fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

仕事ができるようになりたい、は尊いが


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら




にじ屋の店員たち、まあネットと呼ばれてますが、障害者生活ネットワークという正式名称なんですが、そこの来年度方針を考えるとのことで。
いろいろ会議で出ていたんだけど。

その過程で、わからないことは聞いた方がいい、とかってのが出ます。
そりゃそうなんですよね。
毎日それはそう言いますし。
つまりはまあ、できないことが問題なんではなく、ということをこっちとしては伝えたいんだけど。
できるできないじゃなくて、みんなで力を合わせてにじ屋をやりたい、という
でもまあ、彼らの中では、「聞いてできるようにする」という風にも捕らえられるわけで。
つまり、結局反転して「できるコトが大事」ということになってしまっていたのかな、とちょっとその論議を聞いて反省したんです。

コバは来年度に向けてやっぱ「できるようになりたい」というようなことを書いていて。
つまり、コッチの伝えたいことを反転して捕らえちゃったんだな、ということなんですが。
でもまあ、こっちが思う風に、「できなかったら言えばいいや」という風なことを書いている人もいて。
つまりまあ、ちょっとそこで「逆のことを言ってるんだよ」という風に整理したら論議できるかな?と思ったりしてつついてみたんですけど。

でもまあ、これって難しいんですよね。

彼ら、当時は養護学校という名の学校に行っていたわけですが、けっこうその当時から職業訓練的な感じはほの見えていたんですよね。
作業の時間も「黙って作業する」とか。
なんなら井上は「社員の人に聞いちゃいけない」みたいな感じのことも言われていたらしく。
…って、まあ、井上の記憶なんで、そういうことじゃなかったのかもしれないけど、とにかく「できるようになれ」という教育方針ですね。

ま、大きく言うと、新自由主義的なモノに「入れてもらえるようにするために」という感じ。
で、それができる子が、つまり先生の言うことを聞ける子が一般企業とかに就職するわけだ。
ま、それはそれでいいし、そういう風になっていかなきゃいけないんだけど、結局うまくいかない人が多く出て。

例えばオグラがそう。
一般企業に勤めたけれど、もたなかった。
ノブもそう。
結局、黙って作業する、なんてのは、学校の授業の一時間だったらできるし、なんならその他の時間は生徒同士だって先生とだって喋ってるわけですよ。
でも、彼らはなかなか他の社員さんとうまく話ができない。
だから昼食時も孤立する。
で、黙ったまま家に帰って、テレビ見て寝る。
…これ繰り返していたら、そりゃやっぱ病むし、ノブの場合は業績悪化でまず一番にクビを切られた。

ここでもよく書きますが、Aちゃんというツノの同級生がいますが、彼女も一般企業に勤めてはいますが、毎週イチマルのところに届く、いや下手すれば毎日届くこともある手紙を読んでも、なんだか彼女の新しい生活は全く見えてこない。
希望も明日もないし、仲間もできない…。
むしろ、どっかこの手紙がSOSに読めるほど…。

もちろん、それは養護学校時代の話だから、今は特別支援学校とかなんとかに変わって、中身も変わってると思うし、もちろん世の中の企業も変わってきているとは思う。
でも、大手はそれでやっていけても、なんやかんや中小がウマくいってるかというとやっぱ疑問である。
掃除だったり、町工場だったりに勤めることになることが多いと考えると、状況は変わってないようにも見える。
もちろん、いろいろすばらしい取り組みも一方であるから、そこには期待したいし大いに敬意を表したい。

で、ちょっと話を戻すと、やっぱコバなんかは、まあ家庭の事情もあったんだけど、とにかく「先生の言うことをきく」んだよね。
だから、「仕事ができるようにならなきゃダメなんだ」という教育方針の下でずっと学校に行っていたら、やっぱそれって抜けないのね。
彼の場合は親もそういう感じだったからなおさらだけど。

でもまあ、どうですか。
新自由主義的なモノに「入れてくれ」じゃなくて、もうそういうことを解体していかないとダメな局面まで来てると思うんですよ。
むしろ、コバが、オグラが楽しく仕事ができる、できなくても聞いて仕事をしていけばいい、という風に楽しく毎日を送れることの方が、なんだかその新自由主義的なモノよりも一歩進んでるような気がして。

たくさんの人が、障害者といわれる人じゃない人がヒーヒー言って物価高にあえいでいる昨今、そもそもこの社会のシステムがおかしいんじゃないの?と。
8時間働いたら生活できる給料は払われなきゃならないんじゃないの?というか。
あえて今、そこに「入れて下さい」という意味はあんまりないと思うんだよね。

もちろん、「そんなの甘い」と言われるのかもしれない。
でも甘いですかね?
ダブルワークでやっと子どもに食わせられる、って世の中、やっぱおかしくないですか?って俺は思っています。

もちろん努力は尊いですが、俺は努力するなら今の世の中のシステムに疑問を呈す方に努力したい。








(BGM:仙台貨物「うまなみで。」from「うまなみで。 / 絶交門」)
→これはもう方言ロックの第一人者と言っていいと思うんだけど、基本とても下品なので、なかなかメジャーには上がっていかないかと思うが、俺は好きですね。
某ビジュアルバンドの変名バンドってことらしいけど、いや、俺はコッチが好き。
スポンサーサイト



<< イモイモイモ… | ホーム | Aの話をYとした話 >>


 BLOG TOP