FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

割れちゃった


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



東京都知事選と言うことで。
もちろんオレとしては小池さんに続けてほしくない。
とはいえ、小池さん圧勝になってしまうのではないか、という危惧は拭いきれない。

そもそも小池さんが何をしてきたかということ。
築地云々で勢いづいたと思うんだけど、築地は結局潰れた。
豊洲の地下の汚染は結局どうなったのか。
東京アラートもなんだったのかハッキリしない。
そもそも、解除したけど感染は減ってない。
しかもそれをなんだか夜の街のせいにしてる感じもある。

ま、総じて信用なりません。
学歴しかり。
というか、学歴はなくてもいいと思うけど、「大学を首席卒業した」って選挙で言っちゃう感じも好きじゃない。
しかもそれがウソなんじゃないか疑惑がすごいじゃない。
まあ、その大学のある国の言葉で喋ってくれれば済む話のような気がするけど、しないんだろ?。
ま、この件はその国も怪しいけど。
いくらか握らされてるのでは?みたいな。


というわけで、まあ「小池さんに続けてほしくない」という勢力が一つにまとまってほしいとは思っていましたが。
ま、前回もそういうことでやったけど負けて。

なのに、まあ今回も割れた。

正直、先に出馬表明した宇都宮さんに関しては、勝てないな、とは思った。
知名度のこともあるし、そもそもう~ん…。
いいことは言ってるし、ぜひ都知事になってほしいが、これまでの都知事の選挙を考えると、「ぜひ都知事になってほしい」人は当選してないわけよね。
そう考えると、正直パンチにも欠けてる感じがした。
「ぜひなってほしい人」プラスパンチがないと、やっぱちょっと都知事選は苦しいのではないか、と。
そう思っていました。

その後山本太郎さんが出馬表明と言うことだけど、これでまあ結局、打倒小池さんは割れてしまった結果になったわけだ。
これでは、勝てないですよ。


山本太郎さんの出馬表明の中で明らかにされたのは、野党の中でいろいろもめた、みたいな。
立憲が、とか。
なんだとか。

ま、わかりますよ。
そういうことなんでしょう。

でも、どうなんですかね、この密室感。
結局自民党じゃん、みたいな。
それを吹き飛ばすために山本太郎さんは出馬表明でそれを言ったのかもしれないけど。


これまで、こういう「野党一本化」ってのは、なんかうまくいくこともあれば、そうじゃないときもある。
これ、なんだかんだすごい党の思惑、というのがすごく感じられるわけです。

確かに政党政治ですから、党がどうこう、というのはあると思いますし、そのために党があるんだと思います。
けど、自民党に対して、他がバラバラすぎて、「野党一本化」というのがいつもなんかもめる。
その中で、どうしても我々としては「またかよ」という気持ちになってしまう。

正直、今回もそういう気持ちだ。
まあ、都民じゃないけど。


国政ではなく、首長選挙ということにおいて、そんなに党がどうこうってのは関係するんだろうか。
いや、するんだろうけど、投票する側はそういう意識はあまり持てない気がする。
国政なら、どの党がどのくらい票を取ったか、というのは重要だけれど、首長選挙はそういうことでも無いような気がするんだよな。

事実、カジノは白紙、とか言った人は当選するし、まあもちろん投票後に白紙にしてやることにしたらしいけど、同じようにまあ小池さんも築地云々のことで票を取ったんだと思いますよ。
当選後築地つぶしたけど。
築地も、カジノも、その時の重要な案件で、世論が割れるようなことだったわけだけれど、それをうまく「やってくれるだろう」ということで票を取った。
まあ、公約は反故されちゃったわけだけれど、それはそれでまた別の問題ね。
結局、投票の時点では、そこにはあまり政党色は見えないのではないか。


これね、まあ野党がこんなにあると難しいのかもしれないけど、予備選挙やったらいいんですよね。
今の都知事選なら、現職が強いわけだから、それを倒そうという人たちで、予備選挙をやる。
で、宇都宮さんも山本太郎さんもそこで選ばれた上で出たらいいんだよね。

密室で、鳥越さん出るから降りて、とかやってるから、俺らは「またかよ」とか思っちゃう。
しかも勝てなかった。


正直、今の左派という人たちは、付き合っててもわかるんだけど、理想が高すぎるんだよね。
自民党とかは金儲けで一致してるから、もうあとはどうでもいい、って感じじゃない。
でも、「かくあるべき」が、それぞれにありすぎて、なかなか一本化できない感じがする。

どこかの会議とかに出ても、それぞれが言いたいこと言ってまとまらない、みたいなことってあるもん。

今は現職を落とそう、ということなんだから、そこに一本化すればいいのに。
そこで、党がどうしたとかの密室感が入るからなんだかもう見てらんないし、うんざりする。


山本太郎さんが出てよかった、とか言う人がいるけど、いや、やっぱ割れちゃった、としか俺は思えない。
いや、山本太郎という政治家を誕生させたいと思うし、頑張ってほしいとは思ってる。
けれども、この状況でだろうか?

確かに、宇都宮さんでは勝てないだろうという予測、それはわかる。
けれども、勝てないだろう、と言っていてもしょうが無いんだから、まあ応援するしかないんだろうとは思っていた。
でも、それを割るようなことはどうなのかな。

しかもそれが密室でなんやかんや言われると、なんかホントにうんざりする。


しかも一番気に入らないのは、このことで小池さんはホクホクしてるような気がするよ…。
それが悔しい。






書店員

車募集

(BGM:Kyuhyun「Beautiful」from「Celebration ~君に架ける橋~」)
→日本語が上手だよなあ。
こういうの聞くと「プロ根性」という言葉が浮かぶ。
まあ、元から話せたのかもしれないけど。

テレビにリアルなど存在しない ★ 映画 「さよならテレビ」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



「さよならテレビ」を見ました。
けっこう気になっていたんだけど、ずっと見れず、埼玉県の果てまで行ってみてきましたよ。
これ、ネタバレするので、これから見ようとする人は読まないほうがいいかもしれません。

見たのは、深谷シネマで。

いや、いい場所でした。
行くのに三時間かかったけど。

前に、こまどり君の自主ライブみたいのをここでやってて、それで行ったことがありまして。
そこで猫道さんに初遭遇してるんだよな、うん。

なかなかこういう地方都市で頑張ってる人が集まれる場所、というのは行ってみると楽しかったりする。
まあ、どっか「おしゃれ系」という感じがして、ちょっと引いちゃうところもありますが、でもまあ、こういう場所があるというのはやっぱいいよな、と思う。
だから、できるだけ行ったりしたいな、と思ってるわけですが。

ま、この深谷シネマでこの映画を見れたというのはなかなかよかったかな。
シネコンで見たら興ざめかもしれない。
この辺のシネコンではやってないか…。


東海テレビのドキュメンタリーはなかなか評判がいい。
他にも何か見た気がする。

とはいえ、この映画は「ドキュメンタリーとは何か」にまで踏み込んでくる。

「本当にそれは事実ですか?」という。
フェイクじゃないんですね?
ノンフィクションじゃないんですね?という。

確かに、もうカメラが入った時点で、「普段ではない」。
そして、映像の切り取り方ひとつで、見る側の印象はガラッと変わったりする。
もちろん、見る側の力量も問われてくる部分があって、つまりこの映画で言えば、そもそも「共謀罪」というものに、少なくともなんか感じてない人にとっては、この映画が何を言いたいかすらわからないかもしれない。

特に、ノーナレーションで進むこともあって、見る側にかなりゆだねられている映画であるとはいえる。
つまり、「こう見てください」という強制があまりないんですよ。
逆に言うと、この映画を劇場に足を運んでみよう、という人のフレームに合わせてはいるんだけど、そっから先は何も言ってくれない、というか。

ドキュメンタリーにありがちな「何かを教示したい」みたいな映画ではないなあ、とは思っていたんだけど、すごくまあ、わかりやすくは進むんですよ。
「こんなにうまく三者三様のキャラっている?」みたいな。
テレビ局の闇ってこういう感じなんだろうな、というのが、きちんとその通りに進む。
デスクは視聴率ばかり気にして悪い感じだし、記者はがんばっているけれど、報われない感じもあり、派遣できた若い社員は(仕事ができない感じの人だった)早々に切られてしまう…。

その若い社員が切られたとき、上司は「ここを卒業ということで」とか言うんだけど、その報われない記者は「卒業とか聞こえのいい言葉使ってるんじゃないよ」と毒づいたりする。
あまりによくできたドキュメンタリーだな、とは思っていたんです。


しかし、最後の最後にネタ晴らしがあります。
その記者と新人社員、アナウンサーの三人には、この映画の趣旨を話してあるんだな。
で、彼らはそういう風に動く、という。
テレビの人だから、まあそういうことには長けている。

つまり、これはドキュメンタリーではあるけれど、そして実際に起こったことを追ってはいるけれど、それを「テレビ的に」わかりやすく「成り立たせている」映画、なのである。
そして、そこまでを言ってしまっている映画、ということになる。
つまり、ドキュメンタリーの裏をきちんと最後に提示している。
そこまでがこの映画なのだ。

そう言われてみれば、デスクの人たちはとにかく悪っぽく描かれていたし、つまりはそういう場面だけを「使った」のである。


とはいえ、ここで描かれていることは真実であることには変わりがない。
だから、こういう面があるということについては否定できない。
というか、そういう面があるんだ、テレビ局には。

だから、闇は闇だ。
視聴率視聴率、ゼヒネタ(スポンサーがぜひ取材してくれとねじ込んでくるやつ)そればっかりで共謀罪すらまともに報道できない。
けれども、それを暴く、という方向の「ドキュメンタリー」がこういう風に成り立ってしまう部分も「闇」なのだ、ということをこの映画は言ってるように思える。


いや、最後のネタ晴らしこそ、もしかしたらフェイクなのかも??


つまり、もう、本気で「さよならテレビ」すべきなのかもしれない、って話。





書店員

車募集

(BGM:Beleza「This Masquarade」from「Tribute To Antonio Carlos Jobim」)
→アントニオカルロスジョビンもやっていたのかな。
オレの中ではジョージベンソンかな。
中学の時によく聞いてた、て、周りが歌謡曲に埋もれる中、まあイヤな子だよ。
調べてみたら、そもそもカーペンターズが広めた感じなのね。
このトラックは別にどうってことないカバー。

反対する理由がわからん


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg


夫婦別姓に反対する人、ってのがいます。
俺なんかは賛成する方ですが、というか、実際俺は再婚して、本当は戸籍上は内藤さんになったわけですが、佐藤さんで通してる。

でもまあ、病院とかに行くと内藤さん、と呼ばれますね。
保険証がそうだから。

ま、苗字を変えるというのはけっこうめんどうな作業で、通帳から何からみんな変えなきゃいけない。
正直、まだ変えてないモノもある。
おっくうで。
わざわざ銀行にいって、ハンコまで新しくして、しかもまたされるでしょ。
一カ所づつ、一日仕事になりますね。

これをまあ逆に内藤さんが佐藤さんに変えたとしても同じです。
どっちにしても、めんどうな作業、ということです。
で、たいがいそのめんどうは女性が押しつけられることになっています。
しかも、どこか「女性が苗字を変えるためにいろいろやってるのは愛情の証」という感じすらある。

んなわけない、と思いますけど。
だったら男性でも同じじゃない?と。
けど、「内助の功」的な日本社会だと、まあそうなっちゃいます。

そもそもこういうのは、なんか論議自体がバカバカしいとも思うんですけどね。
男だから、女だから、言われた瞬間に、もう俺は馬鹿馬鹿しいとしか思えない。


で、まあ夫婦別姓と言っても、選択できるようにすればいいじゃない、ということでね。
選択制夫婦別姓、というのが今の論議の中心になってると思います。
同じにしたい人は同じにすればいいし、じゃない人は別姓でもいいじゃん、みたいな。

ま、選択肢を増やそうよ、って話ですよね。
いいことですよね、どう考えたって、選択肢を増やすんだから。

にもかかわらず、反対する人ってのが多いんだ。
選択肢を増やすよ、って言ってるのに、反対する人が多いって意味がわからない。
イヤならあんたは通常今まで通りでいいじゃん、と思うんだけど。

バカですね、もう。


で、まあいろいろこんな話を飲んでる時にしていて、ちょっとまあ話としてね、「結局、女の人が独り立ち?するのがイヤなんじゃないの日本って国は」という。
別姓なんかにして、社会の雰囲気として女性が一人の人格として認められるのがイヤ、という。

女性が輝ける社会!とか言う割に、まあ絶望的な状況といって差し支えないわけですが。

なんでしょうね、俺なんかは、責任が被さってくるのイヤなんですよ。
めんどくさがりだし。
だから、これまで影に隠れていた、というか隠されていた女性がバンバン活躍してくれることは、なんか責任が薄まるようで嬉しいですけどね。
むしろ俺はひっそり生きたいよ。

なんなんでしょうね。
「俺の思い通りにならないとイヤ」という「男社会」の感じって。
意味がわかんない。
そんなに責任取りたいんですか?
いや、そういう人は結局は取りゃしないのか。
今の政権見てりゃよくわかるな。

というか、「せめて女性だけは俺の言いなりになれ」ってことでしょうか。
社会では俺はうだつが上がらないが…、とか。
だとしたら、もうクソですね。


最近、駅とかで、わざと女性を狙ってぶつかってくる人とかもいるんでしょ。
もう、その行為はクソを通り越してますけど、卑劣というか。

なんなんでしょうね。
女は(体力的に)弱い、というのを逆手にとって、「何やっても反発してこない=何してもいい」ってことなんでしょうかね。
金髪にしたら、そういうことをしてくる人が減った、という女性の声もネット上にはよくあります。
「大人しそうなのを狙う」という、まあこれ女性相手じゃなくてもダメですけど。

そもそもが鬱積してるんでしょうか。
そのぶつかっていく人も。
うまくいかない社会の鬱積を、立場の弱い人にぶつけて満足してる。
で、その弱い人(ここでは女性)が、女性専用車両、なんてのに乗ってるのも気に入らないんでしょう。
「なんで女性だけ専用車両があるんだ」とかワケのわからないことを言い始める。
だって、あんたがぶつかってくるからでしょうに。


あのさ、もうそういう「ポマード臭い日本型男社会」さ、みっともないからやめようよ。
あ、ポマードに罪はないな。
女は傅いてあたりまえ、みたいな社会を作ってるの、俺たち男だよ。

いいじゃん、選択制で。
選択できるようにしよう、ってんだから、文句ないだろうに。







書店員

車募集

(BGM:ニコチン「EYE OF THE TIGER(ロッキー3)」from「ニコチン&ニュー・ファウンド・グローリー」)
→ま、いわゆるパンクカバーに納まっちゃっててちょっと残念。

約束事がない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



佐藤先生の訓練を見てたアキから聞いたんですけど。
ま、オグラの時間の話なんですが。

まあ、佐藤先生は御年88才と言うことで、昔から養護学校の教員、校長とかを務めてきた人でありまして、今はもう隠居ですが、にじ屋には週一できてくれてみんなの訓練、勉強とか、いろいろ見てくれています。

まあ、ウチの連中はみんなこれを楽しみにしていて、とにかく「漢字が読めるようになってうれしい」とか、なんだか教育の原点を見るような思いなんです。
ありがたいことです。
さぼりたい、とか、そういうことじゃ全くなく、勉強に燃える心というかな、そういうのに火を点けてくれたのが佐藤先生だと言っていいかと思います。
最近では「宿題」というのもあるらしく、しかしみんなきっちりやってくるようです。

で、一方のオグラはまあ元生徒会長で、漢字もある程度書こうと思えば書ける。
もしかしたら、一番認識は高いのではないかと思ったりすることもある。
けど、まあ他の連中に比べて、勉強への貪欲さに欠ける。
これも長い施設生活故なのか、そもそもいろいろなことへの意欲にはかけるところがある。
「大日本プロレスを見に行きたい」とか、本人すごく思っているのに、自分からは言い出さない、みたいなところがあります。
まあ声をかけてやってそれらを実現させてやってるわけですが、その辺、どうも他の連中に比べて「もっと楽しく生きたい」という感じに欠けるというか。


ま、そんなわけで、どうもその日はオグラが宿題をやってこなかった、と。
それで佐藤先生も、まあその宿題を一緒にやろう、みたいなことになったらしく。

で、その宿題というのが作文なんだけど、この題材が「四人での生活はいかがか」みたいな感じの、なかなかに難しい題材だな、とアキは思ったらしいんだけど。
佐藤先生としては、そのくらいはオグラは某か書けるだろう、と思ったんでしょう。

オグラは今、市丸、カイ、アクムと4人で一軒家を借りて暮らしています。
まあ、そのことについて書けと言う。
で、まあでもオグラはピンとこないみたいな感じで、佐藤先生がいろいろ聞く。

「なんか決まりとかないの?」
「う~ん…(と考える)」
「ほら、例えば、風呂に入ろうとしたらアクムが同時に入ろうとしたらどうすんの?」
「う~ん、その場合は、アクムに譲りますかね…」
「寝る時間とかは?」
「う~ん…特に決まってないですね…」

ま、こんな感じだったらしい。
佐藤先生としては何か手がかりがほしかったんだろうけど、この約束事、と言うことに関しては、まあよくよく考えたら、「何も約束事はない」ということであった。
だから、まあオグラも答えようがないというか、そもそも「約束」が彼らの生活の中にはなかったのであります。

まあ、約束事として、「火を使ってはいけない」というのはあります。
しかしこれも今はIHだし、この4人はタバコを吸わないので、そこはまあもうどうでもいいというか、う~ん、あまりこうオグラにとっても「約束」ではないのかな。


これ、佐藤先生の年代の人にとって、やっぱりこういう知的障害者が集まって暮らす、となると、「いろいろ約束事があるんだろう」という「常識」がまずあったんだと思います。
例えば、消灯が何時、とか。
風呂に入る順番、とか。
掃除の分担、とか。

でもないんだよな、そういうの。
そりゃオグラも答えに窮する感じもわからなくはない。

先の風呂の順番にしても、おそらく、オグラとアクムがかち合えば、オグラがアクムに譲るでしょう。
アクムは「今入りたい!」となって、入れなかったら大騒ぎするんじゃないか?というのもオグラはよくわかってる。
だから、オグラはそこは譲る。
それは市丸も同じでしょう。

この辺、まあお互いに気を遣いながらやってるわけで、でもそれを「約束」にはしてない。
何時に風呂に入ろうが、何時に帰ってこようが、何時に寝ようが、まあどうでもいい。
泊まってくれる人が毎日いるわけだけれど、「そろそろ寝ろよ」とは言うかもしんないけど、「●●時だから寝なさい」とはならない。
まあ、とにかくが「テキトウ」なんである。

決まりを作れば、まあ守れないヤツが出る。
守れないヤツが出ると、そのペナルティだったり、どうやって守れるか、を考えなきゃいけない。
でも、よくよく考えたら生活だからね。
そういうのを持ち込むのもどうか、って思いもある。

俺らだってあるじゃないですか。
「今晩は疲れて面倒だから、明日朝風呂に入るか」とか。
ま、そういう感じ。

実際、市丸なんかは、朝来るなり「オレ、機能寝ちゃったから朝風呂入ってきたんだよ」とか言いながら来るときもある。
あ、そうなの?ってか、まあどうでもいいな、と思って聞き流してますけど。


俺らとしては、もう当たり前だと思っていて、そしてそれが毎日だからどうにも思ってなかったけど、よくよく考えたら、この「約束事がない」ってすごいことなのかもね、とアキと話して思った、という話でした。







書店員

車募集

(BGM:Sinéad O'Connor「Famine」from「Universal Mother」)
→こういう「ラップということでもないが、とりあえず喋ってるのが乗ってる」って感じがすごく好きですね。
肩の力が抜けてる感じで好き。

その時はキレよう!


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


kaijosha.jpg



最近は近所の店に飲みに行くことが多いですが、どうですかね。
まあ、駅前とかでなじみの店、みたいなのはなくはなかったけど、近所でそういう店ができるというのはありがたいことで。

そもそも俺の場合は、職住接近。
ウチから事務所まで信号もない。
どころか冷静に歩いてみると横断歩道もなかったという。

恐ろしいことです。
というか、ありがたいことです。

で、まあ、近所の店にずいぶん通っておりました。
この間。
それはそれでとてもありがたく、楽しかったんですが。


でもまあ、そろそろ駅前くらいまでは出ようかな、と思ってる昨今です。
井上たちにも、都内はちょっと難しいが、駅前くらいならいいだろう、というコロナ解除第三弾くらいを話したところです。
まあ、いろいろ約束事は決めました。
それをきちんとやってね、ということで。

井上たちにしてみると、彼らだけ、俺らと飲んでいても、まあ物足りないわけでしょう。
イベントなんかで知り合った人とコロナ前は「大宮待ち合わせで」とか言って飲みに行ってたわけだから、やっぱそろそろそこに戻したい、という思いもずいぶんあるようで。
その辺もやっていいですよ、誘ってみてもいいですよ、という感じにしようと決断したところなんですが。

そういう、井上たちを誘ってくれる人たちが、俺らの周りにはずいぶんいたりするので、それはとてもありがたいことであります。
普段、俺らと一緒で、まあだから俺らと飲むってのは、それは仕事帰りに同僚と飲むようなあれだけれど、といっても、まあ彼らにとっては俺なんかはどっか「先生」なわけだけれど。
そこから外に広げられる可能性を作ってくれる人たちがいて、ほんとにまあありがたい。

とはいえ、感染は怖い。
いろいろ約束事も作りながら、守らせながら、守りながらやっていきたいと思ってる今日この頃。


近所の店のいいところは、やっぱ「同じ店やってるし」みたいな感じもあるわけですよ。
うちはにじ屋をやっている、そしていろいろポスター貼るのなんかも協力してもらってる。
そういう店に行きたい、という気持ちはすごくあって。
地域で盛り上げたい、というか。
廃業する店も多いと聞きますが、そういう感じの部分で支えあいたいというか。

まあ、俺らの力なんて鼻くそみたいなもんですが、鼻くそも集まればくそ、ということもあります。
くそというか、ボトルを入れるくらいはできるかもしれない、みたいな。


とはいえ、ウチの事務所やお店はそもそも駅から遠いですから。
人に来てもらうとなれば、やっぱ俺らのほうから駅に出る、というのが流れでしょう。
ここの地域も盛り上げたいが、一緒に飲みに行ってくれる人も増やしたい。
そういうわけで、そろそろね。

でも、というか、なんか怖くなってるね。
あれ?駅に出るの、ちょっと怖くない?みたいな。
気づいたら、なんかそういう気持ちもちょっと出てきてしまうくらい強烈なコロナ。
というか、自粛期間。

ずいぶんなんか洗脳されちゃったな、と思いますね。
ステイホーム言われて、どっか「外に出るのは怖い」にそれが変換されてしまったような。

「正しく怖がる」といっても、怖がるに正しくも何もないわけで、怖いものは怖い。
貞子がテレビから出てきてんのに、「正しく怖がれ!」と言ったところでどうにもなりませんわな。
でもまあ、どっかでもみなさん恐る恐るなのは同じなのかな、と思ったりすると、コロナ前のノーガード戦法ではない社会はもうできているような気もしたりしなかったり。


これでまあ、駅前に行こうかと思いますが、よく行っていたおばちゃんの店は大丈夫だったのだろうか、とか、ちょっと心配ですね。
これで廃業とかしてたら、やっぱもう、怒っちゃうな。
金ちゃんと配らないから。
そもそも自粛しろなんて、おかしいし。
「自粛を要請」というわけのわからない日本語については、俺はもう絶対忘れないから。
こういうことをするんだ、政府は、と俺はしかとわかったよ。

俺は仕事としては自粛もできなかったし、リモートもできなかったから、逆にすごいストレスではあったけど、仕事がなくなる、ということはなかった。
それはありがたいのかどうなのか、よくわからないけど、いや、そもそも誰だって仕事はなくなかったはずだからコロナがなければ、いや、補償があれば。
しかも、コロナは誰のせいでもないし。

第二波なんて言うけど、それでまたこの調子で、補償なしの自粛要請なんて言われたら、もう、その時は、キレよう!。
みんなで。

もう二度とあの補償もないステイホーム状態はごめんだよ。





書店員

車募集

(BGM:鈴木トオル「WITHOUT YOU(アルバムバージョン)」from「マリアージュ」)
→これね、まあスタンダートナンバーですね。
いろいろな人が歌ってて、もうどれと最初出会ったのか忘れましたね。
でもまあ、名曲には違いない。
名曲だけにね、まあカラオケになってしまいがちなんですけど、そうなってますねこれは。
基本、Nilssonのバージョンを踏襲してる感じ。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE