fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

注目度は上がったと思うな


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ま、プロレス界が騒がしい、と。
これ、2月の上旬に書いていますが。

スターダムという女子プロレス最大、最強の団体がどうも分裂しそうという。
創始者が追放されたっぽく。
どうも、新団体を作るそうで、そこにスターダムの選手も合流するのではないかと言われております。

ま、どうなんでしょうね。
プロレスは何が起こるかわかりませんからね。
これが載る頃にはもしかしたら新しい動きがあるのかもしれません。

スターダムは大きな会社がバックにありまして。
それなりに給料も出ているという噂もあります。
女子プロレス選手がほとんど副業ありきの中、これはなかなかの好待遇かと思いますが、それでも新団体を作ろうという流れがあるのはなんかプロレス的。

職業ではあるけど、まあ職業でもないし、という感じなのかな。
ま、そうあって欲しい気はする。
サラリーマンレスラーなんて面白くもない、という気がしてしまう。

まあ、昭和のプロレスと言えば、胡散臭いの象徴という感じもあり。
そもそも、入場者数とかもテキトウだったでしょ。
それはなんかずいぶん変わってきてるみたいだけど。
その辺からまあきちんとやっていきましょう、って業界の感じも変わってきたんでしょう。

あとはなんでしょうね。
商店街に割引券が配られてるとかね。
千円で入れます、って、入ってみると狭くて、「もう二千円出してくれたらもっといい席に案内するよ」とか。
サーカススタイルですね。
ま、興行ですからね。
そういうのもありますし、そういうもんだと思ってましたね。

あと、ボロボロのワゴン車に無理矢理貼ったポスター。
そんな街宣車が街を回っていたり。

今はあまりそういうの見ないですね。
近所で大会があるとしても、近所の店に割引券はないし。
なんならポスターも見かけない。

ま、ネット社会ってことなんですかね。
「割引券をまく」みたいなビジネスモデルは成り立たないのか…。

先日のにじ屋でのhotシュシュの大会では、割引券ならぬポップコーン無料券を近所の店に置いてもらったり、普段回収なんかに使うワゴンやトラックにポスターを貼ったりしました。
ま、全て昭和プロレスのオマージュですね。
どっかそういうでたらめな運営というか、方法がまかり通っていた時代のプロレスがやっぱ好きかもしれないな。

スターダムは大きな会社がバックにあるから、やっぱそうした昭和的なモノを排除せざるを得ないっていう。
健全な運営ってのが求められるわけで。
確かに選手には誠実な運営をして欲しいですけどね。
でもどっかプロレスにはトンパチであって欲しいとも思ったりするのは欲張りすぎなのだろうか。

選手がショーケースに入ってるような大会はちょっとなんか違和感…。
特に女子プロレスとなると、どっかアイドルみたいな感じがしちゃう。
やっぱり、女子プロレスラーは、かわいい、ではなく「コワい」であって欲しい。

というわけで、まあ俺は今回の分裂騒動は、けっこう面白いかなって思ってて。
その後の展開も生まれてくるじゃないですか。
スターダム分派VSスターダムって対抗戦だって考えられる。
恐らくは分派の方はスターダム以上のモノを見せなければならないだろうし、それがどんなプロレスなのか、誰がついていくのかにも興味がある。

女子プロレスはこうやってどんどん分裂していったことで勢いがなくなっていった、今回もまたかよ、と嘆く人も多いみたいだけど、でもまあ、しょうがないよね。
30人も選手がいたら、やっぱ分裂するでしょ。
トンパチと大企業はそもそも水と油だし、割引券バラマキとネット割引だし。
なんなら、俺はトンパチと割引券を応援したいかな、とか思ったり。

ま、無責任なこと言ってますけど。
そりゃまあ、単なる客なんで…。

でもまあ、なんか注目度が上がったのは確かだよね、ってことで今回はこの辺で。
チャオ!







(BGM:Magazine「I'm A Party [Remastered 2007]」from「The Correct Use Of Soap」)
→バズコックスを脱退した人が作ったバンドなのね。
どっかボーカルがジョンライドンっぽくて時代を感じさせる。
これは1980年のアルバムだそうで。
この感じ、なんかむしろ最近ウケそうな気がする。
スポンサーサイト



<< つい声を張ってしまう | ホーム | 人は誰しも自分を特別に思ってもらいたい >>


 BLOG TOP