FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

それはそれはメガトン級の! 目にクルね、もう。

+000スーパー猛毒ちんどん47
ローディーも兼ねる藤井組のみなさん。
機材積み込み風景。

お願いやお知らせを、以下にまとめました。みて下さい、お願いします。
お知らせ・募集はココをクリック!




コバは、食生活の改善ということで、前日に食べた物をトミザワにチェックしてもらっているようで、毎朝早く来てノートに献立を書いています。
コバは元々食事を作るという発想がなかった人なので、全部がお弁当になっちゃう。
そこで、まず味噌汁くらいは作ったらどうかということで、外口さんが教えてくれたようなんだけど、その具がイカしている。

普通の「豆腐」という時もあるけれど、チンゲンサイね。
中華風ですけど、まあいいですよね、ウチでも時々ある。
レンコン。
う~ん、皮はむいたんだろうか、とかいろいろ思っちゃいますけど、まあ、具としてはありですよね、うん。
そして、存外出てくるのが、ブロッコリー。
期せずして和と洋の融合。
まあ、それでも、俺の発想の中にないだけかもしれない。
実際入れてみればうまいかもしれないな、と思います。
それに、温野菜的なモノを摂ろうというのも、発想としてはすばらしいのでいいと思いますが。

しかし、この間は、びっくりしたな。
「うどん」
ぎゃははははははは。
それは、味噌汁というより、味噌うどんである。

でもまあ、飽くなきチャレンジ精神、俺はすごく素晴らしいと思います。


話変わりまして、昨日は市丸とカイのプチ家出につきあって、一緒に泊まりました。
普段は気になってるけどどうしようもなかった風呂の様子もよくわかりました。
洗っていない。
身体をなでている。
というわけで、一年分くらいの垢が落ちるくらい力一杯こすってやった結果、なんとなくつるんとしました。
まあ、あとは身体的な特徴とかね、そういうのはやっぱり風呂にはいるとわかるもんで、タマキンとか。
それでその昔、どっか泊まったときに市丸の脱腸破裂寸前を発見したりもしましたし、ノブの無呼吸もそれで発覚したり、やっぱり昼間来ているだけではわからないことはたくさんあるわけであります。
そういう意味でも、こういう機会は重要だな。

まーとにかくそれはそれとして、市丸の足の臭さといったらメガトン級であります。
おれはちょっと二人に遅れて行ったんだけど、部屋中臭い。
よくその中で二人テレビを見れてんな、という。
洗っても臭いので、まあ、新陳代謝がいいということなんでしょうけど、飲み屋の座敷なんかに行ったら困るので、せめてメガトン級から普通に臭いくらいにしないと、他のお客さんに通報されかねないな、これ。


というわけで、カイはすぐ寝ちゃったんだけど、その後部屋を真っ暗にして市丸と「呪怨」のビデオを見ながら寝ました。
さすが、いやあ、やっぱよくできてる。
オレはハリウッド版呪怨がもっとも恐いと思ってるんだけど、やっぱこのシリーズは無敵だな。
市丸は途中で寝ました。

朝は二人ともすぐに起きて、コーンフレークとかバナナを食ってネットに。


そういえば、寝てちょっとしてから、なぜかエアコンが作動していたりして、市丸はやってないというので、もしかしたらカイがやったのかもしれないけど、呪怨のせいかもしれません。




(BGM:間寛平「大阪で生まれた男」from SINGLE)
→オレは基本的に間寛平さんが好きです。
この曲は、あの曲のカバーというわけではないけど、ちょっと音符的にひっくり返した感じではあります。
これは「引き留められなかった男」のお話。
オレは東京近郊育ちなんですが、この「大阪感」にすごく憧れるところがあって。
昔、三原さんとよく週に何度もあっていたころは、三原さんが実家に帰って戻ってくるとなんとなく関西弁になっていて、なんかすごくうれしかったなあ。
スポンサーサイト



<< 偉そうに言ってますが、自分たちもまだまだまだまだなんです・その4 | ホーム | いろんなクリスマスのお話 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP