FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

プロレスの奥深さ ★ アイスリボン道場大会

013スーパー猛毒ちんどん
普段はマジメなヨウコですが、ステージでは楽しそうで、とてもステキです。

お願いやお知らせを、以下にまとめました。みて下さい、お願いします。
お知らせ・募集はココをクリック!




今日は昼間、にじ屋大放出月間で出す30円おもちゃをセコセコと仕分けしたりして、まーめんどくさい!、ってそんなこといっちゃいけませんけど、まあ細かい。
でも、かなりイイモンが混ざっていますので、ぜひみなさん金曜からのにじ屋で掘り出してみて下さいな。

で、夜はアイスリボンの道場大会に、いろいろと事情もあってハルナっちと二人で行くことに。
いろいろ盛りだくさんの大会でありまして。
3/21後楽園でのビックマッチを控えていろいろ動きがあったり、タイトルマッチもあったり。
お客さんは超満員でした。
そんなに行ってるわけじゃないけど、こんな満員の道場大会は始めて見ました。

というわけで、練習生VS練習生のエキシビジョンから始まりまして、練習生VS練習生ということでどうかと思ったけど、思ったよりもプロレスになっていたんじゃないかな。
確かに多少から回っていた部分があったにせよ、気迫が見えたというか、まあ、から回るのは練習生だから当然なんだけど、でも気迫が勝ってたと思う。
逆エビで固められた時に「動けー」とかお客さんからもけっこう声援が飛んでいたと思うし、ドロップキックにどよめきとかもあったから、なかなかの出だしなんじゃないかと思いました。

そして、なんと言ってもこの日はメインでのシングルベルトのタイトルマッチ。
挑戦者ちい選手VS王者藤本選手。
俺としては、ちいちゃんに勝って欲しかった。
ちいちゃんは、とにかく小さい。
背が小さいんだな、とにかく。
だけど、下半身の安定具合とかはコスチュームの上からでもよくわかる。
ただ太いということではなく、きちんと筋肉。
それだけ練習しているということの証明ですね。

それと、だいたい小さい選手は空中殺法的なことになりがちだけど、ちいちゃんは、グランドというか、関節とかもうまいし、丸め込みのパターンも多いと思う。
スピーディーでもあって、なんていうのかな、けっこう通好みのレスリングをしてくれるというか。
だから、俺はすごく期待していたんです。

けど、負けてしまった。
つっか(藤本)選手もイイ選手だと思うんですが、どうも線が細い感じがして、もちろん腹筋なんかを見るとすごく鍛えているのはわかるんだけど、プロレスの筋肉の付き方とはちょっと違うというか。
というか、まあ体質もあるんだよな。
どうしても太れない人がいるように、筋肉もつきにくい場所とかあるし。
だから、安定感、通好みのレスリングテクニック的なこと、などなどを総合してレスラーとしては俺はちい選手をおしたいところなわけです。
とはいえ、やっぱルックス的にはつっか選手の方が勝っちゃうのかな、みたいなところもちいちゃんを応援する一つの要因でありました。
男子レスラーだと棚橋選手が好きな俺ですが、女子レスラーだと美人とか「いいルックス」は基本的に逆に応援したくない要素になってしまうという、よくよく考えたら女みたいだな、俺の趣味って。

まあ、負けてしまったけど、なんだろう、負けても平気、というか、いや、負けても絵になる、というか、負けも飲み込めるプロレス的ブラックホールがちいちゃんにはある気がするから、まあ負けてよかったのかもしれない。
だって、つっか選手が負けたと考えると、なんか「落ち込むつっか選手」という絵しか浮かばないというか、なんかそれだけ、って感じがするというか。
そういう意味では、ちいちゃんの方がプロレス的に奥深いという感じがするわけでありまして、って、個人的な感想ですよ、あくまで。
それに、まあどっちにしてもちい選手は上に行く選手だと思う。
だから、そんなに今は負けても心配がないというか。


というわけで、今日はエキシも入れると全5試合、最後にはKAIENTAIのTAKAさんまで登場したりして、なかなか見応えのある大会でありました。




(BGM:中村中「事勿れ主義」from SINGLE)
→この人に関しては、前に書きましたけど(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-117.html)、女囚サソリの主題歌があまりによかったんで。
でも、それは音源化されていないようで、それはすげえ残念なんだけど。
で、それから気になって、中古で安いときには買うことにしています。
これはシングルで3曲入っているんだけど、どれも表情が違って、なかなかバラエティに富んでいる。
振り幅が広いんだな、きっとこの人は。
スポンサーサイト



<< あの時が「人生の分岐点だったな」、と思う、という話 | ホーム | ハルナっちの「生きてるだけでまるもうけ」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP