FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

メニューという発見


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





今、まあ飲みに行くのとか、食べに行く、とかを控える約束を井上たちとしています。
約束というか、まあそうしてください、ってことなんだけど。
例えば店が空いているとか、状況を見ての判断で食べに行ったりするのは問題ないようにも思うけど、その辺の「ファジーな判断」というのは井上たちにとってはちょっと難しいところがある。
ので、まあ「やめとこう」ということで。

事務所で内々でとか、誰かの家でだったら飲んでもいいよ、ということにして。
まあ、もう事務所だったらしょうがないというか、外からの流入がないから、それなら、という感じで。
なんで、俺も飲むにしても事務所一辺倒になってしまいました。
まあ、ウチで飲むってのもあるけれど。

で、昨年の秋くらいは近所の店ならOKということにしていて(駅前はいかない)、いろいろ近所の店に顔も覚えてもらったりしたんです。
「あ、虹の会の人ね」なんて感じで。

逆にこの期間があったから、近所の個人でやってるお店なんかと仲良くなれたというか、まあにじ屋もやってるわけですから。
それに、どっか個人の飲食店はお客さんが減って厳しい、みたいなこともあったわけで、お互い様というか。
この辺のお店で助け合うじゃないけど、こういう時だから近所のお店を盛り上げていこう、みたいな流れもあって。

ちょうどアキが機関紙に「ニシュランガイド」ってのを書いたりして、「俺、ここ行ってない」とかってなって、みんなまたいろいろ行くようになったりして。
なかなかいい流れというか、やっぱ「障害者様」じゃなくて、普通に仲良くなりたいですからね。
いい感じで。

でも、また昨年末に感染状況がひどくなって、この辺でもずいぶん感染者が出たわけです。
で、まあ冒頭の約束になったわけなんだけど。
で、近所の店にも行けなくなった。

この流れが一つ。
もう一つの流れは、やっぱ彼らはどうしても「チェーン店」がいいんですよ。
下北沢に行ってもマクドナルド。
どこかに行っても吉野屋。
それがわかりやすいわけです。
でも、近所の店なら、そういうチェーン店じゃないところにも行ける、という感じになった。
これも大きな世界の広がりなんですけど。
その流れで、どうしてもやっぱ昼ご飯とかも、スーパーの惣菜とか。
コンビニの弁当とか。
そういう感じになってしまっていた。

でも、やっぱコンビニ弁当なんか正直、うまくないじゃないですか。
ま、うまいうまくない、はいろいろ意見はあろうかと思いますが、ちょっと俺はあまり「好きじゃない」。
好き嫌いですけど。
食事に愛情が持てないというか、そういう感じになっていく感じがして。
だから、この「昼の問題」、だけじゃなくて、休みの日の食事の問題、普段の夕食を買うとしたら?という問題もなんとかしたいと思っていた。
そこで安易にコンビニ弁当に着地しない方法はないものか?と。

この二つの流れがあって、そしたら、やっぱ世の中今は「テイクアウト」なんですね。
テイクアウト言うと「おしゃれかよ!」アキに怒られるけれど、まあ「持ち帰り」ですね。
この持ち帰りを近所の各店でも積極的にやってるわけ。

じゃあ、昼とかもそこで頼もうよ、事務所で飲むなら、スーパーの惣菜やお菓子じゃなくてなんか持ち帰りしてやろうよ、となるのはまあ当然の流れで。
二つの流れがここで合流したというか。
でも、まあ「どうやって頼むか」「何が頼めるか」ってのがよくわかんないわけですよ。
俺なんかが、馴染みにしてもらってる店に「6千円くらいでテキトウに」とかは彼らは言えないし、どうしたもんか、と思ってはいたんです。

そしたら、アキがあちこちの店に連絡してメニューを持ってきてもらったり、ファックスしてもらったり、自分で行ってメニューの写真を撮ってきたりして、一冊の「メニュー表」ってのを作ったんです。
アキの方で「税込みだといくらになる」みたいなのとか、電話番号とかも書いてある。
だから、簡単に注文したいモノを決めて、電話して、昼に取りに行きます~とかやれるようになった。

アキに言わせれば「だって、メニューさえあればみんなできるんだから」ってことになるんだけど。
これね、すごい発見というか、まあメニュー一覧がある今となっては「そりゃそうだよな」となるんだけど、なかなか思いつかないというか、しかもめんどくさいしね。
でも、コレをやってくれたおかげで、みんなが積極的に「食べるもの」を考える感じになったというか。

コウヘイなんかは、「今日は●●で頼む」とかすごく積極的に言うようになったし、なんならスーパーで同じ弁当を毎日買っていたヤツが、「今日は●●がいいな」とか。
そして、やっぱ作ってる人の顔を知ってるじゃないですか。
だって、緊急事態宣言前にはよく飲みに行っていた店ばかりなんだから。

そうなると、持ち帰りを取りに行くと「いつもありがとう!」とか言ってくれるし、こっちのことも覚えてくれているわけですよ。
そしてなにより、コンビニ弁当にありがちな「無機質な感じ」がない。
食事ってのは、やっぱ作ってくれている人のことも思い浮かべながらいただくものだよな、とつくづく思うわけです。

というわけで、この状況が収まったら、また「近所の店はOK」から、我々の方も解除していく予定ですが、早くね、各お店のマスターの顔を見ながら飲みたいな、と思っている昨今です。








(BGM:Oscar Peterson Trio「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」from「ジャズピアノにつつまれて Romantic Night」)
→まあ、ここまで大量にカバーされているこの曲をどう料理するのか、ってのは演者の腕、ってことなんだろう。
これ、スイングに入る前のベースとピアノの掛け合いみたいなのがすごい。
こういうジャズってどこまで打ち合わせ?してるんだろう…。
スポンサーサイト



<< 聖子ちゃん | ホーム | チンアナゴが出てくるのはいかがか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP