fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

2・4、にじ屋にプロレス団体「HOTシュシュ」が来ますよ!


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





2・4にHOTシュシュがにじ屋にやってくる、ということで。
まあ、宣伝活動をしています。

近所の店にいろいろポスターなどを貼ってもらっているのだけれど、昔に比べてやっぱり普段呑みに行ってるお店とかが増えてまして。
コロナのことがあって、状況を段階的に、駅前には行かない、近所の店ならOKとかって約束をしていたりもしていて、近所の店の開拓が進みました。
何にしてもイチマルや井上たちが飲みに行ったりもするので、俺らもちょくちょく顔を出して「いつもありがとうございます」、みたいなことは言っていたりして。

昔は近所の店がわからないので、すぐコンビニ、とかが上がってきましたけど、そういうのは今回は「貼るのをお願いしたい場所」としては出てこず。
ま、コンビニはたいがい断られたりして、ってこともあったりなかったり。
店長さん次第なんでしょうけど。
時間がかかったりもするんだけど、普段呑みに行ってる場所だと、すぐに「いいよ~!」なんて言われるから気がちょっとラクですね。

とはいえ、俺はそういうのがかなり苦手な人。
そもそも、お店に行って顔は向こうも知ってくれて、「いつもありがとう」とか話しかけてくれようとしても、なかなか俺から答えられない、という事態も。
ましてや、自分から話しかける、ということもなく。
でもたいがい誰かと一緒なので、その人が喋ってくれて乗り切る、みたいな。
で、みんなはマスターとかと話して盛り上がっていても、俺だけはちょっと入れないなあ…みたいな感じもあったりなかったり。
アキがそういうのなかなかやってくれるところもあったりなかったりなのでいつも助かっています。

そういう俺の性格もわかってくれているんでしょうが、一カ所行って欲しい、と言われまして。
確かにその店は俺だなあ…、と納得するところもあり。
わかりました、と。

で、行ってみたけど、まあ店の人もシャイなんだろうな…。
なかなかどうして。
そもそも、話したことはなかったけど、顔はもうお互い知ってる、みたいなところはあって。
いつもの買い物をして、「実は今日、お願いがありまして」と切り出しました。
「私、にじ屋の関係の…」というと、それはわかってくれていたようで、話したことなかったけど、まあにじ屋の周知度って近所では高いんだな、と思ったり。
ありがたい。
で、「今度プロレスがですね…」と話すと、「ああ、俺、この前、そこの体育館に新日が来たときに行ったよ」みたいな。
話早いじゃん…という。

話してみるもんだな、という話でね。
やっぱプロレス好きな人と喋ったり飲みに行ったりはしたいわけじゃないですか。

前に、ロスインゴ(新日のユニット)のTシャツを着ている、恐らくは大学生だと思うんですが、いたんですよ。
ま、やっぱ新日は浸透力が違うね。
とはいえ、さっとすれ違っちゃいますから。
というか、なんて言いますか?
「あ、ロスインゴ、僕も好きです」って感じか。
とはいえ、さっとそんなセリフが出てくるほど社交性はない。
俺はまあ内藤選手の目を開くポーズをすればよかったな、と思ったんだけど、もしかして、お兄ちゃんのTシャツをワケもわからず着ていた可能性もあって。
そうなると、もうそれって不審者ですし。
結局そんなことを考えている間にプロレスファンという同志をスルーしてしまうという事態に。

すごく昔に、お金がなくて廃品回収というのをヤッていた時期があります。
まあ、まだ雑紙とかが高かった時代ですね。
そうすると雑誌とかも出てるじゃないですか。
週刊ゴングだったか、週刊プロレスが大量に出ている家、とかあるんですよね。
あれもどういうアレなんですかね。
もう昔のだからいらない、ということも考えられるし、実家だったんだが、一人暮らしをするようになったのでもう捨てる、とか。
もしかしたら、プロレスに飽きた、ってこともあったりなかったりするかもしれん。
というか、雑誌を出してくれているのに、わざわざピンポンしてたずねるのもおかしい。

てなことでですね。
何が言いたいかというと、やっぱプロレスファンの輪を広げましょうよ、という。
いや、広げたい、と。
広げましょう、って、なに人任せにしてるんだって話ですね。

にじ屋にはそもそも元プロレスラーもいますし、って、最近はあまりにじ屋の店舗の方じゃない仕事もやったりしていてなかなか会えないかもしれませんが。
でもまあ、この2・4の機会に、「近所のプロレスファン」の方にもぜひ会いたいんですよね。
ビールや食べ物も用意するので、楽しくプロレス談義ができたら、と思っています。

お待ちしています。






(BGM:神人「おめでとう 2」from「おめでとう」)
→シンガーソングライター&スピリチュアルメッセンジャー、という。
で、神人。
もうね、すごいわ。
で、「生まれてきてくれてありがとう」。
ま、そうは思うけど、こういう名義でこういうタイトルでやられてしまっては信者以外には広がらん。
が、それでいいのか…。

hotoshushu.jpg

kanukibochu.jpg
スポンサーサイト



<< 2・4はにじ屋に来てね!市丸たちと、いや、俺たちと一緒に飲みませんか? | ホーム | モノを創り出すことは狂気に似てるのかも >>


 BLOG TOP