fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

終末はやってきませんでした、そして


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





録りためてあった映画や配信で見たシリーズ。
ネタバレします。


「ベター・ウォッチ・アウト クリスマスの侵略者」

ベビーシッターとしてクリスマスの夜に男の子の家に行く主人公アシュリー。
と、そこに暴漢が!
…しかし、それは彼の友だちが暴漢に扮していたのであった。
この男の子、このベビーシッターに恋心を抱いていて、仲良くなろうとしてこんな馬鹿げたことをしでかしたのであった。
暴漢に襲われた彼女を自分が助ければ仲良くなれるだろう、みたいな。
ここまでなら普通のかわいいいたずらで済むところもあるが、ここから物語は異様な展開を見せる。
この男の子、サイコパス野郎だったのである!
彼女を拘束し、尋ねてきた彼女の恋人らも拉致し面白半分に殺し、暴漢に扮していた友だちも銃で撃ってしまう…。
これはなかなか想像してなかったんで驚愕の展開であった。
そして最後に彼女も刺し、完全犯罪を作るためにいろいろと工作する。
そこに親は帰ってきて、惨状に唖然。
まあ、そりゃそうだ。
で、警察も来るんだが、まあ男の子が犯人とは思わないから、スルー…。
しかし、実は全てを知る彼女は生きていて…という。
で、ラストがいかしてて、この後どうなるかということについていろいろと想像させたまま終わる感じもいいし、どっか男の子のサイコパス野郎である感も倍増しててよし。
なかなかこれはいいんじゃないでしょうか。


「ドアロック」

これね、もうこれ見たら一人暮らしできなくなりますね怖すぎて、という韓流映画。
とある女性が一人暮らしをしているんだけど、その家にどうも自由に出入りしている感じの男がいるんだな。
ドアロック、いわゆる暗証番号を打つような感じのアレでしっかりプロテクトできてるようなんだけど、それでもそういうのがいる、というのがまず怖い。
その他にもガチャガチャとドアノブを回す奴もいて、警察に通報するも「まだ事件は起きてない」とかなんとかで捜査してくれない。
そのうちに、様子を見てくれるという上司(いい人)を一瞬主人公が疑っちゃうんだな。
で、警察に通報するんだが、その間に上司は部屋で殺されてしまう…。
それでもなんだか彼女を容疑者にしてロクに捜査をしない警察…。
警察なんか信用ならない、というか、役に立ってくれない、という映画なのかこれは…。
ってか、もう最初から警察がひどいのよ…。

ま、映画としてはラストの主人公と犯人の一騎打ちもなかなかいいし、主人公が疑われてなかなか周りが信じてくれない、という感じの繰り返しも悪くない。
ただまあ、最初から犯人わかっちゃうんですけどね。
そこが惜しいけど、まあ彼しかいないわな…。


「KAPPEI カッペイ」

もうね、くだらない。
くだらないのだがサイコウに面白い。
ノストラダムスの予言を信じ、週末が来たときに地球を救う勇者を育てる塾?みたいなものがあり。
しかし終末は1999年から20年粘ってみたがやってこなかった。
で、「解散」。
とはいえ、それまで世の中と隔絶されてきた勇者たちが急に世の中に放り出されてうまくいくはずがないのであった…。
という。
もう最高に設定がいかしてるし、バカバカしいし、なんだかメガネ君がちゃんとしてるし、きちんとした映画。
そしてラストにニヤリとさせられたりして。
なかなかいいんじゃないですか?
好きですこういうの。


「フリーキッチン」

これまあ、いわゆるシネコンにかからない方の映画だと思いますが、思ったより面白い。
お母さんがどんどん人を殺してその人肉で食事を作るという。
その息子に恋人ができるんだけど…という。
最後、まあお母さんを殺して息子と彼女が食べちゃうんだが、「それはまさにお袋の味でした」という。
この一言のために作った感じの映画と言っていいのか?どうなのか?
とはいえ、このお母さんの演技がなかなかすばらしくていい。
ラストのラスト、どんでん返しっぽいのがあるけれど、ま、どうかな?これはいらなかったかな…。


「グレイトフルデッド」

これね、もう荒唐無稽な話なんだけど、面白い。
映画としてもキチンとしていると思う。
「ぼっち」をさがして観察するのが趣味の主人公。
いつしか孤独死しそうな老人の観察を始めるのだが…という。
その観察される老人に笹野高史さん。
ま、なんやかんやあって、最期は主役の女の子との殺し合いに…。

これ、単純に殺し合いに収縮させた展開もいいし、スピーディーさもある。
主役の女の子もなかなか惹かれるモノがある。
時間があったら配信とかで見てほしい一作。





(BGM:美れい「悲しい町で 〈1979 LIVE〉」from「都市通信 デイスクユニオン特典 LIVE音源収録 CD-R」)
→これ、音がいいのよね。
なかなかどうして。
リズムボックスにギター、ベース、ボーカルというサウンドなんだけど。
間奏のベースとギターのからみがなんかカッコイイ。

hotoshushu.jpg

kanukibochu.jpg
スポンサーサイト



<< お正月 | ホーム | CMはすごい >>


 BLOG TOP