fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

被差別者に理由を見いだそうとしてはいないか?


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





女性差別の問題というのがありますけど。
実際に管理職に就けない、とかってよく言います。
ウチには管理職とかがないので、世の中ってそういう感じなんだ、と思ったりするワケなんですが。
こうなると、そういう会社のシステムとか、慣習的なこと、慣例的なコトってのが問題なんだと思うんです。
だから、それを解決するには、その辺をいじらなきゃならない。
というか、それしか解決する道はない。

けど、世の中って、「女性の力量ってのがあるじゃない」とか、「力量さえあればいいんじゃない」「ほら、産休とかあるし」みたいな感じで、その差別の問題を差別をされてる側に転化する感じってのがありますよね。

ま、もっと単純な例としては、イジメかな。
イジメがあったとイジメられた側が告発したとして、それはもうイジメた側の問題で、それを拘束するなり、止めるなりしなきゃ解決しない。
でも、いじめられてる子を保健室登校にしてみたり。
いやいやいや、保健室登校にすべきはいじめてる側でしょ?ということなんだけれど、そうはならない。
挙げ句に、いじめられる方にも問題があるんじゃないか?という論議になってしまう、という。

そういうことってあちこちにありまして。
レイプのことでも、女性に非があったんじゃないか、みたいなね。
酔っていたんじゃないか、とか、そういう。
いやいやいや、酔ってたらやっていい、ということ自体が成り立たないとは思うのだけれど、そういうことは不問に付されて、とにかく被害者の方に原因を探す、という。

障害者の問題にもそういうのは山ほどありますね。
他にも単純に、暴言を言われる方に問題があるんじゃないか、とか。
真意が別にあるにもかかわらず、炎上する方に問題があるんじゃないか、とか。
中には炎上目的もありますからこれはちょっと難しいところもあるけれど。

ま、何を言いたいかというと、世の中って、例えば差別的なこととか事件的なことで、どうしたって被差別側、被害者側にその原因を求めようとする傾向があるよな…、って話で。

確かにね、イジメだって、全員がいじめられるわけじゃないから、いじめられる側に原因がある、という風に思ってしまうのはわからなくはない。
というか、そこに共通する原因を探してイジメを無くそう、というのならまだわからなくはないが、たいがいこういうのはイジメの撲滅じゃなくて、隠匿を目的にしているからタチが悪い。

女性の問題もそうで、どっかの高校の入試だと、男子と女子の合格の点数が違うとか言う県もあるんでしょ?
同一にしちゃうと、女子ばっかりになっちゃう、みたいな。
だから、そもそも「女には能力がない」なんてのはウソなわけですけどね。
男女同数にしたいから、ってことなんでしょうが、そもそも同数にする必要があるのかどうなのか。
これも最近になって明らかになった話で、それまでは普通にやられてたんだよね。
なんだかそういう形で、女性に不利にしておいて隠匿する、みたいなことはずっと行われてきてるんだよね。

だから、まあもう男社会とか、イジメでもいじめる方が優位、クラスの人気者、みたいなこと自体を壊さなきゃならないんだよね。
そうしないと差別的なことやイジメはなくならないと思うわけで。

でね、ま、こうなると、男サイドも、いじめてるサイドは一言言いたくなるんだよね。
「だって、あいつ気持ち悪いから」とか。
「だって、彼女の方から誘ったんだ」とか。
挙げ句に「ハニートラップだ」とか。

確かにハニートラップを仕掛ける人もいるでしょう。
それはそれで問題だと思いますが、それを全ての問題の解決に持ち込んじゃダメだよね。
それとこれとは話が別じゃん、という。

実際にその当事者になっちゃうと、そういう基本的なコトがわからなくなっちゃうんだろうな。
それもわかる。
そこまで追い詰められたんだよね。
ニュースとかになって、後ろ指さされたりしたかもしれない。
でも、された側はそれ以上に追い詰められてるからね。
そして、そういうマスコミの実名報道の問題とかと、被害者が追い詰められたのも、それも別の話。
そういう意味では加害者も被害者かもしれないが、それはマスコミ報道の被害者であって、レイプにおいては加害者というのは変わらないわけで。

確かにどっかに「被害者にも落ち度があるのでは」というのはある。
オレも考えてしまわないこともない。
被害者の共通項を見いだして、自分は被害者にならないと落ち着きたいのかもしれない。
いじめられないと思い込みたいのかもしれない。

でもな、実際、女性差別や障害者差別のことなんかを考えると、男であり健体者であるオレは差別側に属していると思うんだよ。
だから、自分が何もしてない、被害者にも加害者にもならない、なんてのはやっぱ幻想だよな、とも思う。







(BGM:BEGIN「SLIDIN' SLIPPIN' ROAD」from「音楽旅団」)
→ゴキゲンである。
この辺の感じがビギンの真骨頂かなあ、と思ったりするんだよね。
沖縄の音だけじゃなく、こういうデキシー的なというか、街角で楽器並べて歌ってる感じというか。
スポンサーサイト



<< 「みんな同じ」の不幸 | ホーム | 好きと嫌いの間 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP