プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

霊能者がコメディっぽく登場するホラーは好き


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


録りためてあった映画などを見たシリーズ。
ネタバレします。


「蠱毒 ミートボールマシン」

蠱毒。
それは、毒を持った虫を一つところに入れて、闘わせて勝った虫をどうこう、みたいな魔術的なコトらしい。
で、例えばこのタイトルだと、主人公がそういう魔術を行う的な映画か?と思うわけですよね、でも、そうじゃなかった。
魔術を行うのは宇宙人。
虫が人間!!

…いや、これはやられました。
その視点の切り替えがまず衝撃的だったのと、CGがサイコウにイイ。
安い感じに、大量の血のり。
というか、血液。
スプラッターを愛する感じが伝わってきます。

ま、こうなると、もうストーリーはどうでもいいんですけどね。
映画自身が暴走してるような、ストーリーすら暴走してて、見ていて気持ちがいい。


「マニアック・コップ」

警察の制服を着た殺人犯が次々と市民を殺す。
その殺人犯は、元警官で、死んだと思われたが、検死官によって甦らされた男であった!。

最初、この犯人を追っていた主役とおぼしき警官は終盤にさしかかるところで死んじゃう。
え?と思っていたら、自分が疑われていた警官が主役となって物語を進めていきます。
しかも、不倫相手と!
しかも、自分の奥さんは前半でその犯人にコロされている!
ちょっと奥さんには落ち度があるようには思えず…しかもなんかその不倫のせいで精神的に参ってるようにも見える…。
…う~ん、こうなると、なんかもう感情移入できない…。

そして、ラスト、死んだと思っていた犯人は、実は生きていた、という。
調べてみたら、2,3と続編があるのね。
…ふむ…。


「ほんとにあった! 呪いのビデオ~THE MOVIE~」

白石晃士監督と聞いてちょっと期待したんだけど、これはダメだ。
やる気が感じられない。

一つのビデオを追うだけじゃダメなんですよね、ほん呪は。
いろいろなビデオがリンクしていって、最後にはスタッフが異変に襲われて…、となっていかなければならない。


「101日」

う~ん…。
着想はね、悪くないよな…。
リアリティ番組で、数組の夫婦がシェルターみたいなところで共同生活をしてるんだけど、その間に戦争が勃発。
で、出演者は戦争に気づいてない、という。
こうなると、戦争のない状況のこの番組を見ることが、国民にとって、戦争を忘れられる時間、となる。
そして大人気番組へ、となるが、最終的には核まで登場して、おそらくほぼ全滅という状況に。
で、この出演者が、地球の希望の星となる、みたいなことなんだけど。

これ、つまり番組外ので起きる物語なワケです。
戦争も、戦争のことを隠しておこう、と決めるプロデューサーとかも、番組外の人。
番組内のことは、あまり関係ないわけ。
だから、出演者のキャラクターとかは薄くしか描かれてない。
ここがね、ちょっとネックで。

最後にアダムとイブになる、みたいなことなわけですよ、これ。
で、そこに気づき、外に出る道があることに気づいた時の、いわゆる心細さとか、ワケのわからない感情ってのが、あまり伝わってこないんです。
正直、ちょっと演技が苦しい、というのもあります。
もっとどうでしょう、出演者を少なくしちゃったらよかったようなね、そんな気がしますが、それだと「リアリティ番組」のリアリティに疑義が出ますかね。

ま、そんなわけで、この映画のキモは、おそらくその「出演者が気づく」ところだと思うんだけど、そこが盛り上がらない感じで、ちょっと寂しい。


「ずっと友達」~「NULL ずっと友達Ⅱ」~「因 Ing」

田渕研路さんという監督さんの作品。
中編というか、まあ短い作品たち。
沖縄で活躍してるのかな?
1作目は正当化ホラー。
霊能者がちょっとコメディっぽいというか、イイ感じで入ってくるのがなかなかいいんだな、これ。
このパターン好き。
けっこうホラーを知ってる人の作品って感じがする。

で、2作目がなんかすげえ飛んじゃう。
ものすげえ実験作で。
でもまあ、なんか整合性はとれてまして、納得できる作品というか、きちんとしてます。
もっとコンパクトでよかったんじゃないか?
正直、ちょっと長い。

そして、これはつぎの作品「因」に微妙につながっております。
そういう意味では、「因」のイントロって言ってもいいかもしれない。

で、ラストの「因」なんだけど、これね、この被害者の女の子の演技が…。
まあ、なんかこの大仰な演技がどっか我々を異界にさそう感じもなくもない…、ってないな。
ないない。
ちょっとこれは大根がすぎるか…。
残念…。







(BGM:ヒデとロザンナ「ミッドナイトボサノバ」fromYOUTUBE)
→ボサノバ+歌謡曲、がいい具合で調合されておりまして、サビのハーモニーも歌謡曲の基本に則ったモノでありまして、どっか「日本ボサノバ」ですね、これは。
シャバダバダ言ってればボサノバになるかというとそういうわけでもない、というか。

お子様連れでも安心なアングラ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


というわけで、劇団ごくんこを見てきましたよ。
越谷のみなさんがまた呼んでくれたようで。
ありがたいことです。

オレが大学の時に出会ったどくんごは、まあもう「アングラの極北」でした(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-3698.html)。
今は全国を旅するテント劇団として、知る人ぞ知る存在、という感じかと思いますが。


見てて思ったのはですね。
アングラってのは、正直言うと過激に行けば成り立つんです。

簡単に言えば、全裸ですよ。
全裸ならもうアングラなんだから。
だって、オーバーグランドではやれないでしょ。

こういう言い方はなんですけど、血を見せる、客を威嚇する、まあなんでもいいんですけど、とにかく過激方向に行けば成り立つ。

だから、正直言うと、そういう一般紙向けの「過激!」みたいなモノを「越える何か」がなければ、見ててもつまらないんです。
だって、「あ、この人たちアングラやりたいだけなんだ」ってなっちゃうから。
二回目は行かない、ってことになる。

だって、表現したいモノがないのにやってたって、そりゃ意味ないじゃん。
見せる価値がない。
アングラやりたい、っていう「方法」だけだったら、そりゃないでしょ?って話で。


ま、それはいいとして。
で、どくんごなんですけどね。

表現方法が、まったく過激じゃないんだよね。

う~ん。
ここがね、すげえのよ。

いや、確かに「考えても考えても中身がない」という意味では過激なのかもしれない。
でも、それはアングラという設定の過激ではない。
それでいて、アングラ臭はすげえんだよな。

いや、何もアングラばっかりがイイ、ってわけじゃないですけどね。
でも、オーバーグランドに出てる資本主義との親和性に溢れる作品には辟易してますからね。
絆とか簡単に言っちゃうヤツ。
そんなことで、相対的には、やっぱアングラに体重が乗っちゃうね、オレは。


途中、やっぱり今回もバックの幕がなくなっちゃいまして。
駅前の広場だったんですけど、通勤帰りの人たちに、オレたち観客が見られる、という事態になりまして。

これね、いたたまれない。
見に来てんのに、見られる、という。

この辺が、まあ挑戦されてるというか、そういう感じではあるんだけどね。

それを逆手にとって、幕間にわらじという障害者団体の人たちがちょっとした劇をやったりしてて。
それもなんか面白かったな。


そんなわけで、どくんごはお子様連れでも安心なのよ。
逆に、子どもたちが将来、日本全国を旅して演劇やりたい、なんて言い出しそうで、それはそれで過激なんだけど。

ま、そんなこともありまして。

ただどうでしょう。
今回は、ちょっと前回がキャッチーだっただけに、難解な感じもしたりしましたね。
いや、難解じゃないな、答えはないんだから。
ってか、基本、不条理劇なわけだし。
キャッチーじゃない、って感じが一番しっくりくるかな。

でも、それもまた彼らの本質なんだろう。
別に、そこに意味はないのかもしれない。


いや、突っ込みがいればね、これはいちいち爆笑するんでしょうし、メジャーになるんだろうけど、どくんごの演劇には突っ込みはいない。
ボケッ放し。

これね、怖いんですよ、けっこう。

ウチのステージでも、井上がなんかする。
なんかしたときに、やっぱ客は戸惑うわけです。
けど、そこに「おいおい」と一言言ってやると、まあお客さんは「ココ笑ってイイところだな」と理解してくれる。
だから、どうしても突っ込んじゃうんですよ。
怖いから。

それをモノともしないで演じ続ける、ってのはなかなか難しいことではあります。

いや、すげえな、って話なんですけど。
って、まあ役者さんなんだからあたりまえか。


あ、それと、合奏もあったわけだけど、合奏というか、バンド的な。
ピアニカの方、すげえフレーズを繰り出してくるので、いや、すげえ方だと思いました。
ジャズ方向なのか、あんなフレーズを弾いちゃうなんて、いやすげえよ。
格好良かった。


一度ね、とにかくどくんごは見に行くことをオススメします。
日本全国回ってますから、お近くに来た際にはぜひ。





(BGM:EDDY GRANT「Boys In The Stree」fromYOUTUBE)
→おお!これがマッチョドラゴン原曲か~。
なんか、似ても似つかないな…。
藤波さん版はアレンジも秀逸なのだな。
歌唱に寄せてるというか。

「誰がやった?!」(その2・ラスト)


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4443.htmlのつづき


よく、にじ屋の仕事なんかで「誰がやったんだ?」ということがあります。

これを書いてる今朝もあったんだけど。
まあ、誰がやったとかって、犯人捜しというよりは、「状況を知りたい」ってことなんですけど。

そもそもまあ、なにかやって怒られる、ということはあまりないんだけど、約束通りにやってない、みたいなことで、「それ違うじゃん」ということはまあまあ、集団ですからあるわけです。
もう一度最初から説明繰り返し、みたいな。

まあ起こってしまったことはしょうがない。
もうあきらめるしかないんですが、だからといって、そのまま放置できない、というか、次に同じように起こらないようにするためには「状況が大事」ということはあります。
それによって、事後策が決まる。

しかしですね、この「誰がやったのか」が出てこない。
これ、往々にしてあります。


つまり、「誰がやったのか」=「怒られる」という図式ですね。
学校でガラスを割った。
誰がやったのか?と問われて答えれば怒られるわけです。
「誰がやったのか」というのは、つまり「怒られる前兆」なんだよね。

結局、怒る気がなくても、というか、そういう感じを徹底的に抑えて言ったとしても、もう「誰がやったのか」という言葉は、彼らにとって「前兆」でしかなくなっている。

例えばまあ、そういう部類の、ガラスを割ったとかのことでも、「正直に言ったからよし」というのはあったとは思うんだけど、なかなかそれは残っていかないんだなあ、と。

小学校じゃないんだから、そういうことじゃなくて、問題を解決しようよ、再発を防止しようよ、という話なんだけど。
なかなかこれ、伝わらない。
ま、彼らが子どもだから、ってのはありますよ、確かに。
中身で言えば、そりゃ小学生かもしれないもんな。

でもまあ、これ、別に知的障害者とかじゃなくても、そういう反応をする職員とかもいたりするから、子ども、大人、とか、そういう簡単なことじゃないのかもしれません。

なんとかね、その辺の気持ちをほぐしていかなきゃいけないな、と思うワケなんですが。


ただ、これに関してもう一つ思うのは、「本気で覚えてないんじゃないか?」ということなんですね。
誰もやらないのに、スイッチがオフになってるわけはない。
だけれど、オフにしたのが無意識だったとしたら、もう「誰がやったかわからない」のであります。

「誰がやったんだ?」という問いに対して、もう全ての記憶をシャットアウトしてしまう、というのは、先の反応からあり得ることかと思います。
「もう俺は関係ない」という風にシャットアウトしてしまう。

だけど、それだけじゃなくて、どうも本気でわからないんじゃない?というか。
つまり、自分のやってることが、記憶の中から落ちてるのではないか?と。
というか、そもそもが「無自覚でやってる?」という。


人って、自分がしたことに対して、それなりの理由があるというか、スイッチを切るのはライトを消したいからで、あとで思い返せば、「誰もいないと思ったから、最後は自分だと思い、切った」となります。
でも、人がいた。
となって、「あ、ごめんなさい。誰もいないと思って」となるわけです。

でも、スイッチを切ることが、「自分が最後だと思った」とかじゃなくて、無意識にやってたら、もしかしたら思い出せないのではないか?というね。


ちょっと思うのは、市丸なんかも、みんなで「それはやらない」と決めたことでも、自分のモノがそこに関わったりしてると無理矢理やっちゃってたりします。
どう考えても、あとでバレればアカンやつなのに、簡単に、「衝動的に」「反射的に」やってしまう。
ま、市丸にその罪悪感があれば、「俺がやった」ってのは出てきます。

でも、逆に「やらない」とみんなで決めてないことだったらどうか?。

衝動的に、反射的にスイッチを切っていたとしたら、そこには「やってしまった」という記憶は残らないから、その行為は残らないのではないか?というね。


いや、意味がないのにスイッチをオフにするか?ということになりますが、小さなことだと、そういうのって、彼らにはけっこうあるような気がする。

「あの箱をどこにやったか?」というのは、「あ、ここにあると邪魔だな。でも、なんの箱なんだろう。あ、提供品か」となって、提供品の場所に置くわけでしょ。
そうなると、後になって「あ、それ、提供品だったから俺があっちにおいたよ」と思い出せる。
けど、「箱がある」→「動かそう」という反射行為だと、「動かした」ことすら、残らないのかもしれない。

そもそも、自分の行為が何かに影響を及ぼす、ということがよくわからないのかもしれません。
だからこそ、反射で何かができるのかも?


こうなると、もう思い出させることは不可能。
迷宮入りです。
しかも事後策もへったくれもない。

それはちょっと発想としては突飛なのかもしれんけど。


あとはまあ、本気で忘れちゃってる、ということかもな。
昨日のことなど覚えておらん!みたいな。
こうなるともう、お手上げだな、とか思ったり。
なかなか難しい毎日であります。




(BGM:ソニア・ローザ「青いベッド」fromYOUTUBE)
→いや、日本語うますぎ。
そしてバックがフランス感を醸しだし、なんか異世界に引きづりこまれるよ、これ。

「誰がやった?!」(その1)


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


イノウエが月に一回やってたアートをやめたい、と。
というか、まあアートって言っても、休みの日に市丸の家でみんなで絵を描くとか、その程度のことなんだけど。

確かにやると言っていた職員がやめたりして、正直、目標を見失っていました。
どうしたもんか、とは思ってはいました。


イノウエ自身も気持ちが失速していたんだと思う。
俺は参加してないのでわからないが、参加者も減っていたようだ。
「みんななんで来ないんだ」と言い始めた。
それを聞いたノブが、「今のままでは行きたくない」とイノウエに反発。

そもそも、「みんな行かなきゃならない」わけじゃない。
やりたい人だけが行けばイイ、とは言うものの、イノウエにしてみたら、「自分はきてるのに」という思いばかりが先行したのかもしれない。

ま、そもそもイノウエは優等生なのだ。

で、そんな感じになり、話は平行線。
でも、参加する人がいないんだったら、どうするか考えた方がいいんじゃない?と助言。

その後、イノウエと話す機会があって、「イノウエはアートを続けたいの?」と聞くと、「いや、そうじゃない」と。

おいおいおい、と。

俺らはそれまで、「イノウエはやりたいけど、みんなが来ないから来てほしい」からあの発言があったと思っていたのですが、そうじゃなかったらしい。

「じゃあ、別にいいじゃん。もうやめたら?」という話になったわけだけど。


こうなると、例えばこうした論議に参加できない(しない)市丸なんかの意見はどうか?って話になるんだけど、聞けば市丸は「やりたい」となるんだよね。
コバも最後まで参加していたようだけど、コバはまあどっちでも、という態度。
そりゃそうだ、コバはヒマだから、なんとな~く毎回参加していただけ、ってのは普段の感じからわかる。
あまり自分の意思でどうこう、ではない。

で、市丸の「やりたい」。

でも、正直言って、やりたいのかな~というのはあるんだな。
というのも、そんなにマジメに取り組んでないし、アートに限らず、すべからく「めんどくさそうに」「寝たふりして」みたいなことも多いわけですよ。

にもかかわらず、「やりたくなかったらやめようよ」というと「やりたい」と言う。

これ、まあ反射なんだろうな。

学校なんかで、きっと市丸はめんどくさそうにやっていて、それに先生の「やめてもいいよ」というのは、「真剣にやれ」っていう「怒りのセリフ」で、本当にやめてもいい、ということではない。

でも、ここは学校じゃないし、みんなでやらなきゃいけないことじゃないから、本当に「やめてもいい」んだけど。
でも、それがもう通じないのよね。
「やめろ」というのが、「真剣にやれ」に完全に変換されちゃってる。

でもまあ、ゆっくりと話をすれば、「やりたくない」という話はできるんだけど、最初の時点で、「やりたいです!」となってしまう。
話が正直前に進まないんです。


こう考えると、確かに俺も「もういいよ」とか言ったりします。
それは、奮起を期待して。
これはよくないな、と思いまして。

「もういいよ」「やめていいよ」ってのは排除であって、排除されないようにがんばれ、というのとはちょっとやっぱ意味合いが違う。

カブキもよく「みんなの方を向かせて!」と言います。
車いすをみんなの方に押してくれ、ってことなんだけど。

まったくみんなと距離を取っているような感じなのにもかかわらず、「排除はされたくない」んだよね。
だからこそ、「やらなくていいよ」とか、「もういいよ」とかって排除の言葉を投げかければやるだろう、というのが出ちゃう。

やらせたかったら、もっと違う言葉かけをしなければならないんだろうな。
そうしないと、市丸の、「本当は別にやりたくないけど、やらなくていいよ、と言われるとやります!といってしまう心」を溶かすことはできないな、と。


続きます





(BGM:奥村チヨ「恋泥棒」fromYOUTUBE)
→このエロさってのはなんなんだろう。
セクシーを越えた、健康的なそんなもんじゃなく、場末のエロ感。
それでいてキュートなんだよな。

追い詰めない


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


いや、暑い。
広島から帰ってきて、ライブ、倉庫撤収作業とかもあって、まあ疲れはたまっていました。

なんでまあ、午前中休み、とか、午後休み、とかそういうのをつくって、とにかく体を休めて、なんて話でいたわけですが。

オグラが調子が悪くなりまして。
どうも調子悪いな、ということで、にじ屋に行かないで一日寝てなさい、と。
そしたらガチで一日寝ていて、翌日にはもうパリっとしてました。

疲れって怖い。

ま、オグラの場合は、施設暮らしが長かった間、やっぱなまってるわけです。
筋肉のかけらもないンだもん。
最近はやっと前に歩けるようになって(来たばっかりの時は、表現難しいんだけど、横に歩いていた)、まあ先日はマラソンにも出て(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4380.html)。

それでもやっぱ地力がないというか。
まあ、戻ってよかったんですけど。
次の日は得意の尾崎の卒業を小さい声ではじっこで唄ってたので、真ん中で唄え、といったら「ええ~?!」と大爆笑しているので、ウザイと思いました。


問題は、疲れてるのかどうかよくわからない、という人たちで。
コウヘイとかコバとかがそういうアレなんだけど。

「どっかおかしい」というのが、なんか認識されているのかされていないのか、でもまあ、コッチから見たらおかしいので、「今日は休みなさい」とか「横になっていなさい」ということになるんだけど。

前には、いつも通り荷物運んだりやってるんだけど、どうもなんかおかしいなあ(この辺はなんていうか、感覚ですね)と思って熱を測ったら38度あったということとかもありますから。

ま、注意深くみていなきゃならん、って話なんですが。


そんな中、先日、とても暑い日に、いろいろあって、にじ屋が手薄だった日がありまして。
暑いというか、湿気が多くて。
メールでも、「こういう日こそ気をつけて下さい」ってのは、内部には流したりはしていたんです。

オレもその日は調子が悪くて、もうやる気も起きない。
疲れもたまっていたんだろうし、天気もあったのかも知れません。


で、その日、カズミはネットで値段付けをしてるんだけど、値付けに必要なモノを取りににじ屋にいって。
そのことを、必要な報告と共にちょっと内部に書いていて、それがなかなか面白かったんで,以下転載。


アクムが火災報知器を鳴らしたとき、私はケースを取りにいっていてたまたまにじ屋にいましたが、コンさん、あーバカだなもう… みたいな感じでとくに声を荒げるわけでもなくジリジリ鳴るのを止めていたので、てっきりいつものことなのかと思いました。
あのとき声を荒げていたら、アクム、イチマルの逆ギレみたいに倍増していったのかもしれないですね。

たしかにみんなイライラだったな。
私はラベラーの玉を探していて、この引き出し以外どこかにあるっけ?と聞いたら、井上くん「しらない」タカノブ「は?わかんない」とふたりともそっけなく、ツノはカイを追いかけていて、カイはヒーヒー言いながら外まで逃げていた。それはちょっと面白かった。

コンさんだけが、すれ違うひとりひとりに「ああ、それを使うのがいいね」「あら、小銭ばらまいちゃったのか、そりゃ大変だ」とか声をかけていて、すごいなあと思っていたのでした。



ま、コンさんはもうずっと一緒にやってるんで、もう俺らは最初の頃のことは忘れましたけど、後になって彼に聞いてみれば、引きこもっていて、まあ紹介があってここに来た、という流れだった、と。
その時点でかなり追いつまっていたとも聞きました。

ここは、彼自身の居場所でもあるんだろうけど、でも、それをなんていうか、イイ感じで昇華させているというか。

「無理なことは無理!」みたいな。


ウチの専従は、それぞれに味があって、尊敬できる点がちょっとづつあって、なんかいいなあ、と思っています。
もちろん、ずっと一緒ですから、腹が立つこともありますけど、それはまああたりまえなんで。

なんだろう。
結局ですね、できないことはできないんですよね。


市丸を追い詰めて逆切れをさせるのは簡単で、ま、2秒もあればできますが、ってしませんけど、逆をいえば、それをしない、ということができるわけで。
井上も追い詰めればイジメみたいなことを始めるし、ま、確かに「がんばれがんばれ」で追い詰めることは簡単なんですが。

かといって、まあ「がんばらなくていい」ってことでもないんで、その辺が難しいところですが。
「できる範囲のがんばれ」、というか。

同じように、結局、コンさんだって、専従みんなですけど、追い詰めちゃったらダメなわけで。
互いにそういう空気にならないように、やっぱ普段からみんなで気をつけていかなきゃならないよな、と思うわけです。






(BGM:新月「鬼」fromYOUTUBE)
→いや、これね、YOUTUBEで見ると、ボーカルの人の鬼気迫る感じがすげえの。
白装束というのもあるけれど、見せ方が上手い。
そして、楽曲も難解で、和の要素も入ってて、プログレとしてすげえいい感じ。
なんか、ガゼルさん、アサイラムを思い出した。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE