fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

単純に単価上げなきゃ未来はないんだけどなあ


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら




まあ、訪問介護の単価が下がったという話がありまして。
でも他を上げるのでうんちゃらかんちゃら、という。
高齢化社会に向けて、ヘルパーを確保しなければならない状況で逆行する政策を打ち出す政権ってなんなのか?って気がします。
訪問介護の事業所は200カ所以上が廃止したとか。
地域包括ケアシステムなんて言いながら、まあ絵に描いた餅であります。

ヘルパー人口も減ったようで、この先どうするのか。

ま、簡単に言えば、ヘルパーの賃金を上げるしかないんですね。
賃金を上げれば人は集まる。
これはもう単純にそれだけなんですよ。
やりがいとかそういう問題じゃなく、賃金を上げる。
人が減って困っているのなら、それしか方法はない。
というか、それをまずやらなければならない。

なんだか権利であるはずの福祉がサービスになって、事業所がやる、企業がやる、みたいなことになって、どっかみんな誤解している部分があると思うんです。

というのは、福祉に関しては、もう国から出てくる単価の問題でしかないんです。
そこが唯一の財源と言っていい。
つまり、あとはもう利用者からの利益を考えるしかない。
とはいえ、そもそも利用者って、金がある人ばかりじゃないですから。
というか、ヘルパーという事業に関しては、利用者から上乗せして特別に金を取るとしたら、別のことをやらなきゃならなくなります。
それはもう福祉ではなく、商売ですね。

前に、福祉の分野も民営化、なんてコトになった時、こんな問題が指摘されました。
例えばヘルパーに行ってる家で、家電が古くなっているとする。
そうしたら、その家に家電を紹介する、みたいなことができるようになる、と。
その家の人も、世話になってるヘルパーのオススメだから断りにくかろう、というね。
ま、利用者としては罠にかかった感じ、という。
なんかもう、商売っ気すごいわけですが、例えばそんな風に「稼ぐ」ってことをしない以上、まあ国からの介護料しか財源はない。

よく言うのは、「人を(利用者を)増やせばいい」というんだけど、いや、その人の分を結局雇うわけだから、それってちょっとおかしな話で。
つまり、人を増やして、ヘルパーを掛け持ちさせる、みたいなことだから、その利用者にとって果たしてプラスになるか?っていうと違う。

つまり、先の家電の話にしても人を増やす話にしても、どっちにしろ利用者目線ではないんです。
あくまで「商売」としての話で。
そうなっちゃうと、そもそもの「権利としての福祉」って誰のための権利か?って話になってきますよね?

ま、つまりですね、とにかく介護単価は上げるしかないんです。
じゃないと、ヘルパーは減り続けるでしょう。
というか、事業所もどんどんつぶれてしまう。
けっこういろいろなジャンルでツブれてますね、保育所とかもそうだし、学童とか、そういう。
まあ、そりゃそうですよ。
福祉なんかやってみたら儲かるわけがない。
そのしわ寄せが現場のヘルパーに行ったりして、結果として労働環境は悪くなる。
そうなれば人はなおさら集まってこない、という悪循環。

今まあ、そういう状況なんじゃないかと推測されるわけだけれど。
一昔前なら、高齢化社会に向けてヘルパーの資格を取っていれば何とかなるんじゃないかと思った人も多いかもしれないが、それも幻想だったな、という。

ちなみに、今加算とか言われていてそういうのでなんとか保ってるというのが現実で。
まあ加算と言ってる時点で怪しいわけですよ。
いつ切られるかわからない。
加算は単価の方にすればいいのに、それをしないというのは、そもそもおかしいんです。
しかも、ヘルパーの資格だったりを取れば上げるとかになっていて、まあそれはある意味正しい気もするかと思うけど、実際、ヘルパーの事業所とかだと、「資格あまり取られちゃうと給料上げなきゃならなくなるから取らないで」という話もあるというね。
それと、あまりココでは論を広げないが、なにより資格がそのまま利用者のためになるかというのも疑問もある。

ま、つまりは単価を上げろ、って話で。
単価が上がらないというのは、これね、例えば来年の給料を上げられない、ってことなんですよ。
毎年上がっていってもらわないと、なかなか上げられない。
つまり、ベテランを切らざるを得なくなる、と。
ようやっと派遣先で慣れている人の給料を上げられない。
そうなると、いくら腕を磨いても給料が上がらないってことになるから。
辞める一歩がここにありますよ。
というか、そんな未来のない職場に飛び込もうという人もいないでしょう。

決まった単価の中で毎年やるとすれば、新人の時の給料を抑えてベテランに回すしかない。
そもそも新任の人の給料が安くなる。
どころか、みんなベテランになっていくわけだから、いつかは破綻する。

ってかね、まず介護職の人の給与がそもそも安すぎますよね。
同年齢の労働者と比べてかなり低いというデーターがありますよ。

福祉のことになると、一斉に「財源は?」って話になっていくんだけど、いやいやいや、財源も何も、このままじゃ介護が破綻する。
資格だけが残って破綻するという矛盾。
それでいいのか?って話。
高齢化社会になるのは見えてるのに、という話ですよ。

結局は要介護者の自由を奪って大量収容型の施設の時代に戻るしかなくなる。

福祉とは誰のためのモノか。
資格業者のものでもなければ、商売で福祉やってる人のモノでもない。
本人のためのモノなのに。





(BGM:404「Wheel」from「大韓不法集会」)
→同じようなギターのリフに、ボーカル、その他の楽器が乗ってくる。
そこに呪術師のようなボーカルが力強く響いてくる。
YBO2にこんなのあったような…といったら怒られるか。
しかしこれ、現場で聞いたら昇天しそうな勢い。
スポンサーサイト



<< 敬語を使わないすごさ | ホーム | 司会問題 >>


 BLOG TOP