fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

もらえない経験


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ま、ホワイトデーなんてのがありまして。
一応、バレンタインデーと対ですか。

結構昔はこういうイベントごとが嫌いだったので、プレゼントとかってあげたこともなかったんです。
やっぱ、クリスマスとか絶対介助だったしね。
ボランティアの時代はそうなるんですよ。
みんな入ってくれない。
だからまあ、なんかクサクサした気持ちでしたね。
ジョンのWAR IS ONERなんかが流れてきて、世の中が盛り上がれば盛り上がるほど、どんどんクサクサして。
若い頃、好きだった付き合っていた女の子とも介助介助で疎遠になって事実上別れてるみたいな感じだったわけだけれど、その彼女も誰かに誘われたりしてJR東海とか乗ってんのかな、とか。
「きっと君は来ない」じゃなくて、俺が行けねえわ、みたいな。
そういうこと考えるともうクサクサするんですよ。

バレンタインも同じで、誕生日も。
あまり好きじゃなかったです。
そういう自分の雰囲気があったのか、当時は、といっても20年前とか、井上たちが来る前はあまりプレゼントをどうこう、ってのはあまりウチの中でもなかったような気がします。

今は当時のこともそうやって客観的に見れるので、なんなら逆にプレゼントやお祝いというのはやった方がいいよな、と思うようになりました。
当時を反省してる、というのともちょっと違う、まあ当時はしょうがなかったな、とも思います。
24時間介助していた時代が長かったし、その間に付き合っていた女の子のこととかもいろいろあったし。

とにかくその辺はアキのチカラがありましたね。
アキはとにかくみんなの誕生日を覚えていて。
「他の記念日はいろいろそれぞれ事情があるかもしれないけど、誕生日は祝ってもいいだろう」ってことらしい。
だから、誕生日の朝におめでとう、を必ず言う、と。

そういうことがあまり出来てなかったあの時代にアキがそういうことを繰り返した結果、今やなんかお祝いが当たり前、みたいな感じにもなって。
手の込んだサプライズだとかも横行してますよ。
横行て…。

バレンタインと言えば、昔に、「チョコをもらいたい!」という井上やつのちゃんと計画を立てまして。
ホワイトデーに先にあげれば、来年のバレンタインにはくれるんじゃないか作戦を決行したこともありましたね。
その時は手作りでチョコを作ったんだったか、俺もよくわからない中、付き合って彼らとがんばって作ったりしましたね。

で、今年のホワイトデー。
バレンタインに何かをあげた人は数人ですかね。
全員にあげる、みたいなことはしません。
昨年もらった、とか、この人に合う某かがあった!とか、ちょっと今いい感じだから、とかいろいろな理由、というか気分ですかね。
アキと一緒にそこは考えるんですけど。

つのちゃんたちも、基本的にはあげたらきちんと返してくれます。
もらいました。
ありがたい。
こういうやり取りってのは、どっかその人とより近くなりますね。

それと今回は、なんだか「みなさんに」なんてもらった感じの人にも返していたようです。
コバやコウヘイは、ホワイトデーの数日前に、ザキと仕事後に買い物に行ったりしてました。

こういう「もらいっぱなし」じゃないのはいいなあ、と思っていて。
ともすると、知的障害者である彼らは、「もらいっぱなし」になりがちなんですよ。
もちろん、くれる方は、お返しなんか考えずにくれているんだと思います。
でも、受け取ってやってください。
彼らなりの「ありがとう」なんで。

そしてね、仕事後に、どれにしよう、なんて考えて、まあ予算もありますね、そういうことを考えて買い物ができたのも、なんか嬉しいじゃないですか。
もらって、お返ししようと思わなければそんな経験できないわけで。

それとやっぱり、さっき全員にはあげない、と書きましたが、知的障害者である彼らは、そのコミュニティとかで、大袋で何かをもらったりはすると思うんですけど。
きっとね、「もらえない人がいたら可哀想」って、みなさんは思ってのコトだと思うんです。
けど、やっぱね、そこは「もらえない」ということから始まるストーリーというのが必ずあるんですよ。
先に書いた「先にホワイトデーにあげちゃう作戦」とか。
そういうのも楽しいじゃないですか。

だから、「もらえない人」がいた方が面白い。
面白いし、未来がある。
最初からもらえてたら、そんな風にがんばったりする必要ないわけじゃないですか。
その経験だって、俺はとても尊いと思っていて。

だから、にじ屋とかでもいろいろくださる方がいますけど、ピンポイントでいいんです。
「あなたにあげたい」でいいですからね。

ぜひ、来年は推しの店員にピンポイントでチョコをあげてください。






(BGM:AUTO-MOD「世界が崩れ始めた其の日 若しくは君の死と共に」from「AUTO-MOD」)
→これはどっかバジワークシアターっぽいか。
こういうブリッジみたいな曲、って、これはエンディングの曲だけれど、が入ってるの、オートモッドっぽくて好き。
バジワークシアターの音源と、ジュネティックブードゥーの音源はCD化してもらいたいんだけどなあ。
スポンサーサイト



<< 深く考えないことです ★ 映画 「変な家」 | ホーム | 人気が出たときに >>


 BLOG TOP