fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

後ろの子


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





よく、街角インタビューみたいなの、テレビでやってますよね。
「今日は何しに原宿に来たんですか?」みたいな。
ま、あれ、仕込みってのも一部にはあるんでしょうが、実際にオレはアキと銀座を歩いていた時に急に「お願いできますか」とかって来たから、そこをたまたま歩いている人に声をかけて聞いてはいるんだろうと思います。
その時は答えたんだと思うけど、何のテレビだったか、何だったかも聞かなかったので、実際にその番組を見ようとも思わなかったし、流れたのかどうかは知りません。
まあ、テレビなんかは茶番だろ、くらいの感じだったし。
そういえば、アキと元専従のハルナと歩いていた時にもなんかインタビューに答えた気がするけど、その時はアキとオレが親でハルナが子どもだと思われていたので、なんかおかしな気持ちになりましたが。

さて、それはいいんだけど、で、よくね、女性二人、しかも若い子二人が声をかけられてる、という場面があったりします。
「今日はなんでここに?」みたいな。
その時に、たいがい一人の子が答える、ということが多い。
華がある方、というか。
しゃべりスキな方、というか。
で、もう一人の大人しい子、というか、華がない方、というか、そういう子が笑顔でちょっと半歩後ろにいる、みたいな。

これ、よく見ませんか?

同時に二人が前に出る、というのはあまり見ない。
ないわけじゃないけど、それは酔っ払っていたりして「いえ~い」みたいなね。

男の人の場合、たいがいそういうのに出会うとパア~っと散ってる感じがあるんですね。
一人が捕まって、他はフレームアウトしちゃう。
で、その前に出た一人が「何だよオレ?」みたいな感じになるというか。
ま、男女で絶対違う、ってことはないので、これはオレの思い込みかもしれないし、まあそういう「印象がある」ってことなんだけど。

これ、いろいろ考えて見た時に、華がある、ということなんだろうか?と。
まあ、見た目だけじゃないですよね。
おしゃべりとか、知らない人と話すのがスキとか、得意とか、いわゆる社交性みたいなこともありますよね。
そういうの含めて、わかりやすく華って言っちゃってますが、そういうのがある人が前に出て、そうじゃない子は後ろにいる、って感じなんだろうか。

オレは、「その場合、この後ろにいる子というのはどういう気持ちなんだろうか」、というのをちょっと考えちゃうんですよね。
「やっぱテレビの人もこの子に声かけるわよね」とか思うんだろうか。
「そうよね、やっぱこの子のほうがモテるし」みたいなことまで思っちゃってるんじゃなかろうか、みたいな。
どっちかと言えば、その後ろの子メインで映画撮りたいな、とか。

とはいえ、たいがい世の中の多くはその「後ろの子」なんですよね。
だから、まあ感情移入しやすい、ってのもあるかもしれないけど。

今思うとですが、若かった時に、とある女の子が、ものすごく「順列」を気にする子だったんです。
順列といっても、テストの点とかそういうのじゃなくて、「男の子に好かれる」という順列ですね。
「私は○○さんみたいになりたくない。相手にされない人になりたくない」とかって本気で言ってたからちょっと引いたりしてましたオレ。
結果としては、その子は確かに複数から同時に言い寄られたりしてモテなかったということはなかったけど、「どの人も私にはいまいちで…」という、ちょっとそれはそれで男も順列で選ばざるを得ないんだな、と思って、かわいそうな子なんだな、とは思ったけど

まあ、「男の子に好かれる」というのは、見てくれだけじゃないですよね。
色々な面があるから、まあ努力次第でどうにでもなるっちゃあ、なるところもある。
ところもある、ってことですが、まあ順列を気にする人は、そこを気にするんだろうか、と思ったり。

先日ツイートで、女性の人がよくストーカー被害に遭う、というのを書いていて。
でも、あることを辞めたら被害に全く遭わなくなった、と。
何を辞めたかというと、「男の人にも女の友達と同じように接すること」を辞めたそうで。
例えば、友達にだったら、気さくにおしゃべりする。
会話がなくなったら、やっぱ空気を気にして、必要なこと以上のことをわざわざ話題を作って話す、とか。
でも、それを同僚の男の人にやったりすると、なんかストーカー化してしまうのだと。
単に友達ということで、ある意味「気を遣っていた」のに、裏目に出たという。
それを辞めて素っ気なく、ただ仕事の話だけ、にしたら、まったくそういうのがなくなった、と。

オレはへえ、と思って、これはいいな、と思ったんですね。
むしろ、そこ、素っ気なくていいじゃん、という。

どっか「女の子は職場の華」みたいなね。
そういう雰囲気って日本にはあるじゃないですか。
つまり、テレビで言えば「前に出る子を採用したい」みたいな。
でも、オレなんかはむしろ後ろの子を採用しようよ、みたいな気持ちにちょっとなったりして。
それはそれでまた違うんだけど、でもどっちかを採用するならそう思ったり。
そんな豊富に選べるほどこの業界には人は来ませんが。

素っ気なくていいじゃないですか。
女の子が男の人に愛想を振りまくのが勝ち、みたいなのってもうなんかイヤだわ。

もちろんね、テレビで前に出てた子が愛想を振りまく粉のかどうかはわかりませんよ。
仕方なく答えていただけかもしれないけど、あわせられるというのは、まあそういう能力はあるんでしょう。
だから有能だとは思いますが、だからこそ、まあ普段はオフにしてもらっていいよね、とか思ったり。

とりとめないですが、なんとなくね。
なんとなく、まあ後ろの子を主役にして映画を作った方がいいよ、という話でした。
って、たいがい映画ってそういうもんか。









(BGM:ワライナキ「きょうの空」from「Our Songs」)
→今の歌謡曲のスタンダートを踏襲した感じの一曲。
ま、どれも同じ風に聞こえちゃったりしますオレには。
それにしてもこのグループ名、なかなかいいのではなかろうか。
スポンサーサイト



<< 好きと嫌いの間 | ホーム | リアル ★ 映画 「ハッチング 孵化」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP