fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

「仲間に入れて」とは決して言わない(つもり)


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ま、井上たちのことを考えるときに、俺の中で基本にしていることがあって。
というか、まあ、そんなに厳密なラインでもないんですが、なんとなくですね、なんとなく自分の中で置いているモノってのがありまして。

それは、井上たちが健体者の社会に「仲間に入れて」と言うのはイヤだってこと。
健体者のように仕事ができなきゃいけない、とか、そういうのですね。
がんばることは大事だし尊いコトだと思っていますが、それが「健体者も出るに近づくため」というのはちょっとイヤなんですね。

先日、障害者も納税する!みたいな目標で会社を立ち上げた人の記事を読みまして。
障害者は「納税もしてないのに!」みたいなことを言われますからね。
そういうコトに対するアンチなのでしょう。
気持ちはすごくよくわかりますね。

でもまあ、違和感はありまして。

というのは、まず「納税もしてないのに!」というのは、ヘイトなんですよね。
「生産性がない」みたいな文脈の話ですから。
「そんなヤツは生きてる資格がない!」というコトにつながって。
そんな世論をベースにして、ナチスはT4計画を実行したわけだ。
ナチスの安楽死計画ですね。
療養施設に入っている障害者を安楽死させるという。
そしてそれはユダヤ人虐殺、につながっていく…。

気持ちとしては「納税してないのに!」というのはわからなくはないが、そもそも納税できる人とできない人がいて、そうした格差の是正のために税金はあるワケですよ。
所得再分配ということを一つの機能としてるワケだから、税金というのは。
だから、払えない人を侮辱するのはそもそもなんかおかしい、とも思う。

だから、こうした間違ったヘイト発言をマトモに取り合って、「じゃあ納税したる!」ってのは、どっか相手の土俵に乗っちゃってるというか。
で、それで納税できたらそれはそれでそのルサンチマンは晴れるだろうけど、それやったら、今度は納税できない障害者がより苦しい立場に追い込まれるのではないか?とも。

そもそも「納税してないのに!」という声にはマトモに受けるべきではない、と。
まあそう思うのがまず一つ。

そしてもう一つは、これ結局、障害者を健体者モデルにしようとしてるだけなんじゃないか、って思って。
障害者雇用というのがあって、大企業なんかは一定数、障害者を雇用しなければならない、というね。
その枠で求職活動してる人のツイートなんかを見てると、「企業が欲しいのは健体者のように働ける人」で、そういう人を「安く雇いたいのが障害者雇用じゃん」みたいな厭世的な感じがよく見受けられて。
つまりはここでも「健体者モデル」が要求されているわけですよ。
「障害者だけど、がんばって健体者同様に働けるよね!だったら来て」、という。

つまり、健体者を中心とした社会は、何も変わるつもりはなく、障害者が健体者「なみに」動けるなら仲間に入れてやる、と言ってるわけです。
これは先に書いた「生産性」の問題とも密接と関わっていきます。
結局、生産性がない人間は「生きてる資格がない」ということと同じなんですよね。

俺はむしろ、にじ屋やスーパー猛毒ちんどんといった活動の中で、「井上たちの仲間に入りたい」と「健体者に」思ってもらいたいんです。
それが、社会を変えると思っていて。
生産性を問わない社会。
生まれたら誰もが豊かに生きる権利がある社会。
それはなにも障害者にとってだけいい社会、ではなく、誰もが豊かになれると思うのだけれど、どうして今の健体者社会はそこを目指すことなく、自分の首を絞めている。
みんなが「生産性」という言葉に追い立てられ、必死になっている。
障害者をのけ者にして、「俺は役に立つ人間だ」と錯覚するために必死になってる。

バカバカしい、とオレは思ってて。

「仲間に入れてください」じゃなくて、「仲間にしてやろうか?」という存在に井上たちにはなってもらいたい。
自分たちだけのことじゃなく、それは必要なことだろう、と。

そのためには、まあ自分たちがまず毎日を楽しく過ごしていく必要があります。
ここを俺はとても重要だと思っています。
同時に、何かにチャレンジもしている必要があると思ってて。
努力ですね。
それは「健体者になろう」ではなくて、「自分たちの力を合わせて何をか成し得よう」みたいなことですかね。
にじ屋なんかがそれですが。
ってか、まずにじ屋で売上を上げなければ、井上は家賃を払えません。
それはもう「楽しく過ごす」ための前提ですから。

障害者ががんばって「会社ごっこ」やったところで、社会は何も変わりません。
むしろ、彼らはどんどん「生産性」を楯に井上たちを排除してくると思います。

要は、井上たちが、じゃなくて、社会の方が変わらなきゃ意味ないんだと、オレは思います。







(BGM:螺旋「魔法 〈1980-05 柏クレイジーホース〉」from「都市通信 デイスクユニオン特典 LIVE音源収録 CD-R」)
→こういうライブの音源がこれだけいい音で残ってるというのはなかなかすごいなあ、と思うんだけど。
ってか、何かリマスターとかして音をキレイにしてるのかしら…。
だとしたらすごい技術だなあ。
スポンサーサイト



<< 痔と通風 | ホーム | ウソお悩み相談 >>


 BLOG TOP