだ「大物感」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





機関紙の作業で普段撮った写真を見てたんだけど、とにかく「スズが仕切ってる」という場面を多く見る。
ま、よくよく考えてみるとそうだ。

にじ屋後、一度事務所に戻って売り上げの確認、週目標額まであといくらかの確認、一日やったこと、明日やること、などをやるんだけど、それを「反省会」と称しているんですが。
その反省会は予定を書いたホワイトボードを中心にやるんだけど、その時、たいがいスズがホワイトボードの前に立って「カバン隊とかはどうでしたか?」とか言ってる。

それをたまたま見たアオテツが、「あんなに堂々としてるって、驚異の新人だな」と言っていたけれど、まあそういう。

どうなんですかね。
どうしてそうなったのか。
いつからだったのか、まったく思い出せないが、それが普段の風景になっている。
何かきっかけがあったんだっけ?
いや、もう忘れた。
自然にそうなった、としか言えない。
ごく自然にもう「スズが仕切る」という感じになっている。

なんか、まあ自由にやらせる、ってのはありました。
そもそもここにはマニュアルや、いわゆる作業所とかにありがちな個人を記録した帳面もない。
先の反省会も誰がやる、って決まりもない。
「とにかく市丸たちと遊んでみて」ということだけ始め新人には言う。


にじ屋は一般に言えば「知的障害者が働く場所」ということになる。
だから、「働く」ということについては敏感でなければならないと思う。
いわゆる「下請け」でいいのだろうか?
「内職」でいいのだろうか?
そういう気持ちがずっとあって。
知的障害者だからしょうがない、歯車になるしかないんだよ、という意見はごもっともだけれど、だとしたら、別にウチみたいなところは必要だろうか。
底辺で、資本の安全弁として、全体像がまったくわからない「作業」を続けていればいいのだったら、特に俺らが「働く意味」など考える必要ないではないか。

労働には「構想と実行」という面があるというのは資本論だけれど、実行だけ分離されて作業をしているだけなら、知的障害者である必要もない。
下請け、内職、まあそれも立派な仕事だけれど、外国から安い労働者を入れようという流れには負ける。
そもそも学校で「ワケのわからないヤツ」っていじめられてつまはじきにされてきて、大人になってもなお「おまえはできないヤツ」って仲間はずれにされるなんて、悔しいじゃないか。
自分たちで構想できる店をやろう、それがにじ屋だ。
だから、会議も井上たちとやる(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5434.html)。

そう考えたときに、俺たち健体者の側も、マニュアルだけ渡されてその通り実行だけをやる人間であってはダメだと思ってて。
「どうしたらいいか」を考え討議して、実行に移せる労働者でありたい、そういう人でありたい。
ベテランも新人もそれは同じだ。

だからまあ、最初どうこう吹き込まないで、とにかく「一緒にやってみて」と言う。


スズは、まあ会議でも一番に意見を言うところがある。
だから、正直、反対意見もしやすい。
こっちとしては経験上いろいろしてきたから、「こうなんじゃないの?」と言えば、「あ、そうですね!」という感じがある。
打てば響く的な。
そう、そうやって「討議」していけばいいのである。
別にスズを否定してるわけじゃないんだから。
ってか、新人を否定するほど俺たちは自信家じゃない。
それぞれの立場で意見を言い合って、互いにいいモノを作ろう、と思ってるだけで。

そういうことが、なんとなくスズにはわかってきたような感じがある。
「何をやってもいい」と同時に、「いろいろなことを吸収するチカラ」もある、というか。
だから彼女はきっと「堂々と」してるんだと思う。


で、まあそんなスズなんだけど。
俺の一番下の娘より年下なのだけれど、しっかりしてていい娘さんだ、と思ってるわけなんですが。

そのスズ、とにかく毎日遅刻する、という。
…ぎゃはははははははははははは。
大物か。
たぶん大物だ。

たぶんね、本人が一番「遅刻しちゃった!」と思ってると思うので、ウチではあまり遅刻云々は言わないんです。
「遅れてすいませんでした!」ってみんなに大きな声で言えればOK。
そして、きっとそういう人はその後「取り返せる」んだから。

思い出せば、アキがスズくらいの時、とにかくずっと遅刻してて。
遠くから通ってたというのもあるけれど、朝の集合10分前くらいに電話すると、必ず「●●橋にいます~!」と言っていた。
同じように今、スズは「▲▲のバス停にいます!」と毎回言う。

スズってのは、実は本名とはまったく関係ないんだけど、住んでる町名から市丸が勝手にあだ名を付けたのが定着してるんだけど。
最近は「スズじゃないじゃん。もうおまえ、▲▲じゃん」と言う感じのね。
そんなこと言って笑ってるんですけど。


ま、どうなんでしょうね。
別に遅刻がどうこうってのは確かにあるとは思うんだけどね。
仕事ってのは時間通りに来ることが最初の一歩だ、みたいな。
普通そういうこと言いますけどね。

けど、まあ取り返せばいいんじゃねえかな、ってオレは思ってて。
たぶんね、スズは遅刻したくて遅刻してるんじゃないんだよね。
そして、スズのいいところのは、遅刻してイイワケしないんだよね。
「もう起きれなくて~」と。
「もう私、朝ダメですね」と。
とても好感が持てますよ。
「そうか、寝てたんならしょうがないわな、気絶してるようなもんだからな…」と思えるというか。
これもアキと同じだな、と思うんだけど。

ここでイイワケしちゃうと、とにかくウソ言わなきゃならなくなったり、「私は昨日大変だったんだ」とか、自分を弁護しちゃうような「クセ」がついちゃう。
「そんなの知らんがな、もう遅れちゃったんだから、しょうがないじゃん。時間戻らないんだから、取り返したらいいんじゃ」って話で。
だから、ストレートに「一回寝ちゃうと起きれないんですよね~」と普通に言ってくれるのはとてもいい感じ。

というスズもいろいろ目覚ましを工夫したりはしているようで、しかし、スズが遅刻しなくなったら、それはそれでなんか寂しいな、という気もしている今日この頃であります。

たぶん、そうなったら、その時は彼女が本当の大物になる時なんだろうな。
今はまだ「大物感」。


で、まあそのスズなんだけど、とにかく最初来たときは田舎娘だったのに、最近とみに美しくなって。
「自称スズの埼玉の父」としては、悪い虫が付かないかと心配です。
顔の作りとかは変わってないんだろうけどなあ。
やっぱ内面が外見に影響を与えるってのは本当だな、と思う今日この頃。

最近は、介助者募集のYOUTUBEも彼女仕切りでやってますね。
ぜひ見て下さい。

虹の会【介助者大募集シリーズ】動画配信
https://www.youtube.com/playlist?list=PLQXcTzfqfNmEyGFUKaoVzkRwWbu3V3w76







(BGM:Billy Idol「Dancing With Myself」from「Vital Idol」)
→ご本人は嫌がるかと思うんだけど、どっか「チカラ技の布袋さん」というかんじがするのよねビリーアイドル。
ま、なんにしても、かっこいいことには変わりない。
確かにGENERATION Xから考えたらポップ過ぎるというお叱りごもっともだろうけど、このポップセンスはどっか直線的で根底にパンクがある人だな、と思うところがある。
小難しいことしてない、というか。
スポンサーサイト



<< ざけんなよ | ホーム | ゲイシャダンス >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP