FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

BORN TO BE HAPPY!!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





アキとなんとなく喋っていて、「まあ、でも反省しない人はしないわな」という話になったことがあって。
でもまあ、「それでい~じゃんなんだよね」、ってことをアキが言っていて。
ま、「い~じゃん」については最後の方で明らかになります。


ま、反省、というと大げさだけれど、そういうことじゃなくて、例えば仕事で問題が起きた時に、「●●って考えたらいいのにね」とか、もっと気楽に考えたらいいのに、とか、そういうことってあるじゃないですか。
俺としたら、仕事上は長いから、そういう問題も乗り越えてきたところがあります。
だから、まあ「●●したらいいのに」と気づくことが多いわけです。

あと、そうじゃなくても、「まわりがやきもきしている」みたいな。
よくあるのが、恋愛の問題で、「ダメだって、あの相手はないわ…」みたいな。
でもまあ、本人にそれを言っても通じないし、たいがいそういうのはもう恋愛の魔法がかかってますから。
だから何を言ってものれんに腕押し。
時に嫌われます。
でも、たいがいその後別れるんですけど。
あ~もう、だから言わんこっちゃない…、となる。

結局、「もっと●●したらいいのに」というのは、まあ結局あまり届かないんだな、って話なんですけど。
だから、仕事上であれば湾曲にはその辺伝えますけど、なかなかストレートにそれを表現するコトってあまりない。
たいがいは、前にそれで失敗した人がいる、というか、「その人だけに降りかかる問題」ってのは少ないわけです。
だから、まあ「同じ轍を踏まないで欲しい」という思いもあります。
それによって、不幸な関係になった人もいますし。

ま、前日載せた原稿は、実はかなり前に書いたんだけど、同じようなことを言ってるな、と思うわけですが(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5455.html)。

つまりは、まあ本人がそう思ってくれないと、同じ轍を踏む、と。
ま、それは別にいいんですけどね。
それで不幸な関係になった人がいたとしても、それはその過去の人の問題で、あなたはそうなんないかもしれないし。

というか、「悩みがたくさんある」とか、「うまくいかない」ことが大事な人もいるんだよな。
ダメンズウォーカーとかいう漫画が流行ったこともあったけど、いわゆる演歌の世界のような。
OLHの世界観というか。
それがまあ、落ち着くんだろうからしょうがないんだろうなあ…。

ま、まわりがやきもきするってのは徒労だな、という結論なんですが。

結局、「そうじゃないじゃん」と言ったところで、「そうじゃない」って上書きされて返ってくるだけですからね。
より強化しちゃう感じもある。
わかりやすく恋愛の例を引くと、「私はダメンズを渡り歩くのだ」という決意を固めさせちゃうと言うか。


ちょっと話はずれるんですけど、ま、それが井上たちに波及しなきゃイイかな、とは思うんです。
彼らはやっぱまわりの「雰囲気」にけっこう流されがちだから。
こっちが一つ一つを前向きに反省して、失敗は失敗として大きな声で認めて次に行くような姿勢は見せたいところで。
失敗を認めてもらわないと始まらないんだけど、そこを有耶無耶にしてる集団の中に井上たちをおいちゃうのはどうかな、と思うところはあって。

でもまあ、しょうがないんだよな。
認められない人は認められない。
「ごめん!」って言っちゃえばいいのに、自己弁護で乗り切ろうとするのを見たりすると、ちょっとちょっと…、と思ってうんざりはします。
そういうのにはまああまり真剣には取り合わないようにしてるんだけど。
そこがメインになってくると、井上たちはやっぱ失敗も成功も隠すようになっちゃうんだよな、ってのが経験則。


で、結論に入っていくんですが、まあ先日、20年ぶりくらいにグレイトリッチーズの「幸せなら別にい~じゃん」という曲をアキと聴いたんですよ。
当時すごく好きだった曲で。
こんな歌詞で始まるんだけど。

幸せなら別にそれだけでもい~じゃん
ささやかでも不自由でもなんでもい~じゃん
金持ちでも貧乏でも嘘つきでも 幸せだったら別にそれだけでい~じゃん
誰かがどっかでよろしくしててもい~じゃん
誰かに言わせりゃ不幸に見えてもい~じゃん
大人しくても何も知らなくてもい~じゃん
幸せだったら別にそれだけでい~じゃん


目からうろこが落ちました。
そうなのよ。
「誰かに言わせりゃ不幸に見えてもい~じゃん」なんだよね。
これ、ちょっと心に刺さった。
というか、言いたかったことを言葉にしてくれた感がすごい。

だから、俺が何を言おうと、別に「俺から不幸に見えてもい~じゃん」なんだよね。
「幸せだったら」って前提なんだけど、でもそうだよね。

つまり、幸せならどうでもいいよな。
まあ、「ぜんぜん幸せそうに見えないけど…」ってこともあったりするわけで、その辺がアレなんだけど。

だから、まあ誰がなんて言おうと「幸せな毎日を送ろう」って思っていこうぜ!って話で。
幸せになるためにどうこうしたらいい、とかじゃなくて、「幸せにいこうぜ!」「ボーントゥビーハッピー!」という。
そのやり方はどうでもいいよ、って。
誰に何を言われても、い~じゃん、と。
「ボーントゥビー悩み」とか、「ボーントゥビー不幸」とかじゃなくて、あんたが本気で「ボーントゥビーハッピー」だったらもうどうでもいいわ、っていうか。
ダメンズがハッピーならそれもいいでしょう、と。


だからもうやきもきすんのやめようと思って。
それより、「あなたは今、ハッピー?」ってたずねよう。
ハッピーじゃないって返ってきたら、そしたら、ハッピーになってくれよ、と言おう。


あ、ちなみに、俺はなんやかんやハッピーだな。
けっこう胸張って答える感じで。







(BGM:杉本彩「ガーターベルトの夜」from「私生活」)
→ムード歌謡的パーカッションがサンバ的にリズムを刻む中、二人が果てるその時まで、愛の行為が続くようです。
よくわかんないけど。
もうちょっと歌がうまかったらな…。
スポンサーサイト



<< モルックやるぞ~! | ホーム | 例えば、ここから飛び降りなければ外に出れない!となったとします >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP