fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

イイ風に使えりゃいいけど


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





「血液型占い」的なコトってありますね。
A型は几帳面?とか。
O型はおおらか、とか。
ま、そんな感じのことが「常識」のように語られていますけど。

あれには科学的根拠はないというコトなんですが、なんだか飲み会の最初とかに「A型だと思った~」なんてことを言ったりします。
俺もA型っぽい、とか言われるけど、ちょっとね。

他にも「話を聞かない男 地図が読めない女」というのもありますね。
これなんかは「脳の構造に違いがあった!」なんていうけど、よくよく調べてみるとかなり怪しい。
男脳、女脳なんていうモノはなく、どちらかと言えばそりゃ性差じゃなく個体差だ、という。
いろいろ読んでみるとどうも個体差っぽい。

そりゃそうで、男脳女脳があるのだとしたら、脳の手術だって二通りなきゃならないじゃないか、と思います。
思考の問題だとすればなおさら生い立ちや環境によるような気もする。
まあ、そもそも女性である、男性である、という環境はあるのだけれど。

地図が読める女の人もいるだろうし、話を聞く男の人もいるだろう。
単純にそういうことなんだけど。

こういう風に性別とか血液型で人を分類するのって、どっか「区別したい」ってことなんだろうけど。
区別は区別、差別じゃない、という意見もあるが、そりゃ理屈であって、区別がなければたいがい差別は始まらない。
そう考えると、そもそもこの「女脳男脳」とかってのは恐ろしい感じがする。
しかも科学的にはあまり根拠がない、という恐ろしさ。
まあ、科学的に根拠があるのならわからないでもないが、そりゃねえよな、と思う。

それはそうと、話変わりますが、まあなかなか決断するのは難しい。
きっと俺脳がそうなっているんだろうけど。
一回どっか一部でも走り始めてしまうとなかなか止められない。
いろいろなことが毎日あるし、どっかイベント的な感じとかもどっか俺発になっちゃうことも多いから、いろいろ考えることも多い。
途中なんかあって止めちゃった方がいいかな、と思うこともあったりするけど、考えることも多いし、走り始めるとなかなか止められない。
というか、止めることを考えることが面倒くさくなってしまう。
もう、GOしてるからGOでいいや、みたいな感じというか。
そもそもGOに向けて考えていたわけで、そこから新たに考えられなくなってしまう。

でもまあ、それはあまりいいことでもなくて、柔軟さに欠けるというか。
よりよい選択にはなってないように思う。
時にそういうことがあって後になっていろいろ後悔するんだけど、時すでに遅し。

そもそも自分の人格というか、そういうのはあまり好きではなくて、自分の置かれている立場もあまり好きじゃないというか。
まあ仕方ないな、と思うけれど、あまり納得ができていない。
というけれど、それもきっと俺のこれまでの行いがそういう状況を作ってきたわけで、なにか変えなきゃいけないんだけど。
でもそれがなかなか変えられない。

結局は、人はそれまでの自分の行いを続けるのがラクで、それを反省して後悔をしたとしても、なかなか思うように変えられなかったりして。
俺だけかもしれないけど。
まあ俺が意志が弱いのかもしれない。

話変わるけど、いわゆるダメンズにハマる女性というのがいて、これが別れてもまたダメンズにハマったりする、というのがあるけれど、そういうのってのも、きっと反省や後悔はあるんだろうけど変えられない、という感じなのかな、と思ったりする。
ハタから見てれば「変わりなよ」という一言ですんじゃうけど、でもまあそういう問題でもないんだよな、と思う。
それはなんか自分も同じだよな。

だから「それはいかんよ」とか言ったところであまり意味がないし言うべきでもないのか。
もっとどん底まで行かないとやっぱ人は変われないのか…、と思うとそれはそれでツラい。

ま、で、以上、そういうのが俺だけなのかもしれないんだけど、とにかくそういうのを「変われなくてもA型だからしょうがない」という風に思っちゃうのもね、なんかあまりいいことないような気もするのよね。
後悔先に立たずだから、そんな自分がイヤになって開き直ってしまいたい、という気持ちもわかるけど、それって結局後悔し続けてしまうことになるわけで。
なんかそういう後悔に加担してしまうのが血液型とかそういうのじゃないかな、と。

迷信でも慣習でもイイ風に使えりゃいいけど、なんかまったく使えない上に後悔するなんてちょっとゴメン、という気がする。

というわけで、俺は血液型も男脳とかそういうのもあまり好きじゃない。

同じように、市丸たちを「自閉症」とか「発達障害」とかって括るのもあまり好きじゃない。
もちろんその区分けには科学的な根拠はあるのだろうが、それによって、結局こっちに先入観が生まれてしまい、彼らの世界の広がりを邪魔するような気がするからだ。
ま、参考にはなるかもしれないから勉強は必要かもしれないけど、自閉症だから、というくくりでなんか行動するのはちょっと違う気がしてる。






(BGM:Lily Allen「22」from「It's Not Me, It's You」)
→こういう曲が好きで。
なんならイントロも短くすっと歌が入る、音数が少ない、歌い上げるわけでもない、みたいな。

kabukiboshuuu.jpg

hatomiiboshuu.jpg
スポンサーサイト



<< 結局霊はいたのかいなかったのか ★ 映画 「スイート・マイホーム」 | ホーム | 「ハンチバック」 >>


 BLOG TOP