fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

冷静に自分の身に置き換えられないのなら話にならないよ


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





異性介助は性的暴行を受けたように思えます、というツイートへの批判があったということに、バカじゃねえか?と返した記事を前に書いたんですが(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-6263.html)、これ、その時はまあスキャンダラスにいこうと思って感情的に書いてみましたけど、考察としては、こんなことが考えられるかと思ってまして。

というのは、そもそも、介助というのは障害者が生きていくために必要なことで、まあそこは「認めるよ」と。
社会はそう言ってるし、そういう雰囲気になりつつある。
で、実際にそういう風に働いている人もいる。

けど、どっかに「でも、それ以上行ったらダメだ」というか。
つまり、「文句は言うなよ」という。
「やってやってんだろ」というね。
そして、それを察知したマイノリティである介助を必要とする障害者は小さくならざるを得ない(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5959.html)という図式。
だって、やってもらわなきゃ困るもん。
そして、まあそれがマイノリティの処世術となっていると言っていい気がしていて(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5941.html

駅の無人化問題も同じで、どっか健体者はいつも上から目線なんだ。
だから、一線を越えると彼らは急に怒り出す。
「いくら何でもレイプと同じかよ!」と。

いやいやいや、まあそうかもしれんけども、と。

社会がマイノリティである彼らに「居場所を作ってやるから文句を言うな」というのは、共生でも何でもないし、いま流行のダイバシティ?でもない。
結局、そのマジョリティとマイノリティの圧倒的な力の差をそのままにしてるだけじゃないか、というね。

40年くらい前には、路線バスの前で転がった障害者もいました。
でも、そんな風に「過激な」ことをする人たちも少なくなった。
どっか漂白された、SDGSです、的な感じの、いいことしてます!みんな一緒!みたいなことを言ってその辺誤魔化してるけど、なんか、その時と根はそんなに変わってないんじゃなかろうか?

確かに、路線バスにはリフトとかが付くようになったりして乗れるようにはなった。
けれども、その底にある、車いすの人が乗るたびに舌打ちする運転手、「時間かけやがって」という乗客は実際にたくさんいるじゃないか。
それもいつか時代が解決するのだろうか。
いや、するだろうが、今、舌打ちされる障害者の「小さくならざるを得ない」「すいませんすいません」「ごめんなさい」を繰り返す部分は何も解決していない。

むしろ、彼らのキバが表に出てない分、文句すら言えなくなっていないか?
舌打ちだって、「してない」といわれればそれまでだ。
「なんだてめえ、舌打ちしやがって」なんて言おうもんなら、「やってやってんだろ」「乗せてやってんだろ」と村八分にされそうな雰囲気。

結局、マジョリティに頭を下げて生きていかなきゃいけない現実。
「仲間に入れてください」という、自分を卑下しなければ生きていけない現実は何も変わっていない。
なんなら、バスに乗せない、と仲間に入れない!と言われていた時代の方が、こっちもやり方は簡単だった気もしなくもない。
なんとなく今の方向は、マイノリティを黙らせるように仕向けているようにも見える。

そこにきて、この異性介助の問題である。
ある程度人生経験を積んで、その後の余生、というところにある老人の介護と、「今、人生の中で一番脂がのってる時期」にも介助が必要である障害者の問題は、やっぱり違う。
介助をさせる側の人生の背景が違うのだから、それは違わなければならない。
のに、それを一緒くたにして論議しているのがそもそも話にならない。
つまりは、それは、老人、障害者といった当事者のコトを何も考えてない、ということでもある。
当事者主体でモノを考えていたら、この二つは、同じ「介助」であっても意味が違ってくる。
そうなってないのだから、当事者主体とは言えない。

少なくとも、20代、セックスをしたことがない障害者の介助を、セックスをしたことがない同世代の異性の介助者がするなどと言う状況は、「資格があるんだから」の一言ですまされる問題ではなかろう。
ま、老人だから異性介助でもいい、と言ってるわけではないが、少なくとも同じように考えるのは違う。

思うんですよ。
まだセックスをしたことがなかった時に(いや、別にセックスを経験した後でもそうだけど)、丸裸になって、理由はどうあれ異性に身体を触られる恐怖を想像してみてくださいよ。

別に、そんなにこの「異性介助は性的暴力」の発言は、おかしなこといってないと思うんだよね。
けど、「あなたは障害者なんだからそれは性暴力じゃない」「あなたは障害者なんだから仕方ない」というのなら、それは先に書いたように、マジョリティの横暴だと俺は思うんだけど。

ってか、かなり差別じゃない?
冷静になってよ。







(BGM:タワー・オブ・パワー「タイム・ウィル・テル」from「タワー・オブ・パワー・アンソロジー!」)
→お手本のようなAOR。
オーケストラバック、特にホーンがいいですね。
盛り上げてきますが、正直どっかなんでしょう、好き嫌いでいうと、嫌いじゃないけど好きではないです。
できすぎというか、すばらしすぎて…。

hatomiiboshuu.jpg

kabukiboshuu.jpg
スポンサーサイト



<< 「少しくやしい」 | ホーム | 写真家松澤がヨロズヤを始めた話 >>


 BLOG TOP