FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

つながりなどいらん


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


「悪女」という名曲があります。
中島みゆきさんですね。
その中に、「受話器をはずしたままね 話し中」という歌詞があります。
ま、けっこう歌詞の中でも重要な部分ということになります。

そもそも「受話器をはずす」というのはこの携帯が主となった事代の若い人にわかってもらえるのだろうか。
類語としては、「受話器を上げる」なんてのもあります。
「受話器を置く」とか。

ま、とにかく受話器とはあの喋るところと聞くところがついてるアレですね。
電話の番号を押すところは別にある。
で、その番号を押すところと受話器はコードでつながってる、と。
受話器を番号を押すところに置けば通話は切れるし、上げると話ができる。
つまり上げたままにしておけば「話し中」ということになります。

…言葉で説明しようとすると大変だな。

悪女の歌詞はつまり「受話器をはずしたままで知らんぷりしている」。
つまり居留守みたいなことですね。

…説明するとなんだかいい歌詞もかすむな。

昔は電話を担保にしてお金を借りられたりもしました。
そのくらいまあ、電話ってのは価値があったし、どこか「特別なモノ」という感じがありました。
今はどうなんですかね。
いつの間にか資産価値はなくなったんでしょうか?。


ま、電話はドラマなんかだと重要な役割になりまして、刑事部屋に電話がかかれば、受話器を取ったボスは「何?矢追町で殺人?」とつぶやきます。
ドラマのスタートとなります。

その他にもまあ事件の展開を電話が教えてくれることもあります。
ただ、それはあくまで「電話がある場所にいなければならない」ということで、外では事件の新しい展開はありません。
あるとすれば、部下がやってきて「すいません、ちょっと…」と刑事さんを呼び出す方法しかありません。

つまりは、人が報せに来てくれるところを電話で済ませられるということですから、発見ですよね、電話。
今やもう携帯電話となって、ドラマの作りも簡単になりました。
だって、どこでも新しい展開を作ることができます。


しかしどうでしょう。
今の時代だと、受話器をはずしたまま、ってのは「既読スルー」とかなんですかね。
とはいえ、既読してる時点でどっか悪質度が高まりますね。
1回電話に出た後に受話器をはずしたままにする、みたいなことですから。
始めからもう「出ない」というあたりが重要ですね。
そこが最後の良心、みたいな。

ま、その場合、電話に出なきゃ携帯でも同じですね。
でも携帯だと何度もかかってきたりするか。
というのも、昔はたいがいは家の電話ですから、何度もかけることは難しい。
たいがい電話は居間にあったりしましたから。
それに「俺も電話かけるんだよ!」とか弟が騒ぎ出すことも考えられます。

この辺、携帯の時代になってかける方は便利になりましたが、居留守を使う方はたまったもんじゃありません。

ま、でもよくよく考えたら居留守なんかを使う方に問題があるというか、悪事があるというか、そういうことになります。
でもそれを「受話器をはずしたまま」という、「うっかりです」ということで乗り切ろうとするあたり、とんでもない男、いや女かもしれませんが、そういうことになりますね。

今や自分のまわりに携帯電話を持ってない人はいません。
たまたまそうなのかもしれません。
実際には携帯を持ってない人もいると思います。

今やどうですか、携帯でお金を払ったりもできると聞きますよ。
そうなると携帯はサイフでもあり、昔の「受話器」とはなんだかまったく違うモノであると言えます。


でもまあ、どこか携帯は人との関係を強要するというか、つながりを常に持ってなきゃいけないような強迫観念にとらわれてしまう。
ツイッターやフェイスブック、どれも人との関係づくりのためのツールとして考えてる人も多い。

それだけに、どこか昔の受話器が懐かしくもありますね。
家を一歩出たらもう誰ともつながりは持てない。
というか、家族が電話を使っていたらもうどうしようもないのである。

そう考えると、昔は1人の時間が多かった。
今はなんだか、いつだって1人じゃないような感じがして、俺としては便利ではあるけれど、なんだか情緒がないような気もする。





(BGM:久美かおり&ザ・タイガース「星のプリンス」fromYOUTUBE)
→久美かおりさん、なかなか出てこない。
と思ったら、ほぼコーラス扱いだった。
どういうアレなんだこれは。
「星野プリンスホテル」というのがあったら、テーマ曲になります。

セントラルパークは盲点なのか


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



陰謀論の種は尽きまじ。

なんか、ネットではこの4月にセントラルパークの地下から監禁状態だった子ども何万人もが救出された、というニュースが漂っていたりするんです。
あまりの大ニュースにびっくりするわけですが、この漂ってるところ以上にはニュースになっていない感じであります。

いやいやいや…。
セントラルパークて…。
NYのど真ん中じゃん…。

ま、それもこれも、セントラルパークにコロナの救援のためのテントが立てられているところからの発想っぽい。
実はあれは、コロナの患者ではなく、監禁された子どもを収容しているのだ、と。
それにしては3万人の子どもが収容できる感じではないのだが、いや、どうなんだ?

でもほんとかもしれないし、いや、そもそもセントラルパークでなければ、そういう可能性は大いにあるような、

気もする。

しかも子どもの命の問題に関わるので、にわかに「嘘だ」と断じにくい。
というか、何万人はないとは思うが、数人だったらあり得る話ではあると思う。
だから余計に、なんだか切り捨てられない感じもある。


「アドレナクロム」という言葉があって。
どうもそれは、「若返り薬」みたいなことらしい。
それは、子どもに徹底的なストレスを与え、そこで発生する脳内物質を元に作られているという。

…おいおい…。
自分の若返りのために、子どもを殺すようなまねをするのかよ…。
事実なら許せないことである。
事実なら、であるけれど。

で、その薬の副作用として、目に痣ができる、みたいなことがあるらしく、これはネットで検索してくれれば出てくるんだけど、確かにセレブとかに痣が出てる人がいる。
本来、アドレナクロム→痣、なんだけど、痣→アドレナクロムやってる!となってしまってるところがまあちょっとアレだけれど、でもまあ、そういう話しもある、って話ね。

で、そのアドレナクロムのために子どもたちはセントラルパークの地下に監禁されていたのだ!という結論になっているようだ。

だとしたらもう恐ろしすぎるし、これはもう大ニュースである。


ま、何が本当かはわかりません。
悪いことを考える人たちからしたら、「セントラルパークの地下が盲点なんだよ、逆に」ということかもしれないし。


今、コロナで病院には行列が、アメリカでは救急車もパンク状態、という話らしいんだけど、市民が撮った映像には、待機する救急車、無人の病院が延々と映されていたりします。
おかしな話ですね。
イタリアとアメリカのニュースで流れた「呼吸器をつけた入院者があふれる病室」の映像が、各国それぞれの様子、として映し出されたのに同じだったとか。

ま、それも本当かどうかはわかりません。
たまたま人がいない病院を撮したのかもしれないし、いつ撮ったかもわからないし。
この辺の動画もYOUTUBEとかで見ることができます。


確かに、コロナにはきな臭いところがあります。
それはおそらく、各国政府が対応できていないあたりに、陰謀論が生まれる「スキ」ができているんだとは思います。
しかも「隔離しなければならない状況」であるだけに、様子がわかりません。

コロナ自体をもう「うそだ」とか断じてる人までいます。
まあ、確かに目に見えないし、コロナじゃなくてコロゴかもしれないし、その辺はわからないんですけどね(https://www.youtube.com/watch?v=pppRvQBTLUI&t=9s)。

とはいえ、一方的に流れてくるニュース、テレビだけじゃなくてネットもそうですけど、うかつに信じたら大変なことになるような気がしますね。
X-ファイル、という番組があって、これがまあ面白かったわけですが、陰謀論をエンタメにした画期的な番組だと思うのですが、中にはそれを真面目に受け取っちゃった人もいるような気がしまして、その辺がどうにもこうにも諸刃の剣。


とはいえ、実際にアメリカの病院はガラガラなのかもしれない。
それはわからない。
実際にはテレビニュースでは満員行列、市民が撮ったという映像はガラガラ。
これはまあもう実際に行ってみるしかないけど。

この辺が陰謀論の元になるわけだけれど。


それにしてもなんにしても、まあ子どもを誘拐するのはやめろよ。






(BGM:キャロル「キャロル曲作り風景(ファンキー・モンキー・ベイビー~試作1号~2号)」from「グッバイ・キャロル」)
→曲作り風景まで入ってるぜ。
いかしてるぜ。
こういうの、ビートルズのパストマスターズっぽい。

「新しい生活様式」ってなによ?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



「新しい生活様式」なんてことを言いますけど。
とっさにまあソーシャルディスタンス?とかが思い浮かびます。
間を開けて並びましょう、とか。
ま、そういうのはわからなくはないところもあります。
努力できるところは努力しましょう、というのはあるとは思います。

ただまあ、そうなっちゃうとライブだとかってのはかなりもう無理、って感じがしますね。
ライブ文化は消えるな、という感じ。
バンドも終わりか。
風俗とかはどうなるんでしょうかね。
間を開ける風俗ってのはなんかかなりもうマニアックになるかと思ったりしますね。

まあ、でも「第二波に備える」「新たなパンデミックに備える」ということで言うと、単純にまず「検査体制の拡充」「隔離できる場所の確保」なんじゃないか、って思うんだけどね。
お医者さんも看護師さんも待遇をよくして増やす。
保健所も増やす。
パンデミック専門にやってくれる施設を各県に1つは作る、とか。

そういうことなんじゃないかと思っていたら、蓋を開けたらそんな話がなかなか出てこない。


今回、まあ観光業なんかはかなりの打撃を受けた、と。
で、その観光業の人たちを、行政が間に入って農業にマッチングした、みたいな話が、この「新しい生活様式」という文脈で出てきます。

なんかいつぞやの朝のテレビでは、「こういうのを行政が入らなくても、企業同士でやっていったらいいんです」みたいなことも言っていて。
例えば外国なんかだと、仕事がなくなった社員をアマゾンに派遣?というか、アマゾンの仕事をやらせる、みたいなことで、アマゾンも助かったし、その元の企業も助かった、みたいな。
アマゾンなんかはきっと大忙しになってるわけで、つまりはそっちに社員を移動させる、ということになるんかな。
薄くていいところは薄くして、厚くするところは厚くする、みたいな。

テレビでは、ああ、それで社会はうまく回るよね、よかったね、みたいな感じだったですけど、どうですか?

それによって、雇用は確保された、みたいなことでいえば、まあいいんでしょうかね。
観光業の人たちも、そのままでいたって収入はない、といっても、まあ「休業補償がない場合に限り」ってことだけど、まあそういう。
けども、まあ農業で収入をもらえるからいいじゃん、という。

ふむ…。

オレはなんかテレビで「これが解決策だ」みたいに言っていた大学教授の話を聞いてて、すげえなんか戦慄を覚えたんだけど。
怖くなったというか。

だって、もう「駒」じゃん。
労働者という名の「駒」じゃん。

かといって、「職業選択の自由」を持ち出すような社会じゃないこともわかる。
コロナがなくたって、そもそも大不況の中、誰しもがやりたくもない仕事をしている。
けど、それにしたって、「人手不足に困ってるところに労働者を配分する」って考え方はなんかちょっとオレは怖かった。

これはまあもう社会主義的な労働の考え方というか、行政が入ろうが入らなかろうが、社会の構造を変えるようなことなんじゃなかろうか、と。
あ、いや、社会主義がいかんと言ってるわけではないんだけど、結局は資本主義の行き着く先はこういう「労働者を駒とする」という資本家のやりたい放題なのかな、と思うとちょっと恐ろしい。
「そっちが薄いならそっちに行かせるわ」、みたいな。

奴隷制、って言葉も浮かんできたわ。

そもそも、まあ観光業が打撃、というのはわかるが、観光の仕事をやってる人は、まあ観光の仕事がしたくてやってるんだろうし、というか、そこで経験を積んでやっていたわけで、別に農業したいわけじゃないよなあ…。
とはいえ、まあ生きるためには農業をやるのももちろん受け入れてやってるわけだろうと思うけど、どうなんだろうな…。
ま、それもこれも「そのうち観光業も元に戻る」と信じてやってるわけだよね、きっと。
中にはまあ「農業の方が向いてたわ」という人もいたりするだろうけど、それはラッキーだよね、でいいんだけど…。

これ、まあこのテレビでもどっか「資本家サイド」「社会サイド」からの見方だけだったから余計にそう思ったのかもしれない。
そこで、例えば農業をやってる方、アマゾンに行った方の話とかがあればもうちょっと印象が違ったのだろうか。

でもつまりは、これは労働者側の意見ではないってことなんだろうな。
戻れる、って信じていればそれはできるけれど、この「新しい生活様式」がなんだか叫ばれてる中で、果たして「同じように戻れるか」ってのはかなり不安定なんだよね。

だからこそ、検査態勢、つまり病院増やすとかそういうことをきちんとすべきじゃないかと思うんだよね。
そういうことをして、きちんと隔離して、パンデミックをやり過ごす、ということが社会としては必要なんじゃないかって気がするんだよな。
そうやって、まあ元の社会として機能できるようにしていくことが大事じゃないのかなあ、と思う。

なんなんだろう、この「新しい生活様式」って。
その流れの中で、病院とかの体制をきちんと取るとかの話がないって、なんかどうも「そっちに持って行こう」と誰かが策略を張り巡らしている感じが否めない。







(BGM:キャンディーズ「わな」from「ゴールデン・Jポップ/ザ・ベスト キャンディーズ Disc 1」)
→これね、当時あまり売れなかったかもしれないけど、けっこう好きだったかも。
テレビで聞いたの覚えてる。
「そうあの人は、紅茶を入れてもくれる、タマネギむいてもくれる~」
タマネギ急に出てくるあたり、歌詞が素晴らしいよ。

コバが大多数います


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



みなさんのとこには来てますか?
いや、例のマスクと10万円の申請書なんですけど。

ウチには来てないのね~(これを書いてるのは6/4)。
近所の市丸の家とかにはマスクは届いたらしいし、申請書も届き始めてはいますが、みんな近所のはずなんだけど、ウチには来てませんわ。

ま、どうですかね、緊急事態宣言も終わり、マスクももうあちこちで売っててそんなに高値じゃない状況になってるのにもかかわらず、マスクが届きません。

もういりませんわ。

それでも、「いただいたんだからありがたい」みたいなことを言う人もいます。
ツイッターとかでそう言ってる人もいます。
いやいや、「いただいた」んじゃなくて、俺らの税金で買ったんですよ。
日本は約6千万世帯といいますよ。
一説に寄ればアレには総額460億+検品80億円かかってますから、単純にあの二枚にざっと900円かかってるという感じになるんだけど、これはどう考えても高価すぎというか、高値転売じゃないか、って俺は思いますけど。

そんなものを税金で買われてありがたがる人の気持ちはまあまったくわからないですわ。
それでなくても税金高いのに。

ま、それはいいとして。
ってかよくないけど。

ま、でも安倍礼賛している人たちがそれを言うのはまあわからなくもない、というか、言いますよね。
彼らにとっては偉大なる領主様だからね。
ま、人の思いはそれぞれだし、甘い汁を吸っているのかもしれませんね。
まあ、いいとしましょう。

900円出すなら、どっか近所の定食屋さんで900円の定食食べた方がずっと経済回るような気がしますが、そのウチのいくらかをもらってる人もいるんでしょう。
いや、必ずいますけどね、そりゃ。
どう考えても、そのために政治やってるとしか思えんし。

だからまあ、どうしても安倍さんを応援せざるを得ない人たちもいるんでしょう。
そのためなら、多少の虫が入ってようが関係ないんでしょう。
「ありがたや~」って言ってりゃいいと思います。

で、まあ問題なのはそこじゃなくて、別に安倍礼賛じゃないし、普段居酒屋では「まったく不況で俺らのところには金が回ってこねえや」って嘆いている、まあ一般的な、数としてはかなり大きい部類のみなさんのことで。
まあたいがいテレビなんかにたまたま撮されちゃったら、「届いてよかったです」位のことは言っちゃう、感じの。
よかったもなんも、900円で購入なさってますよ、それ、っていう話なんだけど、でもまあそういうことまでは考えてない、というか。

たいがい、この層の人たちが結果的には安倍政権を支えているんかなあ、と思うんですけど。
もおそらくテレビを鵜呑みにしてるだろうし、かといって下手にネットなんか見ようもんなら一気にネトウヨになってしまう感じもします。

ま、だから、この人たちにどうやって「900円で購入してますよ」という怒りの姿勢をテレビが見せるか、ということが鍵になってますね、結局。
一転するでしょうね、そりゃ。
だからこそ、安倍政権はメディア支配に躍起になってる、と。

ま、でもこういう人って、日常的にはオレの周りにはいないんですよ。
ある程度の政治的な話も通じるし、説明なしでいけるから、忘れちゃうんですけど、でもこういう人が日本の舵を握っている、というのはいつも忘れちゃいかんよな、と思うんですが。

あ、でもオレのそばにもいるいる、と。
思い出しました。

コバとか井上とかはニュースとか見るけど、やっぱ理解はできないわけです。
で、聞いてくる。
聞いてくるから、例えば先のマスクの話だったら、「税金だから、まあ900円出買ってるのと同じになっちゃうかな」という話はします。
戦闘機を買うという話も、聞いてくれば答えますね。
彼らはでもなぜかとても「戦争は絶対にイヤ」と思っているから、特に井上なんかは、だから、なんでそんな戦闘機を買うんだ、という話になります。
だから、安倍政権はイヤだな、ということにもなったりもするんだけど。

でもまあ、マスクが届いたというコバは何かうれしそうで、「これ、今日していきます!」なんて嬉々として言ったりして。
ま、ニュースでやってることがウチにもやってきた!という感じなだけな気がしますが、そうなっちゃう。
「あ、そうなの、じゃあしていきなよ」、といって、「このマスクしてるの、安倍さんとおまえしか見たことないよ」って言われてもなんかご満悦、という。

もうマスクも市役所からたくさん届いたし、他にも寄付してももらってるし、紙マスクもたくさんあるんだけど、まあそうなっちゃう、という。
WHOが布マスクより紙マスク、と言ってるんだけどね。
でもまあ、そこまでは彼は考えないというか、なんだろう、う~ん、そういう感じと言うよりは、この「マスクイベント」にのろう、というか。
ずいぶんバッドなイベントですけど。

ま、これ、だから先の「大多数のみなさん」なんですよね。
たぶん、こういう感じなんだと思うんだわ。

ま、マスクも届いたんだから、ゴミ箱にいくよりはまあいいのかもしれません。
というか、マスクそのものに罪はないし。
ただまあ、コバはそれを手洗いしましょう、というのはできないから、次持ってきたら眼帯のようになってるかもしれませんが。

ま、そういう「大多数」ってこういう感じなんだな、と彼を見て思っている、という話です。







(BGM:CRAZY KEN BAND「ハマのアンバサダー」from「クレイジーケンバンド・ベスト 亀」)
→ハマっすから。
中華街っすよ、みたいな感じの。
そのコンセプトだけで最後までいっちゃう。
とはいえ、ラップ入るしなんでしょう、この軽快なかっこよさったら。

オカルトに流れる


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


俺を表すにいい言葉はたぶん「めんどくさい」ですね。
めんどくさい人、というんではなく、いやそれはまわりの評価なんでそういうところもあるかもしれませんが、「めんどくさがり」という。
飲みに行ったらたぶん十回くらい言うと思います「めんどくせえなあ」って。

それに加えてなんだろうか、と考えたところ、「もったいない」ですね。
ま、考える必要なかろうそんなこと、というご意見ごもっともなんですが、時にそういうことを考えますひまかよ。

この原稿を書いているのは2020年3月なんですけど、まあ書きためてるのを出してるので、いつ更新されるのかはわかりません。
けどまあ、なにを出すのかはその時の気分なので、時に一年前の原稿がまだ出てない、ということがあります。
今調べて愕然としました。
一年四ヶ月くらい前の文章がまだスタンバイ状態でした。
これがまあ、今とは気分が違ったり、状況も違ったりするわけなので、なかなかこう歯がゆいんですが、でもまあ、「もったいないからいいか」と。

なっちゃいますね。
もったいないから食べちゃった、くらいの勢いです。
時事ネタというか、ライブに行ったとかは先に出しちゃうから、まあたまりますわね。
しょうがない。

ま、どうでもいいんですけど。
めんどくさいし。

どうなんでしょうね。
よく「もったいない」で捨てられない、という人がいます。
アキ坊もそういうところがあります。
でもまあ、家が広いので、というか二人で住んでますから、空いてる部屋もありますし、いいんじゃないの、ということになります。

何かに対して、「こうすべき」みたいなことが薄いのかもしれない、俺。
まわりがそういえば、それでいいんじゃね?みたいなところは確かにある。


アクムがここに来て、やっぱちょいちょい問題を起こすんですが、そういう時に、やっぱいろいろ実践事例とか調べたりもしますよ。
考えたり。
どうしたらいいかわからないから。
でもまあ、どうなんですかね、他の事例と言ってもアクムと同じ人間はいないし、周りにいる俺たちも違うわけで同じようにやってうまくいくわけがありませんから。
でもまあ、参考になる点を見つけていろいろやってみたり、考えてみたりするわけですが。

ま、まっとうな流れですね。
問題があった時に対処する、と言った場合、そうするのが「こうすべき」だと思います。

先日もちょいと起こった時に、「こんな感じで」なんて話を出したりいろいろしたんですけど、その時はメールでしたが、末尾にどうしても気になっていたことをまあ書いたんです。

それはこんなの。

3.周期
これは余談としてですが、以前のメールに問題が起こった日時があったので見てみたら、●月●日に(例の件が)あったということですが、月周期で満月が●/○(前日)。
今回の件は●/●日ですが満月は●/○(翌日)なんですよね。


月の満ち欠けを考えちゃう、というね。
バカ。
…オカルトですか、と。
ええ、そうです、ということなんですが、まあこの「月の満ち欠けと犯罪率」みたいなことがよく都市伝説に出てくるけれど、あれはほぼウソです。
なので、まあ月の満ち欠けとアクムがなにかを起こす周期が同じだったら、これは世紀の発見、ということになります。
狼男を人類は始めて目にすることになる、という。

…もう、怒られるわ。
障害者問題云々の「こうすべき」から離れすぎている…。
いや、まあ、なんでもやってみたい、という気分なだけなんですけどね。
だからふざけているわけじゃないんですよ、いや、それはホントに。


ま、なんにしても、「こうすべき」に縛られず、テキトウに、まあちょうどいいくらいで毎日が楽しかったらラッキー、でいいんじゃないかと思うんですよね。
もちろん、ラッキーにするにはそれなりの努力というか、考えというか、そういうのは必要かとは思いますよ。
好き勝手に暴れていたんではアクムや市丸じゃないけど、やっぱみんなから忌諱されてしまうから。

どうしてもまあ人は他人にハードルを上げがちで、そういうハードルの中で人と付き合ったりしてしまうから、「ま、いいんじゃね」で、通すのがいいのかな、と思っています。
とはいえ、俺もやっぱいろいろ「ま、いいんじゃね」と思えない時もたくさんあるので、その辺は反省しながら、みんなで「ま、いいんじゃね」と思って、テキトウに生きていけるようになったらいいな、と思ってる毎日。

そんなに立派なことなんかできませんて。







(BGM:Paul McCartney「Singalong Junk」from「McCartney」)
→このアルバムは解散後の初のアルバムだったんだと記憶してますが。
インストがけっこう入っていたりして、ちょっと衝撃もあり。
というか、なんだろう、ポップソングの、まだ完成されてないピースをそのままアルバムにしちゃった、みたいな感じ。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE