fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

プロレス的展開


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





「猪木問答」というのがありまして。
2002年2月1日に新日本プロレスの北海道立総合体育センター大会、リング上での出来事なんですが。

ま、時代としてはトップレスラーだった武藤選手が離脱。
それにスタッフ、数人の選手も追随。
世の中は格闘技が隆盛を極め、プロレスは暗黒時代に突入していた。
新日のトップ、いや、神であったアントニオ猪木さんも格闘技にシフトしているようにも見えた時だった。

蝶野選手の試合が終わり、猪木さんを呼び込む。
そこで蝶野選手はアントニオ猪木さんと新日のプロレスの方向性について喧々諤々やる予定だったという。
猪木さんから「プロレスをやる」という言葉を引き出したかったんだとかなんとか、まあ都市伝説めいてますが、そう言われています。
が、そこに感情が高ぶった数人のトップレスラーがリングに上がったもんだから、そういうシャープな話にはならず…というのが猪木問答の始まりだったとか始まりじゃなかったとか。

で、そこで猪木さんはそのリングに上がったレスラー一人一人に、「お前は怒っているか?」と問いかける。

もう、正直、この時点でポカンなワケです。
「怒ってるか?」というのは、確かにいろいろ取り方が出来ますが、「リングに上がったんだから、なんか言いたいことがあるのだろう」=「怒ってるんだろう」ということなのかどうか。
「猪木さんに怒っている」という理屈もあるし、その前に退団した武藤選手に、という捉え方も出来るし、プロレス界に、という取り方も出来る。
ま、だから何を聞かれているかよくわからないのである。
確かにこの時の新日は迷走していた感じはある。
この猪木さんの質問も迷走していると言っていい。

で、「怒ってますよ」と答える選手に、特になにかその先の会話を考えさせるような返答をするでもなく、猪木さんは次々聞いていく。
最後の棚橋選手が違う答をするのだけれど、それは後になって「前の三人がストレートに答えて撃沈していたので、猪木さんの問いに答えちゃダメなんだな、と思って」と語っている。

これを「猪木問答事件」と言います。

ま、このあたりが猪木さんのすごいところである。
これね、もし、リングに上がったレスラーが猪木さんに襲いかかっていたら時代は変わったのかもしれない。
プロレスのストーリーとして、そこから何か生まれた可能性はあった。

でも、それができなかったんだよね。
猪木さんのあまりにも自由な問いに、彼らは呑まれてしまったのである。
ま、言ってみると禅問答である。
目の前の僧侶に、何の答えも出来ない、みたいな。

で、何が言いたいかというと、これ、プロレスファンとしては最高に面白いんですよ。
でも、一般的には、答のない問いを投げかけて、その答をどれが正解でどれが不正解なのかも示さない猪木さんの行動に、もしかしてイラつくかもしれない。
というか、「何これ?」ってなることは確実である。

つまりですね、プロレスって答がない、ってことなんだよね。

どっちに転んでもいいし、何が正解かもない。
その後、面白い、楽しい展開さえ待っていればいいのである。
エンタメなんだから、それはそうなのである。

我々も時々、プロレス的展開、という言葉を使ったりするんだけど、それってまあ「きっかけ」なんだよね。
後につながるような「きっかけ」。
「そっから楽しく展開していけるんじゃない?」という。
バッドなコトだったとして、例えば誰かが「もらしちゃった」というようなコトがあったとして、でも、それをきっかけとしてなんか一歩先の展開が作れるんじゃないか?と思ったりして。
先日、といってもずいぶん前だけれど、その流れで、男だけが集まっていろいろとお互いのコトを話したり、助け合おう、みたいな話に発展したことがあった。
それで互いの距離が縮まったり、お互いの苦労や困っていることを共有できるのなら、漏らしたのもちょっとした「きっかけ」をくれたいい出来事だった、ということもできる。

どっちに転んでも正解はない。
正解はないが、どうせだったら、それをきっかけとしてプロレス的展開を考えた方がいい、という風に思うんだよな。

バッドなきっかけも、何が答かわからないような問いも、全て「きっかけ」になる可能性がある。
どうせ起こってしまったバッドなことも、ハッピーエンドに持っていけたら、と思う。

俺がプロレスを好きなのはこの辺なんだな、きっと。
どう転がるかわからない。
でも、それをハッピーエンドに持っていくには、やっぱプロレスアタマが必要。

ま、そんな風に思ってる、という話でした。






(BGM:Red Snapper「Digging Doctor What What」from「Prince Blimey」)
→な、何じゃこのかっこよさは…。
ジャズっぽくもあり、ダブっぽくもあり、ブレイクビーツっぽかったりするんだけど、どっか肉体的なライブ感がすごい。
どっかテクノ的な感じすらする。
なんじゃこりゃ。
カッコよすぎじゃん。

kanukibochu.jpg
スポンサーサイト



<< なぜ日本では大規模な労働運動が生まれないか | ホーム | 大画面でぜひ ★ 映画 「ゴールデンカムイ」 >>


 BLOG TOP