fc2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

政治家のような言い回し


【リンク】虹の会本体ホームページ虹の会本体ブログスーパー猛毒ちんどんフェイスブック虹魂的障害者自立生活ミツのホッサ日記PLUS井上のリーダーズブログ筋ジストロフィーの花屋・漆黒ブログ
【YOUTUBE】スーパー猛毒ちんどんチャンネル
スーパー猛毒ちんどんシリーズ介助者大募集シリーズ知的生涯シリーズ影の声シリーズ

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





例えばこんなことがあります。
「これ、●●したの?」と聞くと、その●●をし始める、みたいな。
「ちゃんと挨拶した方がいいんじゃない?」というと、「おはよう」とか。

これ、まあまず答えてもらいたいんですよね。
「●●したの?」と問えば、まず「してない」とか「した」とか。
その上で、「じゃあやっちゃおうか」ということになるわけで。
挨拶も同じで、「そうね、した方がよかった」となってから、「じゃあ、キチンと言おうよ」となって、「おはよう」を言えばよい。

これってなにもコバたちだけじゃなくて、若い職員とかもそうなんだけど。
それ、違うじゃん、というのはその場その場で言うんですが。

まず、きちんと答えよう、という。

やっぱね、会話って大事なんですよ。
「おはよう」を誰かが来たのに言ってない、というのは、やっぱよくない。
だから、「今挨拶した方がよかったんじゃないの?」と聞いているのに、「おはよう」というのはやっぱりおかしい。
「挨拶した方がよかったよね」というのが答えになるはず。

そういう会話を大事にしたい。
どっちにしても、冒頭の二つの問いは、あくまで問いなんですよね。
質問。
だからそれに答えないと「話を聞いてないじゃん」ということになる。

これ、例えばイチマルなんかはキチンと答えてくれるんです。
「●●したの?」と聞けば「あ、やってねえな」となって、「じゃあ頼むわ」となる。
スムーズな日本語の会話って感じがします。

が、特に他の作業所から来た人とか、他の会社から来たという場合、なかなかそうならないんですよ。
「●●したの?」と聞くと、下手すると「すいません!」とか言ってやり始めちゃう。
いやいやいや、そうじゃなくて、したかどうかを聞いてるから、まずそれに答えてよ、と。

「●●したの?」が叱責になってしまうというのは、やっぱどっか日本語がおかしい。
あくまで質問は質問。
それ以上の意味は持たせてはならない、とも思ってて。
それは忖度させない、ということでもあります。
忖度自体、まったく気持ちが悪いとも思っています。

やらせたいなら、「●●やって」といえば済む話。
そうじゃない状況、つまり、やってるかやってないかわからないから、とりあえずやったかどうかを聞いてる。

俺は会話をしようと思っています。
カブキとも、オグラとも。
だから、会話を冷静になり立たせるためにいろいろ言葉には気を遣う。
そういう流れでもあるんですが。

特にまあカブキとかはすぐそうなっちゃうんで、アキが今言ってるのは、「とりあえず、あ~失敗しちゃった、って言えばいいんじゃない?」という。
それが段々進化?して、「あ~失敗失敗!」と笑顔で言おうよ、と。
うまく出来なかったことは取り返せばいいわけだから。
それを明るく言っちゃおうよ、と。

ま、「弱点を見せよう」ということなんですけどね。
失敗したら、「あ~失敗しちゃった~」って笑えたらいいんじゃないか、って。
そういう集団でありたい、と。

イチマルはそういう意味で、もうそれを隠すことはない。
「オレ出来なかったんだよね~」とすぐに笑って言ってくる。
一方、井上なんかはリーダーを自称して「出来なきゃいけない」という呪縛があったから(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-6501.html)、出来ない、を言えなかった、と。
でも、今は言えるようになって、自分のコトが前より好きになった、みたいなことを言っていて。

つまりはやっぱ弱点や弱みを見せちゃおうぜ!って。
笑って言おう!
笑って受けよう!っていう。
ま、そういうことを年度末なんかにネット、にじ屋の総括でみんなと話していたところなんです。

てなことで、まあ先ほどの話に戻りますが、「あ~失敗失敗!」なんですけど。
オグラなんかも言うようになって、よかったな、と思うんです。
それまで、やっぱ上手くいかないことを隠すんですよね。
そうじゃなくて、明るく見せよう、という。
まずそういう「決まった言葉」を作っていくことで、そんな風になっていけたら、と思うんだけど。

ただまあ、なんかカブキも言うんだけど、なんかちょっと明瞭じゃないな、というか、なんか聞き逃せば聞き逃せるが、なんか変だな、という感じで言っていて。

よく聞くと、「あ~失態失態!」って言ってました。

…失態て…政治家かよ、と。
ま、意味としてはあってるが…。








(BGM:ECE「Mud Tower on My Knee」from「大韓不法集会」)
→なんだこのボーカル…。
カッコいい…。
なんとなく不規則で単純じゃないリズムを刻んでくるバックにこの声。
最高にカッコいいじゃないか…。
って、ボーカルと言っていいのか、合いの手?
途中から変拍子っぽくなるというか、変拍子ではないんだけど、う~ん、日本のバンドで言えば、洗練されてない八十八カ所巡礼みたいな。
違うか…。
例えようがあまりないな。
このアルバムに関してはぜひ入手して聞いて欲しい。
スポンサーサイト



<< エピソード0 ★ 映画 「貴公子」 | ホーム | 敬語を使わないすごさ >>


 BLOG TOP