fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

上品なジーサンになりたい


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





録りためてあった映画だとか配信で見たシリーズ。
ネタバレしますね。


「大怪獣のあとしまつ」

怪獣を倒したはいいが、その残骸をどうするか、というコメディ?なの?これは。
中途半端感は拭えない。
コメディならもっと思い切ってそっちによればいいのに…。
加えて、あとしまつはできません。
最期はとんでもない形で大怪獣は処理されます。
だったら最初から…という気がしなくもない。
というか、見た全ての人がそう思ったはずである。
なんじゃこりゃ…。


「潔白」

韓流映画。
父親のDVと貧乏から逃れるために一人ソウルに出てきて弁護士となった娘が主人公。
どうやらその父親が亡くなって、その葬儀の日にマッコリに農薬が混ぜられていた。
静かな田舎町に突如起きた大事件。
被疑者として母親が逮捕され、その弁護を彼女が担う。
ま、これ町のカジノ誘致なども関わった背景がありまして…。
最終的に彼女は母親の無罪を勝ち取るんだけど、実際はこれ、やってるんだよね…。
父親の方に罪をかぶせる形で。
この辺がどうなのか評価が分かれるところかと思います。
それをなんとかしようというか、物語を成り立たせるために父親は殺人を犯していた、という設定ではあるんだけど、う~ん…。
弁護士がそれでいいのか的な気持ちがどうにも…。
まあ、母親が認知症になってしまっているということもあるんだけど後味が悪い…。


「ジーサンズ はじめての強盗」

モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンという3人のベテラン俳優が、そのまま老人として登場し、銀行強盗をするというコメディ。
まあ、しかしひどいですよ銀行も彼らを雇っていた会社も。
年金をピンハネしローンの仕組みも明らかにせず契約させ家を取り上げる。
ま、そんなこんなで強盗をすることにするんだけど、あとは思った通りの展開で強盗は成功。
…したかに見えたが…、そして二転三転…という。

いや、なんでしょう。
俳優という仕事は歳をとっても歳を取った役という重要な役どころがあるんだよね。
「老いを感じさせない演技」とかって言葉もあるが、この映画に関しては老いをそのまま演じたというところでなんだかすごい映画というか、映画ってすごいよな、と思った。
そしてさすがこの三人の名優。
ラストの目撃者の子どもにそっと笑いかけるモーガンフリーマンの演技なんか、現実以上でしょ。

さて、奪った金は?となるんだけど、年金額以上は寄付したりして。
いや、なんだか痛快な映画でした。

ラスト、ホームパーティー的な感じでダンスの場面があるんだけど、恐らくはその辺アドリブなんだと思うけど、この三人、とにかくカッコいい。
上品で、どっかセクシー。
こういうジーサンになりたいものです。


「炎の少女チャーリー」

こちら、2022年のリメイクの方。
まったくダメですねこれ。
う~ん、なんですかね。
怒りの感情をもつと相手を発火させてしまうことができる少女を国家が囲おうとするが、発火しまくって逃れる。
以上。
つまり、最強すぎるのは物語にはならないのだ。
弱点を作らないと…。


「ブラック・フォン」

監禁モノなのですが、監禁されるだけで、ちょっと犯人の目論見が見えない。
でもまあ、今回の主人公よりも前に監禁された少年たちは最後は殺されているので、なんらかの意味はあるんだろうが、ちょっとそこがわかりにくい。
「ゲームに参加する」みたいなセリフもあるのだが、具体的なことがわからないまま終わってしまう。
監禁された主人公は過去に殺された少年たちと線の切れた電話で会話しながら犯人と対峙していく。
この辺の「線が切れている」というあたりがホラーっぽさを演出している。
この主役の少年がとにかくカッコいいというかイケメンというか、線が細い感じもあってなかなかいい。






(BGM:木立三香子「愛のシンフォニー」from「アイドル・ミラクルバイブルシリーズ ファイナル」)
→サビ部分のベースの踊り方ったらない。
ベースの人のうれしさが伝わってくるようである。
この当時の「ベースが踊る」が俺は大好きである。

nittennyo.jpg

kimonoichibira.jpg

kanukibochu.jpg
スポンサーサイト



<< 自主興行、からの猪木さん | ホーム | はじき出された側 >>


 BLOG TOP