FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

満員目指しております ★ 11/2ワンマンきてね!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg




まあ、どうしたってライブ前というのは気もそぞろというか、そんな感じになります。
なにせライブは水ものですわね。
どうなるかわからない。
一応、全力は尽くしているわけだけれど、ひっくり返らないとも限らない。

ま、基本不安症だと思います。
逆に、こういう時に不安にならない人がいるんだろうか?とも思うワケですが。


明日テストだ!とか、運動会だ!とか、まあいろいろありましたよね、子どもの頃から。
でも、けっこう緊張したコトってなかったような気がします。
「ま、テストダメだったらしょうがねえわな」というのが根底にあったんだな、俺の場合は。
というか、別にそもそもテストなんかはどうでもいいというか、う~ん、あまりそういうことを言うと怒られるのかもしれないけど、どうでもいいわな、としかちょっと思えないワタクシ。

就職試験、とかだったらちょっと違ったんだろうか。
う~む。
しかし、俺の場合はやりたいことがなかったので、そんなに緊張したとも思えない。
「ダメだったら別を考えるか」というのが根底にあったという気がします。

ま、どっちにせよ俺の場合は就職試験は受けることなく、というよりも就職したという感じはマッタクなく、大学でやってたことをそのままやってるという感じなので、就職も何もないんだけど。

高校の時にやってたバンドとかでも、そんなに緊張することはなかった。
そもそもがパンク。
笑い飛ばせなくて何がパンクだと思いますし。

なんで、あまり緊張したコトってないのかもしれません。


いや、ものすごい高い壁にぶち当たって、回避困難かと思われるような壁を前にして怯んだことは何度もありますけど、それはちょっと緊張とは違いますね。
それはもうがむしゃらにやれることをやるしかないわけで。

あ、一つ思い出した。
離婚の話を子どもたちにする時は緊張したわ。
でもまあ、それも元奥さんと二人の最後の共同作業、みたいなことで緊張も半分ではありますけど、なかなかもう共同作業が成り立たない状況ではありましたからちょっと困ったところもあったりなかったりではありましたけれども。

あー、もう一個思い出した。
娘が警察にお世話になった時は焦りましたね。
あれは迎えに行く時緊張したわ。

あー!思い出した!
小2の時?かな、クラスでもけっこうかわいかった確か幸田さん?だったかなんだったか名前そんな感じの女の子がバレンタインにチョコレートくれたんですよ。
みんなに、って感じじゃなくて、俺だけに、みたいな感じで。
その時は一気に汗吹き出して緊張したわ。
歩けなくなったの覚えてる。
足もつれちゃって。

あー!あるある!。
なんか、荷物運ぶんで路駐してたらベンツが停まってすごまれた時。
「覚えてろよ」とか言ってたから覚えてますけど、う~ん、特にもう忘れていいかな。

…ま、思い返すに、緊張したことはありましたね。


でもまあ、よくよく考えたら、忘れちゃうほどのことではあるんだよね。
その後、それでどうなったこともなく。
余計な心配なんだよな、たぶん。

といって、それが必ずしもうまく進むと言い切れるかというとそういうことでもなく。
今度こそ、うまくいかない、ということも考えられる。

ま、どうでしょうね、ライブに関しては、やっぱなんとなく「責任」みたいなことを考えたりはします。
一応、プロデューサーなわけだから、俺がしくじるというのは、全体が失敗する、ということでもあって。
音楽的な面はたぶんなんとかなると思うんですけどね。
その他の面ですよね。
いろいろ不安はぬぐいきれないところはあります。

ただまあ、毎回こんなこと思ってるのは事実で。
でもまあ何とかなっちゃってるのも事実で。

ま、できる限りヌケがないように準備して、当日に臨みたいと思っています。

ホント、練習においてはすごくいいデキなので、そこに心配はないんで、あとはみなさんに来てもらうばかりであります。

あ、そうそう、お客さんが集まるかどうかが一番緊張する点だったわ。
満員御礼で行きたいなあ。






wannmannblog.jpg

(BGM:向井秀徳「PINK TV」from「タダダー ! トリビュート 私服刑事」)
→これすごいなあ。
何拍子なの?これ?
こういうの、やりたいなあ。

11/2土曜、あとはあなたが来るだけだ!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



どうしても11/2土曜は渋谷に来てほしいので、今回はライブの写真を一気にいこう。
知的障害?んなことはどうでもいいよ、もう。

de01 (1)

de01 (2)

de01 (3)

de01 (4)

de01 (5)

de01 (6)

de01 (7)

de01 (8)

de01 (9)

de01 (10)

de01 (11)

de01 (12)

de01 (13)

de01 (14)

de01 (15)

de01 (16)

de01 (17)

de01 (18)

de01 (19)

de01 (20)

de01 (21)

de01 (22)

de01 (23)

de01 (24)

de01 (25)

de01 (26)

de01 (27)

de01 (28)

de01 (29)

de01 (30)

de01 (31)

de01 (32)

de01 (33)

de01 (34)

de01 (35)

de01 (36)

de01 (37)

de01 (38)

de01 (39)

de01 (40)

de01 (41)

oo01.jpg

oo02.jpg

oo03.jpg

oo04.jpg

de01 (46)

de01 (47)

de01 (48)

de01 (49)

de01 (50)

de01 (51)

de01 (52)

de01 (53)

de01 (55)

de01 (54)

de01 (57)

de01 (56)

de01 (58)

de01 (59)

de01 (60)







wannmannblog.jpg

(BGM:OVER SKA DRIVES「すいみん不足」from「スカニメーション」)
→すごく才能のある人たちなんだな、というのがよくわかります。
きちんとスカになっている。
センスもいい。
メジャー感がすごい。

さあ、11/2土曜、出航だ!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



普段の写真を見てたら、こう思ったわけよ。
俺たちの仲間に入らないなんて、どうかしてるぜ!

とりあえず、ちょっと普段の写真をさがす機会があって、ついでにいろいろザッと選んでみた。
10月の写真を中心に、スピードもって載せてく!
みんな、11/2土曜、オンボロのグローリー号に乗れ!
渋谷ロフトヘブンで待ってる!

01_201910221029109af.jpg

02_20191022102912a45.jpg

03_2019102210291359b.jpg

04_20191022102914a96.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08_201910221029193de.jpg

09_20191022102921230.jpg

10.jpg

11_201910221029247b5.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15_201910221029337dc.jpg

16.jpg

17_2019102210293625a.jpg

18.jpg

19.jpg

20_20191022102940ae4.jpg

21_201910221029512f4.jpg

22_20191022102953c33.jpg

23_20191022102954a0e.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27_20191022103000852.jpg

28_20191022103002be8.jpg

29_20191022103003756.jpg

30_2019102210300599c.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg

40.jpg

41.jpg

42.jpg

43.jpg

44.jpg

45.jpg

46.jpg

48.jpg

47.jpg

49.jpg

50.jpg

51.jpg

52.jpg








wannmannblog.jpg

(BGM:うつみようこ「待つわ」from「スカでヒッパレ ! 昭和歌謡 Vol.2」)
→安定感、ですねこれは。
もうちょっとスカ感あってもよいような気もするが。

11/2は渋谷にどうぞ!最高に楽しいライブやるよ!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



ワンマンライブは、ずっとやってませんでした。
というのも、まあギターが変わったとかそういうこともあったわけですけど、腰が上がらなかったというのが大きいかな。

ワンマンは、自分たちの世界観爆発でやれるし、タイトルから例えば客入れの時のBGMからなにから、好き勝手やれるでしょ。
この辺は、ものすごく、クリエイティブだし、楽しい。

けれども、やっぱ辛い部分もあって。
というのは、まず会場押さえたりとか、そもそもお客さん呼ばなきゃならんでしょ。
いや、普段どこかに呼ばれたって、お客さんを増やす努力はものすごくしますけど、なんか「背水の陣」という気持ちになっちゃうんですよね。


どうなんですかね、どうやったらお客さんが集まるんでしょうか。
…いや、そんなのわかってたら、みんなやってるよな。
というか、そのセオリーがあるのなら教えないか。
って、そんな狭い心でロックを語ってほしくはないが。

俺としては、まああまり人付き合いがよくないので、なかなか宣伝といっても難しいのですが、一応がんばっている、と。
とはいうものの、人が集まってくれるかどうかはものすごい問題で、こればっかりは蓋を開けてみなきゃわからないし。
自分がトレーニングすればマラソンは確実に早くなりますが、そういうもんじゃないしなあ。
もちろん、演奏や歌が上達すれば以降にもつながるンだろうと思うんだけれど。

ただなあ、歌の向上、というのがこれが難しい。
いや、まあ確かにうまく歌う、というのは誰にとっても難しい。
マリアカラスさんになど、どうやっても到達できるものではない。
ってか、いやいや、そうじゃなくて、なにもマリアカラスさんに到達する方向性ではないんだけど。

う~む、まず歌詞が覚えられない、とかな。
そういうあれがあるでしょう。
困ったもので。
一応、ホワイトボードに書いてあれしたりなにしたり、いろいろするんだけど、なかなかこれ難しい。
もっというと、曲の構成、なんてのはもっと頭に入らない。

困った。
これでは何も成り立たない…。

この状況で、よくバンドをやろうなんて話になったなあ、というご意見ごもっともなんだけど、やりたい時がやる時だからな。
その辺はしょうがない。


彼ら、市丸たち、いわゆる知的障害者にとって、ステージに上がるというのは、文化祭くらいのものだったわけで、それもまあ、彼らに言わせれば、練習して練習して、間違えないように一生懸命やってたわけです。
音楽の授業とかが嫌いだったと彼らは一様に言うんだけど。
ま、この辺は学校批判になりますんで、この辺に止めときますが。

でも、ちんどんの練習は好きだし、ステージはもっと好き。
上がりたい。
この辺な、結局、「音を楽しむ=音楽」という感じが出てきていいなあ、と思っているところなんですけど。

結局、まあ、総じると、「やりたい」んだよな。
俺たちは、スーパー猛毒ちんどんでステージに上がりたい、ということだ。
だからまあ、そのためだったら宣伝もしなきゃならないし、練習もしなきゃならない、と。

楽あれば苦あり。
何をか達成したかったら、某かの苦労もしなきゃいけないというようなことだろうな。
それなしに達成できる人は天才なのだろう。
我々はむしろ天災の方なので、それは無理である。


いや、何が言いたいかというと、とにかく11/2は来てほしい、という話なんですよ。
とにかく来ていただかないことにはリンダじゃなくても困っちゃう。
…いや、もう、へったくそなギャグが出るほどおい詰まってるわけですよ。


今のところ、練習の流れを見ていると、なかなかにいいステージになることははっきりとしております。
彼らも彼らなりに、音を楽しむを実現できていると思うし、みなさんにもそれが伝わるはずだと思っています。

あとは、もうみなさんに来てもらうばかり。

手ぐすね引いて待ってます。
本気で。
楽しい時間を、ぜひ一緒に過ごしましょう!







wannmannblog.jpg

(BGM:サワサキヨシヒロ「ほんとだよ」from「エンケン TRIBUTE」)
→これはいいですね。
トリビュートいうくらいだから、やっぱ自分のフィールドに引き込んで欲しいものです。
なんていうか、宇宙防衛軍のジャケットをそのままサウンドにした感じ。

いろいろな柵


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



ま、秋ヶ瀬のライブは中止になりましたが、そしてワンマンに関しては、心配事があります。
というのは、ハヤテなんですけど。

この5月にやってきた男。
中学からほとんど学校に行かず、引きこもりに近い生活をしていたという。
名曲「グローリー」の冒頭部分の歌詞じゃないけど(意味はまったく違うけど)、「もう限界」と親がウチに連れてきたという感じで。

とはいえ、まあウチに来たからと言って問題が解決するわけもなく。
というか、まあ解決はしたんですよね。
親の限界はなんとか回避できたから。

でも、ハヤテ自身の問題は何も解決しておらず。
今だまったく溶け込んでおりません。
毎日、一人隅っこに行って漫画を読んでおります。

でもまあ、みんながバケツリレーでモノを運ぶという場面で、「みんな運んでるぞ」と言えば運ぶし、「みんな洗濯物干してるぞ」と言えば、外に干しにも行く。

当初はかなり彼も手が出ていたけれど、今はかなわないとわかったのか手を出すことも少なくなりました。
けども、市丸、オグラの携帯は割りました。
今でもまだにじ屋で火災警報器は鳴らします。
一度はほんびい(本務事務所)でも警報器を鳴らして大騒ぎになりました(ほんびいは住宅兼の建物なので)。

彼曰く「発作が起きちゃった」というけれど、つまりは何かが彼のキャパを越えたんだな。
それはどうということもなく、たいしたことでもないので、あまりコッチが予見できないところがあって。
でもまあ、なんとなくそれもちょっとづつわかってきたような気がします。

予見できれば、まあなんとか破壊衝動は抑えられなくもない、というか、衝動は抑えられないが、行動は抑えられる可能性があります。
反社会的行動はやはり抑えなければならないから、このことは重要ではあります。

ま、簡単に言うと、彼は「敏感くん」なのだな、と思います。
同時に、社会生活、集団生活をおくってきていないので、それに対する耐性がない。
そのためか、キャパが狭い。
驚くほど狭い。

ただ、彼は驚くほどアタマがイイ。
毎週会議のたびに一週間の予定がホワイトボードに書き込まれるのだけれど、それを見れば何があるか、どんなことが自分に起こるか、がわかることがわかっている。
だから、「今度の●曜日は夜の会議で帰るのが遅くなる」となれば、それを知った3日前から彼のキャパはパンパンになる。

この前、会議終わりにミツが「前に外口さんは俺に●●と言ったけど、俺は納得出来ない」みたいなことを言って、みんなで話し合いになったことがありました。
こういうのは、とてもいい話だな、と思うんだけど、やっぱ場は緊迫します。
緊張した場所は当然ハヤテは苦手ですから、みんなの輪から外れて端っこでいつものように漫画を読んでいました。
まるで聞いてないかのように、時にトイレに立ったりもしていました。

けど、その翌日だったかに、外口さんにハヤテは言ったそうで。
「なんで外口は怒るの?」と。
外口さんはハヤテにはここのところからんでいないし、というか怒る場面もなく。
「お前に何か怒ったっけ?」と外口さんが聞くと、「怒ってないけど」とハヤテ。

つまりは、その日の緊迫した話の内容も、彼は聞いていたんですよね。
まあ、冒頭にミツが言ったのは「怒る」というようなことではないんだけど、まあみんなと話をしていく中で、イヤなことを言う=「怒る」みたいに単純化されていったことは事実でした。

こういう話を聞くと、ハヤテは何でもできるんじゃないか、と思う。
思うけど、今の段階ではキャパが狭すぎて八方ふさがりというか、彼自身が彼自身のキャパの狭さに振り回されている。

ま、こんな男です。
それが、まあ大音量で練習なんかをすることになるから、まあ耐えられない。
敏感くんですから。
このままでは警報器ならしちゃうかな、とも思ったりしたけど、なんとかそれを乗り越えてはいる。
一生の中で、まあ一番頑張ってるんじゃないか、とは思います。

特にワンマンなんかでは機材があちこちにあるわけで、さて、ステージにあげたらどうなるモノか、事前に警報器の位置も確認しなきゃ(動物的カンで警報器の場所を見つけるという特技がある)、みたいな気持ちでいるわけですが、いやいや、笑い事じゃなくて、どうしてくれようか、と。

まあ、置いていけばいいのかもしれないけど、それはなんかちょっと先を考えると違う気がするのと、実際問題、ライブはみんな行っちゃいますから、彼一人でこっちに置いておく勇気は俺らにはない。

ま、つまりは彼を回りから守ってやればいいのだな、とは思うんだけど、そのために人員を割くとなると、こっちのスタッフ人員も足らない(かもしれない。当日の様子による)。
それでなくても、スタッフ込みで30人を超える大所帯。
これ以上人を増やしてどうなるモノか。
会場がいっぱいになってしまうではないか。

はてさて、どうしたものか。
もう音楽のことより、そっちに気が行ってしまってどうもこうもないですよ、ホント。
ま、そのへんが、ただのロックバンドではない、「ドキュメンタリー・バンド」の面目躍如ではありますが。

そもそも、俺は、楽器とか音楽に関係のないパートがあるバンドが大好きなので、彼にはなにかの「パート」をやってもらおうと思っています。
ウチは「旗」とか「書道」とかのパートがあるバンドですから、なんだろうなあ、なにかが彼の衝動を抑える何かになってもらえればいいんだけど…。

んなわけで、今からいろいろと柵、いや、策を考えています。

ま、何かあってもしょうがないかな。
出禁上等でやるよ。

というわけで、これが最後のライブになるかも知れないからみんな来て!






wannmannblog.jpg

(BGM:スザンナ・スー「グッバイ・ジョー」from「あしたのジョー ソングファイル」)
→あしたのジョーといえば、もう不朽の名作である。
だからまあ、映画だの、テレビアニメとか、まあいろいろ作られてきたわけだ。
それに伴う楽曲もまあ増えていきます。
その中で、これはどうか。
どっか演歌調、そして字余りが多い、ムードサックスが入る、という、う~む、あしたのジョーの世界観としてどうなのか。
最初の「四角いジャングルゥ~」というのがまず字余りっぽいし。
ま、一度聞いてみて欲しい一作。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE