FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ヴァイヴレイション


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





というわけで、実はもう一年以上前に買っていたんですね。
何を?という問いはごもっともですね。

ラジカセです!。
じゃ~ん!

…いやいやいや。
そうじゃないんですよ。
これが優れもので、テープの音源をMP3にしてUSBに保存してくれる、という。

もうコレさえあれば、持ってるテープを全部データにできるじゃん!と。
そもそも、俺は大事にしていたレコードを全部売ってしまったので、テープにしか残ってないのである(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5274.html)。
ま、前には「もう手元にない…」みたいなことを書いたけど、実はカセットテープには録音してあったわけ。
でもまあ、もうテープを再生する機械もあんまりないし、どうしよう、と思ってはいた。
これじゃ、手元にないも同然だ、みたいな気持ちというか。

そこに登場したのがYOUTUBEなんだけど、まあ「もう一度聞きたい!」というモノがあるとは限らないわけ。
当然ですね。
「そういえばSO-DOのGET AWAYを聞きたい!」と思っても、ないわけ。
ライブはあったりするけど、レコーディングしたモノが聞きたいわけよ。
「なぞなぞ商会の音源が聞きたい!」と思っても、ないわけ。
SUICIDEってバンドあったよな…、とか。
TAMさんプロデュースのモルグの音源…、とか。
フィリップくんのシュールダジャリズム宣言(だったと思う)、とか。

ま、たいがいの方はそもそも知らないと思うんですけど、ま、知らないからこそYOUTUBEにも上がらない。
そりゃそうだ。
需要がない。

ま、実際のバンドは見てなくても、音源を聞いて「耳に残っちゃうモノ」ってのは確かにあるんですよね。
無名の、自分でもバンド名を忘れちゃってるくらいのモノでも、どうしても「耳に残ってる」ってモノが。
クラスレコードの「BULLSHIT DETECTOR」の2枚組の方に入ってた「ST.VITUS DANCERS」?とかってバンドの曲とか。
もう外国だからまったく知らないし、大した音源でもない気はするが、どうしても耳に残っちゃってる。
これはYOUTUBEでも聞けましたけど。

というわけで、この「カセットテープをデータにする」という作業は、自分にとっても急務というか、とても「やりたいこと」だったわけです。
「やりたいことベストテン」をやったら、もう一位か二位です。

と思っていたら、まあテープの音源をUSBに入れられるモノを発見、もうそりゃ意気込んで買ったんですけどね。

いや、そのまま手つかず。

ありがち!
俺の場合、もうすごいありがちな現象と言えます。
もう買っただけで満足しちゃう。

ダメダメ!もう。
ちゃんとテープ探して、録音やんないと!
それじゃなくても、テープは日に日に劣化していくのである。
もう急がなければ!

あ、いや、その前に説明書も読まないと!
…となると、もうテープを探すのがめんどくさいし、説明書を読むのもめんどくさい…。
ああ、いつになったらこのラジカセが力を発揮してくれるのか…、と思っていたんです。
って、まあ俺のさじ加減なんですけどね。

ま、まずね、実はカセットテープはウチじゃないところに保管してあるんです。
といって、まあ借りてるとかそういうことでも無いんだけど、まあ間借りみたいな。
で、そこで探さなきゃならない。

でもまあ、そんなことも言ってられない。
なぜなら、「やりたいことベストテン」の一位二位を争うようなことなのだから。
むしろ、三位以降を先にやっちゃってるじゃないか、と。

同時に、なんかすごく音源を聞きたい感情がアップしてしまいまして。
それは、YOUTUBEで、「from ell83」なるアルバムがアップされてまして。
もうこれは聞きたかったのでうれしかった。
で、聞いたら、もういろいろ「アレも聞きたい」「そういえば、あんなアレも聞きたい」ってなりまして。

よし、やろう、と。

とりあえず、パソコンの作業も付属するから、事務所でやろう、と。
土日のあまり人がいない場面で、そのラジカセを持ち込み、カセットテープを捜索し、やってみたわけです。
ま、人がいない、ってのは、なんかうるさいかもしんないと思って。

…いや、そしたらね、もうこれ素晴らしい。

多少面倒ではあるんですけど、聞きたかったモノがやっと聞けるようになりました。
しかも、まあ「自分で持っていたのに聞けなかったモノ」ですからね。
これ、大きい進歩ですよ。

まあ、DUMDUMTVを聞けたところで、人類にとっては小さな一歩かもしれないが、俺にとっては大きな一歩で。
いや、ありがたい。

ちなみに、その「from ell83」、正確には「From Electric Lady Land '83」ってアルバムはYOUTUBEで聞けると書きましたが、お時間ある方はぜひね、この中のHIKO’Sさんの「ヴァイヴレイション」だけでも聞いてみて下さい。
俺は今まで聞いた全てのポップミュージックの中で、最高にポップだと思っているんだけど。
ま、つまりは世の中の表に出ない音楽の中にもすごいモノが埋まってる、ってことなんですよね。

こういうのがたくさんだったら、そりゃやっぱ誰でもテープをデータにしたいと思うでしょ、ということで。
いや、でもHIKOSさんはホント、すごい人だと思う。
残念ながらお亡くなりになったとのことで、ホント悔しい。
合掌。







(BGM:LOUDNESS「Love Kills」from「LOUDNESS」)
→ラウドネス、というジャンルがありますね。
メタルとかそういうジャンル分けはもういらない、という。
ま、好き嫌いで言うと、あまり好きのジャンルではないけれど、時々参考になるというか、そういうところがあります。
スポンサーサイト



<< 黒幕は誰なんだ? | ホーム | 否定することを恐れないで >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP