FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

ま、言いたいことはたくさん伝わってきますのでOK

映像ディレクター中村明氏により、我が「デスマーチ重戦車軍団・スーパー猛毒ちんどん」を題材にしたドキュメンタリー映画が完成!。
タイトル「凸凹に膨らんだ風船」。
6/12(日)完成披露試写会あり。

詳しくはここをクリック!


スーパー猛毒ちんどん過去写真41
一部にはかなりひんしゅくを買いそうな扇子ですな。


その他、お願いやお知らせを、以下にまとめました。みて下さい、お願いします。
お知らせ・募集はココをクリック!




○の表のことは前にも書きました(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-770.htmlに写真あり。その他いろいろ関連記事あり)。

最近、この表で「腹筋」が流行しています。
なぜかというと、市丸がなぜか「毎朝腹筋50回」という課題にしたところ、腹筋が割れてきたんです。
それを見て、人はいいました。
「いやいやでも、毎日やってれば腹筋は割れるのである」と。
やっぱり人はぶよ~んとした腹よりも、カッコイイ腹筋に憧れるモノで、「市丸にできるのなら俺にも!」という人が続々と出てもこれ不思議ではありません。

こういう時に思うんですよね。
給料時に「封筒わけ」、というのもやっていますが、これは「余計に使いすぎてしまう」ことをなんとかやめて飲み会やカラオケに使いたいというアサカから始まってみんなに波及したことなんであります。
実際には、井上やタカノブといったリーダー格の連中もその封筒わけに今習っている。
正直、集団のヒエラルキーの下の方なわけです、アサカとか市丸っていうのは。
でも、そこから集団は学ぶこともあるというか、そっちの方が多い。
つまり、ヒエラルキーなんていうのは、集団を維持するための三角形であって、本来はそういうこととは無縁に、影響力のあるヤツはやっぱあるんです。
逆に言えば、リーダー格のヤツなんていうのは、本当はリーダーかどうかわかったもんじゃないというか。
つまり、そんなに集団の中で俺は下の方にいる、というようなことで思い悩むのはあまり意味がないということで、ぜひとも世の中のみなさんにもこの辺も踏まえて毎日張り切ってがんばってほしいと思うんです。
市丸やアサカのように。
そして、今、ネットではそういう集団づくりができていることを、俺はとてもすばらしいことだな、と思っています。

リーダー格と言うだけで他の意見を潰してしまったり、専従が言ったからとか、健体者が言ったからとか、そういうことで判断するのではなく、自分に有用な情報を取り入れていく。
その情報に上下はないというか、そういう感じかな。
なかなかいいことだと思うんですが。

逆にね、市丸ががんばってるのに、いつも市丸をバカにしているヤツがそれでいいの?って時々語りかけてやると、やっぱみんな気持ちがしまる。
なんか、いろんな人がいて自分ががんばれるというのはとてもステキなことです。


ま、そういうことはいいんですが、まあ、○の表は個人個人で書きますが、井上の表にはこんなことが一番上に書いてありました。
「筋内 60円」
ぎゃはははははははははっはげぼっげぼ。
肉屋さんか。キロ単位か。
まあ、腹筋60回、と書きたかったようです。

そしてやっぱハルナっち。
「腹筋・30・春」
ぎゃははははっははあああげぼっ…ふぅ。
天才バカボンの終わりの唄か、それは。

そして元祖市丸の表といえば「ふきん」。
ぎゃはははははは。
拭くか、ちょっと漂白したりして。

とまあ、この表、なかなか面白いです。
空いたところに絵を描いているヤツあり、携帯に出る、というのを課題にしているヤツは、表自体が携帯の形をしていたり、まあ工夫があります。

やっぱ、表をきちんと丁寧に書くと、やろう!って気にもなりますからね。


そして腹筋にしても腕立てにしても50回くらいが平均であるのに対して、中には「腕立て111回」、という、まあ当然すげえ人もいます。
全体的な傾向として、マッチョだよな、うちは。
ま、身体を鍛えるというのは、なんにしても悪いことは一つもない。
運動嫌いな俺も、なんとかついていかないとな、と思う毎日であります。


詳細は、もしかしたら虹の会本体のブログの方でも写真なんかが豊富に出ているかもしれません。
百聞は一見にしかずとも言います。
がんばって書いているようなので、そちらもぜひ見て下さいな。





(BGM:立川談春「トーク「父さんとポチ」」from「さだまさしトリビュート さだのうた」)
→これは泣く。
なんでトリビュート盤にこれが入っているのかはよくわからないけれど。
落語一席であります。
しかも、この盤の大トリ。
でも、いい。
これはオレ、また聞いちゃう。
ぜひ、世のサラリーマン諸君のみなさん、オレと同世代のみなさん、いや、すべての人にこの一席をオレはお届けしたい気持ちであります。
スポンサーサイト

<< 「毒霧」を早く言ってみると、「どっきり」だあ! | ホーム | 「この子の思いを受け止めましょう」ということ その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP