FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

いつまで続く、まちがい探しへの旅

スーパー猛毒ちんどん殴りあいポスター
10/9(SAT)、18時30分開場、19時スタートで、さいたま芸術劇場でスーパー猛毒ちんどん単独公演を軸としたイベント「殴りあい~せめてオレたちもリングに上げろ」開催決定。
今回は、歌モノだけではなく、構成劇的なものなども含んだ2部構成で行います。
テレビ取材等、諸般の事情もあって、今回は入場無料で行う形となりますが、チケットが必要となります。
会場の方が消防法の関係で立ち見が難しいと言うことなので、ぜひともチケットは早めに手に入れて下さい。
チケットが欲しい方は、にじ屋にて手に入れるか、個人的に誰かここの関係者に言ってもらうか、または郵送しますので、連絡を下さい。
電話048-851-6757 FAX048-851-6758虹の会本部・担当斉藤宛、または電話048-855-8438ネット・にじ屋まで。
お待ちしています。
直接このブログのコメントで返してくれても非公開で対応します。





サイゼリアのキッズメニューの表紙は、まちがいさがしになっています。
10個の間違いを探すんですけど、これがわからない。
いや、7個くらいまではわかるんだけど、そっからがわかんないんです。

そもそも、オレはこういうまちがい探しやクロスワードとか、そういうのが苦手です。
よくテレビでやっている、マッチ棒で作った「1+1=」を○本動かして100にしてください、みたいなヤツもかなり苦手。
一緒に見ている人がみんなわかっても、オレだけわかんないというようなこともよくあります。
たぶん、アタマが硬いんだと思います。


で、サイゼリア。
その絵は「チーズができるまで」みたいな、そういうのなんですけど、行程が書いてあって、1からいくつかまで書いてあります。
ハーブ畑のリスの絵が違うとか、工場で牛乳的なモノを混ぜている人の帽子が違うとか、そういうのはすぐにわかるわけですけど、中には、その行程にふられている番号が逆文字になっていたりするんです。
行程と行程の間の矢印の色が違ったりする。
これ、盲点ですよ、盲点。
そりゃ、明らかに違うけど、視点が違うというか。
こっちは絵を見てますからね。
そういう端的なことが違うとどうにも対応できないというか。

でもまあ、そんなこんなで7個くらいまではわかるんですが、それからがわからない。
ちょっとした印刷むらみたいなモノまで疑い始めてしまう。
あ!と思ったら、ちょっとした汚れだったりして、もうお手上げ。

まあ、次来たときまた続きを探せばいいか、ということで、食事に集中したわけです。
で、次に行った時、また続きを探そうとメニューを見たら変わってました。

「オリーブオイルのできるまで」

ぎゃはははは。
また一からやり直しなのであります。




(BGM:東てる美「Lesbian」from「グルーヴィン昭和!2~ベッドにばかりいるの」)
→これはもう、唄ではない。
BGMにのせたレズビアンの会話、というか、タチの子の語りなんですけど。
最終的には、「彼のことなんか忘れちゃいなさいよ」って、曲の後半は喘ぎ声になっています。
そしてフェイドアウトで終わってしまうという、もう、カオスの極みであります。
素晴らしいです。


★壁紙シリーズ★ちょっと地味ね、これは。
スーパー猛毒ちんどんコラージュ10

★追記
なんか、NHKの例の大日さんに来てもらった時の取材の放送は今日だったようで、みなさんにお伝えできませんでしたが、周りで見た人いるかな。
オレも実は見てないので、あとで、誰かがとってくれたと思われるビデオを見ようっと。

いいがかり防止、って感じがするのよね

00スーパー猛毒ちんどん30
10/9(SAT)、18時30分開場、19時スタートで、さいたま芸術劇場でスーパー猛毒ちんどん単独公演を軸としたイベント「殴りあい~せめてオレたちもリングに上げろ」開催決定。
今回は、歌モノだけではなく、構成劇的なものなども含んだ2部構成で行います。
テレビ取材等、諸般の事情もあって、今回は入場無料で行う形となります。
チケットに関しては、8月上旬より配布を行います。本ブログでもチケット受付をする予定です。

スーパー猛毒ちんどんでは、出演・演奏できるステージ等をさがしています。情報等よろしくお願いします。
昨年の公演のDVDを配布しています。詳しくは虹の会本体のHP内のブログを捜してもらうと、配布方法等書かれています。また、コメント等で返してもらえばお知らせします。
また、参加したいという人、特に管楽器ができる人を募集しています。詳しくはコメント等下さい。





今日は天気もよく、というか、ここんところ天気がいいですわ。
空だけ見てれば真っ青な空に雲がぽかりぽかりと浮いている感じというか。

しかしですね、暑いです。
車に乗っていても、クーラーをかけているんだけど、日が当たるともうその部分が暑いというか、いや太陽ってすげえな、っ話なんですけど。
けどね、よくよく考えたら、冬だってこんな天気の日はあるわけですよ。
でも、日が当たるところが急に暑くなるなんてことはない。
っていうか、車だって暖房かけるでしょ。

これって、角度なんでしょ。
太陽と地面の角度の問題で冬と夏があるということなわけで。
でも、角度って言われても、オレとしてはピンとこないんですね。
そんな何度か違っただけでこんなに暑さが違うものなのか。
ってまあ違うんでしょうけども。

結局まあ何が言いたいかというと太陽ってすごいってことですよ。
そんな地球の傾きの角度でそんなに違う感じにしちゃうというか、影響力があるというか。
これ、もうちょっと地球が太陽に近かったら、もっと暑いわけでしょ。
地球に生命が進化した理由ってのが、この太陽との距離なんじゃないかって風にも思いますよね。
ちょうどええ距離だったと。
寒い日もあれば暑い日もあるということで、バクテリアみたいのが多細胞生物になったとか、海から陸上にあがったとか、そんな感じなんでしょ。
まあ、暑いばっかりだと進化しないような気もするし、かといって寒いばっかりだと凍りそうだしね。


科学者のみなさんなんかは宇宙には他にも生物はいるだろう、なんて言ってますけど、まあ確かに確率論としてはあり得るわけなんでしょうけど、かなり偶然の上に偶然が重なって生物になったような気がしますよね。
まあ、単細胞生物みたいのはどこにでも生まれそうですけど、そっからな、進化して生物っていうか、意志を持った生き物になるというのは、これ、かなりの偶然の重なり合いが必要になってきますよ。

ま、そんなこんなもすべてなんか太陽の光というか、温度というかそういうモノからはじまってるワケでありまして、こんな風にパソコン打って、ブログだとかホームページだとか言ってますけど、そもそもは太陽なんだよな、ってなんか飛躍してますけどそういうことです。
なんかすごい話であります。


帽子をかぶると蒸れるので頭皮によくない、という迷信というか、そういうのがありますけど、あ、オレの属するハゲ界で言われることなんですが、どうも、いやいや直射日光の方がずっとよくない、ということの方が科学的には正しいようであります。
つまり、太陽はオレの頭皮、というか毛根にまで影響を与えていると。
ひいてはそれがオレが新たな髪型にできないようなことに及び、それをまた悩んでよけいに抜けていくというようなことにもなっているわけで、太陽ってのは恐ろしいですよ。
そういわれてみれば、オレは小さい頃から帽子はあんまりスキじゃなくて、かぶってなかったよな。
直射日光に当てすぎたかな、と今さら後悔しているわけですけど、まあそんなことは、生物が進化してこその悩みであって、こう、永遠にメビウスの輪というか、太陽を中心にモノゴトは回っているようなもんであります。


さて、今日はアキとカズミがアイスリボンの道場の日だったんですけど、カズミの膝が逆向きに曲がった!ということで、「もーびっくりしました」って、痛さに強いか、おまえは。
いや、ま、そんなに大したことはないようですけど、カズミってのは痛さに強いというか、我慢強い感じがするので、かえって心配です。
オレはどっちかというといちいち大騒ぎする方なので、例えば、ちょっとだるいだけで、「ものすごいだるい」「もしかしてなんかの病気かも」「こりゃもう寝てないとダメだ」とかいうことになるんですが、彼女の場合逆な感じなので、ちょっと気をつけてあげようと思う今日この頃。


なんかダラダラ書いてますけど、最後に今日思ったこと!。
ある大型のスーパーというか、モールっていうんですか、そのエレベーターの中に手すりがあったんですが、そのところに「子どもさんなどが手すりと壁の間に腕を挟んだりする場合がありますので気をつけて下さい」って書いてあったんです。
いわれてみれば、その間は子どもの腕くらいだったら入りそうで、ヒジを曲げた状態で入ったりしたら、確かに危ない気がする。

最近、こういうの、多いでしょ。
事前に警告してくれるようなヤツ。
これね、いや、意地悪い見方ですよ、意地悪い見方ですが、オレなんかはどうしても、「これは本当に子どものことを考えて貼っているのだろうか」って思ってしまうんです。
すごい保身に見えちゃう。
「言っときましたけど」みたいな。
いわゆるPL法?LP法?そんな感じの流れっていうか。
電子レンジで風呂に入れた猫を乾かそうとして死んじゃったと、でも電子レンジには「猫を入れないで下さい、って書いてなかったじゃないか!だから電子レンジを作った方が悪い!」みたいな感じのことですよ。
って、だからそれって消費者の方も猫のことを考えて言ってるかというと、そうでもないというか、あわよくばみたいな感じというか。
なんか世の中こんな風でいいのか!って感じがするんだなあ。

なんかあるとすぐこういうことで訴えちゃう訴訟大国アメリカなんて言いますけど、日本もそうなるんでしょうか。
やだなあ。
トイレなんか、掃除してて床がぬれてたら滑るでしょうが。
「滑りやすくなってます」なんて書かなくたって、滑るよ、そりゃ。
いや、これは水で濡れてるんじゃなく、油をまいています、というのなら書いた方がいい気がするけど、ねえ…、どう思います?
ちょっと過剰じゃありませんか、って思いますけどね、オレは。




(BGM:EE JUMP「青春のSUNRISE」from SINGLE)
→ソニンちゃんですね。
まあ前にオレはソニンちゃんのファンであるというのは書きましたけど、ライブに行ったときにこれ、歌ってくれてまして。
EE JUMPというと、笑う犬くらいしか記憶にないんですけど、オレの場合ソニンちゃんがソロになってから、映画の一軒家プロレスを見てからのファンなんで、逆にさかのぼっていってるパターンですね。
声もスキですね~。
またライブやってくんないかな。
この前、七夕でなんか歌ったみたいだったんだけど、ちょっと予定かち合ってていけなかったんだよな。
ブログなんか見ると(ブログをお気に入りにするほどのファンということです)、いろいろ舞台の稽古とかで忙しいみたいなんだけどね。
普通に歌のライブやって欲しいなあ、と思うんですね。
あと、ネット配信の曲とかってのもなんとかCDにしてくんないかなあ。
正直、ネット配信って意味がわかんないし、聴き方がよくわかんないんです。
真心ブラザースの「のりこえるの歌」も、NHKをたまたま見ていてすごく聞きたいんだけど、ホームページ見たら「着うた配信決定!」とか書いてあって。
着うたって、携帯か?。
もう、よくわかんないんだよ!44歳のオレ。

類は友を呼ぶ

00スーパー猛毒ちんどん04
10/9(SAT)、18時30分開場、19時スタートで、さいたま芸術劇場でスーパー猛毒ちんどん単独公演を軸としたイベント「殴りあい~せめてオレたちもリングに上げろ」開催決定。
今回は、歌モノだけではなく、構成劇的なものなども含んだ2部構成で行います。
テレビ取材等、諸般の事情もあって、今回は入場無料で行う形となります。
チケットに関しては、8月上旬より配布を行います。本ブログでもチケット受付をする予定です。

スーパー猛毒ちんどんでは、出演・演奏できるステージ等をさがしています。情報等よろしくお願いします。
昨年の公演のDVDを配布しています。詳しくは虹の会本体のHP内のブログを捜してもらうと、配布方法等書かれています。また、コメント等で返してもらえばお知らせします。
また、参加したいという人、特に管楽器ができる人を募集しています。詳しくはコメント等下さい。




ぎゃはははは。
なんかあれ以来、毎日検索の上位に「野口五郎」ってのが来てるじゃないの。
ステキなことですね。
ありがたい。

ま、感謝の上に、なんですけど、なかなかコメントしにくい感じのブログだと思うんですけど、まあ、知ってる人ばっかりコメントしてるし。
ま、そんなことで、その辺ですね、ちょっと乗り越えてもらって、コメントなんかもくれたらうれしく思います。
誰かが乗り越えてくれるのを待ってるんですけどね、なかなかどうして。
とはいえ、いつも読んでくれる人がたくさんいるってのはよく承知しておりまして、ホント、まあそれだけでうれしいことではありますけど。
俺より読んでくれている方もたくさんいるわけで、ホント、うれしいことです。
そして申し訳ない気持ちもあるし、最終的にはありがたいことで、感謝です。

まあ、自分ではあまり読み返さないようにしてるんです。
直したくなっちゃうから。
そうなっちゃうとキリがないんで。
ま、新しく書けばいいか、とか思っております。


それはそうと、今、今週の金曜からにじ屋でやるアナログ盤大放出の整理をしてまして。
いろいろおもしろいものも出るので、興味ある方はぜひ来てくださいな。
詳細は虹の会本体のブログの方に書きましたので、そっちも読んでください。


今日は、カズミとアキがアイスリボンの道場の日だったので、送っていったりして、あ、俺、本を読む人になりたいんだった、というのを思い出し、本を読みに巨大なスーパーのフードコートに行ってみました。
最初の頃に書いたんだけど、この時間はすごく重要な時間で、一人でいられるというのはあまりないし、なかった人なので、とてもなんか、好き勝手できるというのは新鮮です。
よく考えたら、俺、一人暮らしもしたことないんだよな。
いつもなんか時間に追われてる感じで。
こういう時間の使い方がよくわかんないというか、そんなとこもあったんですけど、まあ、最近はなんですか、19時プロレスがあったりもして、インターネットカフェ的なところに直行していたので、いや、これではいかん、と思いまして。

まあ、楽しいんですよね、インターネットカフエも。
コーヒー飲めるし。
でも、どうしても仕事の原稿を書いたり、ブログを書いたりしちゃうんで。
なんか、こう、イマイチ、事務所にいるのと変わらないじゃん、みたいな感じもあったりしますからね。

で、最近本を読んでなかったので、といっても、コンビニで売ってるようなムック本ですけどね。
すごい集中して読んでしまい、あっという間に2時間ほどが経過。
一冊読んじゃいました。


そのスーパーはすいているんですね。
いや、すいてるなんて言っちゃ失礼な感じがするけど、近くに似たような巨大なスーパー、あ、ショッピングモールとかって言うのかな、そういうのができたりして、それで、なんとなく古い感じもあったりして、すいちゃった感じで。
駐車場もすいてるし。
フードコートもすいてるんです。
なので、ラーメンとか売ってるところでコーヒー一杯100円也を買いまして、ずっと本を読んでいても、まあ、そんなに気にならないというか、気持ちがこう、申し訳なくならないというか。

まあ、今日は朝からにじ屋で暑かったこともあって、ペットボトル3本、つまり3リットルの水分をとっているので、まあ、そんなにコーヒーをがっつく感じでもなく、ゆっくりと本を読めたというか。
あ、お茶はですね、作るんです。自分で。
毎晩じゃないですけど、3日に一回くらい、7本とか。
で、凍らして順に飲んでるんですけど。
まあ、最近は減りが早いんで大変です。

とにかく、まあクーラーは効いていて快適だし。
いうことないんですけど。
で、本に集中していたんでよくわかんなかったんですけど、読み終えて顔を上げると、俺の前の方のテーブルに、根本敬先生言うところの「イイ感じ」のオヤジさんが二人。
よく見ると、コップ酒みたいのを持ってる。
と、後ろからプシュッて音がするからみてみると、缶ビールを空けてるこれまた「イイ感じ」のオヤジ。
赤ら顔です。
どうも、このスーパーで買って、ここで飲んでいるようです。

で、その前の2人組に、新たに一人のこれまたイイ感じのオヤジがスーパーのビニールをぶら下げてやってきて、なぜか礼儀正しく「こんばんは」なんて言って仲間に加わりまして。
で、そのレジ袋から出てきたのが刺身の盛り合わせ!。
ぎゃはははは。
飲み会か。
う~ん、どうなんだ、これは。
フードコートで買ってないじゃないか!というご意見もあろうかと思うけど、後ろのオヤジはビールに、ここで買ったと思われる焼きそばで、一人で黙々とやっている。
まあ、いいのか。
よくわかんないけど。
すいてるしな。
ここだからできるって感じなんだろうな。

あとのお客さんをみてみると、なんかよく関係がわからない男1女2の組が一心不乱にかき氷を食べていたり。
高校生の二人組とかもまあ、いるんですけど、どうもその印象は薄い。
おばあちゃん二人が何も食べたり飲んだりせずに向かい合ってなんか話してたり。
あとは仕事帰りの30代くらいの単独の男の人とか。
まあ、男は混んでるところよりすいてるところの方が好きっていうイメージあります俺には。
そういう人には格好のご飯スポットなのかもしれません。

うーん、ハッキリ言うと、さえない感じなんだな。
お店もちょっと、申し訳ないけど、人が少ないからかさえない感じに見えちゃうんだけど、お客さんもちょっとさえないというか…。
もしかしたら俺も…!?。
うーむ。
ま、でも、何か落ち着くのは確かだな。

とはいえ、申し訳ないけど、俺は、ここで刺身にビールという人には決してなりたくないけども…。
ごめんな、赤ら顔のオヤジたちよ。


で、帰り、駐車場が屋上だったのでエスカレーターで上がると、2階にはゲームコーナーなんかもありまして。
やっぱりクレーンゲームには地元のヤンキー、…ではないな、ヤンキーに憧れてる感じの学生さんが脇目もふらずに集中しておりました。
ベストマッチだな、と思いました。
ヤンキーにはこういう感じのスーパーが似合うね。
こじゃれた店なんかより、ずっと絵になります。




(BGM:大西ユカリと新世界「釜山港へ帰れ」from「昭和残唱」)
→らしい。
このアルバムは、カバー集であるけど、とにかく大西ゆかりさんらしいというか。
やさぐれ歌謡がこんなに似合うというのはステキなことだと思います。
俺、好きなんだよね、やさぐれ歌謡って。
HOT WAXのコンピなんかは結構手に入れております。
前にもこの欄で紹介したと思うんですけど、和田アキ子さんのルンバでブンブンもカバーしております。
今はどうなんですかね、やさぐれ歌謡ってジャンルはもうなくなっちゃったんですかね。
とりあえず、この昭和のやさぐれを楽しみましょう。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP