fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

そもそも政治のこと話すのってタブーじゃないですか?


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら




まあなんか、吉住さんがテレビでデモする人を揶揄する感じのネタをやって話題になってるようで。
これを書いているのは3月の中盤なんですが。
彼女は好きなので、ちょっとコワくてそのものは見てません。

でもまあ、漏れ伝わってくるツイートとかの感じではだいたいの感じはわからなくはない。
だからこそ、まあちょっとコワくて見てないんですが。

これね、でもまあ普通の感覚なんじゃないかな、と思うんですよね。
いわゆるデモに参加する人を「意識高いよね」と揶揄する感じ、実際にあると思うんです。
ま、俺なんかは、そういうことを言う人を「意識低いよね」とか「奴隷だね」と思うんだけれど、まあそういう「意識高い系」を揶揄するのはあると思う。

というか、あるでしょ。
政治のことを言っても意識高い系、だし、ましてやデモに参加したら意識超高い系、だろう。

そもそも、日本は政治を語ることに違和感を抱く人が多いからね。
「ミュージシャンが政治を語るな」とか平気で言う奴隷とかいるじゃないですか。
ああいうのはもうどうでもいいんだけど、でもそれってけっこう多数派なんでしょ?
だから、彼女はそれをネタにして、多数の笑いを誘った、と。

つまり、ことさらデモとかを貶めてるわけじゃないんでしょ?
「デモなんかやっても世の中変わらん」というネタじゃなくて、「デモやる人は意識高い系」しかもちょっと「危ない」みたいな。

ま、そもそも今の世の中、何かをことさら主張すれば危ないんですよ。
例えば、企業に正社員で採用してもらうためのセミナーにハマって駅前で大声であいさつしたりすればそれはそれで危ない。
宗教にハマってるヤツも危ない。
同じような観点で、恐らくは「デモに参加してるやつも危ない」ってことなんだよね?

これ、恐らくそれぞれの人は「別に危なくないよ」、「だって大事なことじゃない?」と思ってると思うワケね。
だから、ことさらデモのことだけを取って「それは違うんじゃないか?」と言うのもなんか違う気がして。

つまりは、まあ政治を語ったり、政治にもの申したり、行動したり、ということが、「タブー」にならない社会を作らなきゃいけない、ってことだよね。
改めて彼女のネタが受けたというのは、それを露わにした、って感じかな?


政治はそもそも日常の生活だから、それに意見しない、ってのはどうにも「今の生活に満足」ということでしかないから、正直、奴隷だな、と思います。
五公五民とか税金取られて、その上で老後が心配、というワケのわからない状態で、金がない金がない言いながら、政治を語る人を「危ない」とか「意識高い系」って揶揄するのはもう奴隷しぐさ以外のなにものでもない。

この奴隷をどう解放するか?ってのが社会運動のテーマなので、まあなんですかね、社会運動をやってる人にとっては敵のように見えるかもしれないがそうではない、というか。
その辺の感覚なのかな。

俺は政治を語ります。
日常の延長で語る。
そもそも、市丸たちは大いに政治的な存在だとも思っています。
だから語るけど、俺のまわりにはことさら俺を「意識高い系」という人はいないから、別に普段はそういうのに直面することはないんですが、でもまあ、そう思う人はいるんでしょう。
ただまあ、そういう人は友だちではないし、一緒に飲みに行くわけじゃないので、関係ないし、彼ら奴隷が解放されなきゃな、と思えるけど、ツイッターとかでマジメに反論に反論してたりする人は、なかなかそう思えないのかもしれない。
俺は顔を知らない人にはマジメには返しません。

ま、だから俺は飲みに行く人が増えればいいんですよ。
そうやって、俺を「意識高い系と言わない人」「別に政治のコトって日常じゃん」という人が増えればいい、という理屈になる。


そもそも日本は、偉そうに言う人を嫌うんですよね。
学級会で、「○○君は掃除をしてませんでした!」という人は、なんやかんやメインストリームからは外される。
なんならそれを言った人が正しいのに、それを許さないのが日本人なんだよね。
ま、他の国のことは知りません。

でも、その辺の小学生の時の感じ、というのは、この「意識高い系を揶揄する」に結局はつながってる気がしますね。
成長してない、と。
ま、成長してもらったら困るんですよね、奴隷を飼ってる側は。
この成長してない感じ、万々歳でしょうね。

ま、「あの人掃除してません!」というのは「危ない人」。
意識高い系とこの「危ない人」、確かに政治を語る人に対してそう思ってる人は多いと思います、という話でした。

それがリアルなんじゃないですかね。
だからこそ、ここまで我々の生活はメチャクチャにされてるんですよね。








(BGM:非常階段「腐食のマリィ」from「終末処理場」)
→非常階段の初の音源、と言われてる?のかな。
とにかくこれ音がいいのが驚き。
ノイズは苦手だけれど、この「狂気をそのまま音にした」というのはどっかわかりやすい。
非常階段は攻撃型ノイズだったんだよな、と改めて。
それは感情の発露って感じで、ある意味パンクだよな、と思ったり思わなかったり。
スポンサーサイト



<< 監視されています | ホーム | コロナ、インフル、そして子育て… >>


 BLOG TOP