fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

本気で考えているとは思えない


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





東京都が子どもに5000円を出すというのが話題になっていて。
月6万円。
小さい額ではない。
これは悪い話ではない思う。

恐らくは、岸田さんの「異次元の少子化対策」に対抗して出してきた感じはあって、統一地方選を見据えたバラマキ、という感じがしなくもない。
各区からは「どうやって?」みたいな渡し方の方法はどうすんだ!?的な話も上がってきているらしい。
かなりトップダウンの「人気取り」という感じもする。

でもまあ、だとしても6万円は小さくない。
こういう形で小池さんが国に対抗するってのが最終的に我々にとっていい形になればいいんだろうか、とかは思ったりする。
けどまあ、これを機に「マイナンバーカードを通じてポイントで」とか言われたりするのは嫌だが。

ってか、まあ減税すればいいんだよね。
6万円分、扶養控除とかをなんとかするとかで次の確定申告の時期になんかすりゃ手続きにお金がかからなかろうと思うのだが、ってか、そうすれば手続き代とかを考えたら、65000円になる可能性すらあったりしないのか。
つまりは、手続きの利権かよ、という気がしなくもないあたりにうさん臭さは感じますが。

とかなんとか。
まあそういう論議はちょっと置いておいて。
今回話題にしたいのは、「所得制限なしにした」という部分。
なんか小池さんが、所得制限を「罰ゲームみたい」と言っていて、それに賛同する声がネット上でもけっこうある。

なるほどね。
所得制限があるというのは確かに共稼ぎとかの世帯にいかなかったりするから、そりゃなんか不公平感がある、みたいな。
でもなんか、共稼ぎで多く税金を払ってるんだから!というような感じが底に見えてちょっとどうなんだ?って気がしなくもない。
所得の再分配、みたいな税金の意味がどっかにいっちゃってるというか。
ま、それもこれも税金が高い、ってことに起因するんだけど。

今や五公五民に近い税金を取られ、なお防衛費で税金を上げようというような論議があって。
それで老後とかに心配がない、保育園は無料だ、というのならいいが、そうじゃないのが日本。
そもそも保育園に入れない、って話になってるし、老後に2000万貯めろだとか。
何のために税金払ってるんだ!というね。
そういうことになってるわけよね。

だから、そもそも所得制限が罰ゲームなんじゃなくて、この「バカ高い税金」しかも、なんの役に立たない税金を払ってることが罰ゲームなんだよな。
そこ、きちんと総括した方がいいと思うのよね。

申し訳ないが、もう生活がかつかつ、にっちもさっちもいかない、という状況の人はなかなか政治に声を上げるところまでたどり着かないことが多い。
これは経験値でもそう思う。
けれどもちょうど、まあ「明日の生活には困らない」という層の人は、やっぱちょうどこの「所得制限なし」に引っかかるかどうかのあたりだったりして、政治に声も上げやすい。
となると、ネットでもそれらが意見の主になったりする、という感じがしたり。
ま、そこまで考えて子ども手当のプロパガンダをしているのかどうかはわからないが、ちょっと「とんでもなく苦しい層」に対して優しくない気がする。

だってさ、所得制限ありにすれば、今もう「子どもに食べさせるものがない」という家庭には8万円届く可能性があるわけでしょう。
そこ、冷静に考えた方がいいんじゃなかろうか、って思うんだけれど。
というか、そもそも逆進性の高い消費税を疑った方がいいのではないか。
いや、まあそれはもちろん都だけではどうにもならないことではあるが。

どうにも、「所得制限は罰ゲーム」という考え方は、どっか「感情的すぎる」んだよな。
まあ、世の中の知性がけっこう底が抜けちゃってる感じもあるから、世論が感情的になるのは仕方ない気がするけれど、それを知事が煽ってるというのがどうなのか。
冷静になろうよ、という。
そもそも、効率的に金を子ども世帯に渡すにはどうしたらいいか?という論議はしているのか?
6万円渡すために、いくら手続きに税金を投入するのか、そこをまずはっきりしてもらいたいと思う。
というか、そういう論議になってしかるべきだろう。

にもかかわらず、「所得制限は罰ゲーム」という感情論に論議が流されちゃって、おかしなことになってはいないだろうか?
まんまと小池劇場に巻き込まれてないか?

そもそもさ、少子化とか言ってて、遅いよね。
だって、もう子どもを産む年齢層が薄くなっちゃってるんだもん。
その層が生まれるときに対策しておかなかったんだから、そりゃもう遅い。
にもかかわらずさ、金がないところ、例えば非正規四割といわれるその層を切り捨ててたら、そりゃどうにもならないよ。
底上げをしていかないとさ。
今の産む年齢層の4割を切り捨てるような政策をしていたら、そりゃ少子化に歯止めがかからないのは当然で。
そこ、上げなきゃどうにもならない。

岸田さんが賃上げとか言ってるけど、経済界にお願いしました、ってコントだよな…。
そんなことでなんとかなるならとっくに何とかなってるだろうに…。

つまりは、非正規禁止だとか、逆進性が高い税金だとかの取り方を一掃、もちろん五輪なんかやらない、特別会計もなくす、くらいのことをやらないと、ここまで来た格差はどうにも動かせない。
動かせなければ恐らく少子化は止まらない。
つまり日本の未来はどうにもならん。
…というような論議でしょう、今、少子化を論議するってのは。
にもかかわらず、出産時に50万円払います、みたいなことを言ってるんだから日本の未来を真剣に考えているとは思えない。

そして、「所得制限は罰ゲーム」というような感情論を煽るような論調。
なんだかね、もう日本は破滅に一直線に向かってるような気がしてならんわ。
もうほんとに終わりなんだろうか。
なんだか今の子どもたちに申し訳ない。
ってか、それが少子化に歯止めがかからない一つでもあるんだよな。
「所得制限は罰ゲーム」というような浅い感情論、そして防衛費を税金で上げる、戦争に備える、みたいな論議すらしてるんだから、そんな時代に子どもを産もうと思うかよバカ。





(BGM:男声合唱団東京リーダーターフェル1925「琵琶湖周航の歌」from「懐かしき日本の歌 第1集 Vol.3 琵琶湖周航の歌」)
→いいですね、この「うたごえ」感。
うたごえ喫茶とかいまもあるんかな。
今でもやってる方いるんだろうけど、だんだん細くなっていっちゃうのかな…。
ちょっと惜しいですよね。
一つのジャンルとして、「うたごえ」ってのを定着させたいくらいです。
ひらがなで。

男性介助者
スポンサーサイト



<< BSテレ東のチャレンジ枠?なのか? | ホーム | 庭を広げよう >>


 BLOG TOP