FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

長い人生5分や10分急いだところでなんになる!★好きすぎるTVドラマ

スーパー猛毒ちんどん01
10/9(SAT)、18時30分開場、19時スタートで、さいたま芸術劇場でスーパー猛毒ちんどん単独公演を軸としたイベント「殴りあい~せめてオレたちもリングに上げろ」開催決定。
今回は、歌モノだけではなく、構成劇的なものなども含んだ2部構成で行います。
テレビ取材等、諸般の事情もあって、今回は入場無料で行う形となります。
チケットに関しては、8月上旬より配布。本ブログでもチケット受付をします。本ブログのコメントか虹の会本体HPから電話・メールで問い合わせて下さい。

スーパー猛毒ちんどんでは、出演・演奏できるステージ等をさがしています。情報等よろしくお願いします。
昨年の公演のDVDを配布しています。詳しくは虹の会本体のHP内のブログを捜してもらうと、配布方法等書かれています。また、コメント等で返してもらえばお知らせします。
また、参加したいという人、特に管楽器ができる人を募集しています。詳しくはコメント等下さい。




今日はカズミとアキがアイスリボン道場の日だったので、蕨まで一緒に行ったんですが。
行きの車の中でカズミが寝ていたので、アキとしゃべっていて、何の話かというと、「悲鳴の?!」の話。

わかりませんね。
何の話か。
もうちょっとわかりやすくいうと、「悲鳴の?!」は上がり調子で言います。

当ててほしいので、何の話か、もうちょっとヒントを出していきます。
①「あの馬鹿! ゆきよー!」
もうわかりましたか。
②「今から、このクラスで一番うでっぷしの強いやつと決闘しようと思います」
もうわかりましたね。
③「こいつ、高校行かないっていってたから」
④「こっから先は、私を殺してから行きなさい」
あー、これはもう名場面だ。
⑤「荒川の川風も…」
泣くな、これは。
⑥「ヒデキー、姉ちゃんももらったよー!」
⑦「親子で違う仕事ができるってのが、そもそも幸だせって…」
⑧「母親を泣かせるのは生まれてきたときだけで十分だ!」
⑨「かーらーすー、なぜ泣くのー」「夜中だぞ!」
⑩「さ、われわれの監護能力を適切に判断してください」

ま、ここまで書いたらわかると思いますが、書き始めたらもう止まりませんね。

あ、わからない?。
じゃあ、最後です。

「たきたとしき君」

いくらなんでも、これは固有名詞が出てきてるから、わかるでしょ。
そのほか、固有名詞で言えば、フラワーボックス、ボクトウ工業、などなど。


あれ?まだわかりませんか。
じゃあ、もう、一般的にはこれか、やっぱ。
「謝れっていってんだよー。卒業式まであと5日だー」


というわけで、この話はし始めたら、俺は一切止まりません。
もう30年くらい前のドラマですけどね。
だいたいの台詞も今でも言える感じであります。
っていうか、DVDボックスセットも買いましたから、今でも見たりしますけど。
もう、何百回見ただろうか。
多くの方は、やっぱり最後の3話くらいが印象的だったんでしょうが、俺としては全部の回を満遍なく見ています。

今でも、普段なんか話すときには、ここの台詞から言うことが多いですね、っていうか、ここに出てくること以外、俺はしゃべったことがあるんだろうか、と思うくらいであります。


でも、やっぱり面白いもんで、最初見たのは中学のときだったか、その時と今では泣く場面も変わってくるというか、違う視点が見えてきたりして。

というわけで、今は公演前ということもあって、目が回るほど忙しいわけなんで、ひと段落したら、この話以外は禁止のイベントをやろうと考えています。
参加者にはオリジナルのボクトウ工業Tシャツでも作って配ろうかと思いますが。

と、最後まで意地でこのドラマのタイトルを書かなかったので、書かないまま終わりにします。
わかんない人には、まったく意味のわからない記事になっちゃいました。ごめんなさい。
おれ、こんな風にこのドラマの台詞を言ってるときが、最高に楽しいんです。




(BGM:中島みゆき「世情」from「愛していると云ってくれ」)
→せっかくドラマのタイトル書かなかったのに、この曲にしたら台無しです。
とはいえ、名曲です。
「オレの生徒になんばしよっとか!」ってなことで。
この曲を聴いていると、オレの頭の中では護送車が走り去っていきます。
大好きな曲です。
スポンサーサイト



<< 「脱ゆとり」を考える・その1 | ホーム | パニックとどうつきあうか・前置き その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP