FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

やってみたくなった


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


従兄弟の息子が少林寺拳法ってのをやってるとかで、東京に来る、と。
んなもんで、ちょっと見に行ってきました。

というのも、こう言ったら少林寺をやってる方に怒られるかと思いますが、ちょっとマイナーなスポーツを見に行くのが好きです(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-4282.html)。
なんで、その息子云々より、少林寺拳法ってなにやるんだ?みたいなことがもう気になってしょうがなくなってしまい、アキと一緒に行ってきた。

そもそも少林寺については、中国映画に出てくる、くらいの認識で、ほぼなんの知識もございません。
アキは、型なんじゃないか?ということで、例えば大学別にみんなで演舞をやるんではないか?みたいな。
そうなると、せっかくなんで、親戚の子が出る大学の演舞の時間に間に合いたい、みたいなことになりますけど。

ただ、俺の推理では、「闘いなのではないか?」と。
つまり、◯◯大学◯◯さんVS□□大学□□さん、というような。
で、大学少林寺の最高峰を決めるのではないか?と。
そうなると、もうその大学が何時とかそういうことでもありません。

で、まあ武道館でやってたんですけど。
やっぱ武道。
柔よく剛を制す、といいう言葉が浮かびます。

ま、時間が云々ありましたけど、なんだかんだ出発に時間がかかり、開始から1時間ほど経過したところで、武道館に到着。
だってなんかもう9時くらいから始まってるみたいで。
そんなに早くは着けませんコトよ。

中に入ると、いろんな大学の子が全国から集まっておりまして、まあ見物の人はほぼいない感じではありましたけど、ま、逆に座るところもけっこうあって、楽しく見てたんですけど。

で、まあ、せっかくなんで少林寺を知らない人も多いでしょうから解説すると、「単独」ってのがあって、それは一人で型をやる。
集団で型をやるってのもあって、それはぴっちりみんな揃って「エイヤー!」とか言いながら型をやる。
あとは、対決なんだけど、これが同じ大学同士でやるのね。
つまり、型でもあり、勝負でもある、みたいな。
プロレス言うところのスリーウェイもありまして、三人で対決、という。
それも同じ大学同士。

つまりまあ、その型の美しさ、みたいなことが重要なんだろう。
たぶん。
途中であった挨拶とかを聞いてると、精神的なことが重要視されていたし、「強さを競う」だけじゃなく、その美しさ、内面を磨く、みたいなことが大事な競技だということがよくわかりました。

アキの推理である演舞、そして俺の推理であった闘い、のいいところを取った感じの競技でありました。

型、という風に考えると、我々庶民は「なんかお遊戯みたいなもんだろ」とか思いがちだけれど、例えば三段、四段の子の闘いは、やっぱ闘いなんだわ。
すごく見ててスリリングだし、お遊戯なんていう言葉は吹っ飛びます。

なかなかステキでしたね。

それと、なんか男女とかもあまり差がなくて、女子の部、とかもないわけじゃないんだけど、けっこう交じってたりするんだわ。
で、どう見ても女子の方が動きがしっかりしてたりして。
そういうところ、なんかホントにチカラじゃなくて内面、修練のたまもの、という感じがして、その辺もステキだなと思いました。

武道場を上方の客席から見ると、なんだか女子の方がちょっと多いくらいの感じ。
まあ、女子でも修練次第で男子に勝てるわけですから、そりゃ他の競技に比べてやりがいもあろうというモノです。

で、その女子。
男子もですが、茶髪とかがいないんだわ。
ちょうど二十歳前後の子たちですよ。
一般的には茶髪の方が多いんじゃないかと思いますが、ここに茶髪じゃない方が集まっておりました。

みんななんか内面が磨かれているというか、そんな感じもあったりなかったり。
といって、いっぽうで、なんか売店の方にしっぽりとカップルがいたりして、なんか、大学生としてのキャンパスライフはしっかり楽しんでいるようで、それはそれでまたステキですね。


で、アキが言ってたんですけど、こうやって人と組み合う、みたいな経験ってのは、やっぱすごく重要なんじゃないか、って。
基本寸止めなんだけど、それでも当たっちゃったりはするでしょう。
結果的にでも痛い思いをする、ってのは、「このくらいだとこのくらい痛い」みたいなことがわかる、ってことでしょう。

実際、ロビーには冷えピタを貼った女の子とかがけっこういました。
寸止めとはいえ、当たっちゃったりしたのでしょう。

最近は、なかなかとっくみあいのケンカも小さい頃にしなかったりするから、「これをやっちゃったらどれだけ痛いか」みたいなことがわからない。
わからないから、平気でモノで殴ったりしちゃう。

そう考えると、これは「痛みをわかる」という、相手の気持ちがわかる、みたいなことにつながっているのかもしれないな、と。
内面を磨く、とは、つまりは「人の気持ちがわかる」ってことなのかもしれない。

そして、女の子が性被害に遭う、痴漢だとか、そういう時に、どう対処したらいいか、普段から組み合っていたら自然に避けられる可能性も高まるかもしれない。


いや、なかなかこう、考えさせられることの多い協議会でありました。


しかしなあ、俺、なんで大学の時に少林寺拳法とかやらなかったんだろうかなあ。
少林寺に限らず、スポーツのスの字もなかったもんな。
今考えると、もうなんかスポーツやればよかったのに。
昔の俺に言ってやりたいわ。







(BGM:三輪車「水色の街」fromYOUTUBE)
→すげえなんか浮かれた歌です。
今年は君と一緒に過ごせて嬉しいです、って歌。
ま、すげえなんかサウンドもそんな感じですけど、どうなんですかね、こういう「嬉しい歌」って、けっこう感情移入出来にくいというか、こういう気分の人は歌なんか聴く暇がないのではないか?というか。
失恋した人の方が、やっぱ歌に何かを求めたりしますから。
その辺でしょうね。

鳥は?発電所は? ★ 映画 「クワイエットプレイス」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


クワイエットプレイスという映画をやってまして。
まあ、気になってたんです。

「音を立てたら即死」
という、まあそんなコピーが秀逸。
これね、まあ最近どうも「それを見たら死ぬ」とか「増築しないと死ぬ」とかね、そんなもう「○○したら死ぬ」みたいなコピーが溢れてます日本の洋画ホラー映画。

そんな中、「音」ときたか、と。
もうこうなってくると、なにもできません。

で、まあ見にいく機会がなく。
時間もあわない。
このまま見れないのか、と思っていたんだけど。
その場合はもうしょうがないかな、とは思ってたんですが。

でも、なんかけっこう長いことやってて。
シネコンでやってるし。
しかも、ここにきてまだ日に三回とか四回とかやってる。
へえ…、けっこう人気あるのか、まあ興行収入的にいい、ってことでしょうけど、どうなんだろ?と。
気になってきまして。

で、どうしても見たくなっちゃって、わざわざもうほぼ徹夜明けの昼間に行ってきたんだけど。
ま、感想を言えといわれれば、どうでしょう。

おい!と。

何組か他のお客さんもいましたが、終わってから、ほぼその全てのお客さんが、「おい!」というか、「なに?なんだったの?」的なオロオロ感で席を立っておりました。

そりゃそうだわ。

いや、確かに音を立てたら死ぬ。
それはそうなんだ。

なんだか、ヘンテコなクリーチャーみたいのが地球に来たのか、いたのか、発生したのか、その辺はわからんが、とにかく彼らは目が見えないが、耳がいい、みたいな。
で、音がしたらそこを襲うもんだから。
つまり、大声出したらパクッと。

で、もうかなり彼らにやられちゃって、世界は廃墟になっちゃってる、というところからスタート。

…おいおいおい、ホラーじゃないじゃん、みたいな。
この設定は近未来SFであって、ホラーじゃない。
ホラーを期待して見にいったオレとしては、もうなんか肩すかしを喰らった感じ。
ホラーってのは、まあ怪談話とか過去のモノもありますが、そもそも「怖がらせる」という観点で作られなきゃならないので、設定が今の状況からあまりに突飛だと、怖いということからは遠くなっちゃいます。
そんな感じですから、これはまったく怖くない。
効果音で驚かせたりはしますが、ホラーじゃないわな。

しかも、そのクリーチャーの造形がなってないのよ。
ロボットみたいなんだもん。
これじゃあトランスフォーマーじゃん、と思ったら、制作がマイケルベイだった。

それにまあ、もういくつも設定が破綻していて、例えば電気は来てるんですわ。
ってことは、発電所は?みたいな。
発電って、音出るんじゃないですか?と。

こういう感じなので、そもそももう設定が甘いんですわね。
クリーチャーの説明もあまりないし、何匹いるとか、どういう経緯で世界が破滅したか、ってのもあまりわからないんだな。
ま、それはある意味リアルではありますけどね。
よくよく考えれば、その生き残った当事者にしてみたら、ラジオもインターネットもないんだから、どうやって政府が崩壊したのか、いや、もしかしたらどっかでまだ生きてる政府とかがあるのか?みたいなことってわからないわけだから。
だからまあ、それはイイとしましょうか。

でもなあ…。
この状況で、妊娠しちゃうし、いや、それは分からんでもないけど、赤ちゃんは泣くのが商売だしなあ…。
しかも、赤ちゃん箱に入れてフタしてOKってのもなんだし、地下室に入って、その入り口をベットのマットレスでふさいでOKというのもなんだか…。

家族の絆、みたいなことを表したいんだとしたら、なんかこの家族、会話がイマイチないからギクシャクしてるように見えるし。

ってか、まあよくよく考えれば、こうなったら電波しかないわけですよ。
だから、電気があるのにテレビが動いてないとか、ラジオがないとか(イヤホンはOKみたいな設定)そういうのはちょっと考えられないんだな。
生き残った人間が、それを考えない、というのはちょっと不可思議が過ぎる。

最終的にはなんか電波的なコト?ヘルツ的なコト?でクリーチャーが動かなくなるというか、倒れちゃうことを偶然に発見。
で、主役のお母さんが猟銃の撃鉄をおろしたところで終わり、なんだけど。

う~む。

いや、もう、なんかもう、これはダメですね。
なんなんだろう。
だって、鳥はぎゃあぎゃあ飛んでるし、なんでクリーチャーはそれを喰わないわけ?って疑問が冒頭からアタマを巡っちゃって、もうなにがなんだか。







(BGM:SALLY「バージン・ブルー」fromYOUTUBE)
→チェッカーズと男闘呼組を足して3で割った感じに、シャネルズ的ドゥワップ感をプラスした楽曲。
って、チェッカーズはそもそもドゥワップか。
ま、いや、カッコいいと思うんだけどねこの路線。
問題は、アイドル路線を足さなきゃならなかった、ってところでしょうか。

あなた誰?


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


俺は昼寝をしていた。
「ねえねえ」、と相棒が起こしに来た。
で、「◯◯さんって人が、結婚式をやって欲しいって言ってるんだけど」と言う。

◯◯さんというのは、ツイッター上で知り合った人で、そんなに面識はない。
相棒とも話題に上ったかもしれないけど、そんなに記憶もない。
そんな人が急に自分たちに結婚式なんて言うかなあ、とか思いながら、でもまあ頼ってくれるのは悪い気はしないので、「いいんじゃないの?」と答えて、また寝ようとした。

すると相棒が「違うのよ、今、来てるの」と。

え?
今?
来てる?

混乱するアタマで考えるけれど、なんかちょっと意味がわからない。
玄関先に行くと、確かに年の頃なら30代くらいの男女がいた。

二人をとりあえず居間に上げ、結婚式たってどうしたらいいんだよ、ここで?え?とか台所で二人で相談しながらお茶の準備をする。
「ま、とにかく話を聞いてみようか」ってことになり、居間に目をやると二人の姿がない。

居間からは台所を通らないと外には出れないから、帰ったということではないはずだし、どうしたことだろう、と。

おいおい、なに?幽霊?とか思って。

慌ててその人にDMを送ったんですけど、向こうは急に俺なんかからDMが来たことに驚いている様子で、うちに来た?なんてことを聞ける感じではなかった。
その人はすでに結婚してることもそのDMでわかった。

いや、待てよ、よく考えたらその◯◯さんの顔を俺はそもそも知らなかったじゃないか。
だから、そもそもあれが◯◯さんかどうかわからないではないか。

う~む…。
居間で四つの湯飲みを前に相棒とああでもないこうでもないと話していると、相棒の携帯に留守電が入ってることに気づいた。

聞いた相棒はキャッと声を上げて電話を投げ捨てた。
「なんか赤ん坊の女の子が泣いてる」と。
俺が改めてそれを聞いてみると、「おぎゃあおぎゃあ」としゃくり上げるような鳴き声が確かに聞こえる。

おびえる相棒を、誰か知り合いの携帯が偶然押されてしまって赤ん坊が泣いてる声が通話状態になってしまった、ということもあるし、と落ち着かせる。
というか、それがおそらく正解だろう。
知り合いで、わざわざ赤ん坊の声だけを留守電に入れるなんていうイタズラをする暇があるヤツがいるとも思えない。

とはいえ、立て続けに不可解なコトが起きているのは事実で、昼の日中に二人でぞわっとしながら呆然としていると、ふと俺は気づいた。

「お前、さっき女の赤ん坊、っていったけど、泣き声だけじゃ女かどうかわからんだろう。どうして女って言ったの?」

あ、それもそうね、どうしてだろう?なんで?え?どうして?なんでわかったの?とうろたえる相棒。

と、そこに、急にシャワーの水が出る。
二人以外に誰もいないはずなのに、と思って風呂に行くと、話し声が聞こえる。

え??

思い切って風呂を開けるとさっきの二人が入っている。

ええ???

唖然とする俺たちを、また唖然と見つめる二人。
ヘンテコな状況になった。


というところで目が覚めた。

誰か夢判断してください。








(BGM:大友裕子「傷心」fromYOUTUBE)
→自分で作詞作曲してるんだ。
このハスキーボイス、というか、女性の低音はすごく魅力的。
歌い上げる感じ、力が入ってる感じ、いや、ものすごい歌唱力。
一度聞いたらちょっとこれは忘れられないですよ。
ライブで見たかったな。
彼女のその後はわからないけど、そのまま埋もれてしまったんだろうか。
もったいないなあ、これは。

地に足をつけて、自分ファーストで


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


人のためになにかをする。
簡単にいうけどなかなか難しい。

そもそも俺なんかは「めんどくさい」が口癖なので、どっか人のためより自分のことを優先してしまう傾向があるな、と思うし。
それに、どっか打算もあって。
俺がやらなくても、誰かやるだろう、みたいな。
めんどくさいし、みたいな。

だから、「人のためと見せかけて自分のため」という戦法をとったりすることになるわけです。
「君のためだよ」なんて言われて、「お前のためだろうが!」ということ、よくあるでしょ。
それですね。
俺ってけっこうそういう人なんじゃないか、という気がします。
イヤなヤツだ。

しかし、「君のため」ってなんだ?
お前に俺のことがわかってたまるか!みたいなこともないですか?。
ま、だから、この「君のためだよ」という台詞は言うべきじゃないですよね。
う~む。
メモメモ…。


人のため、というと、どっか「自己犠牲」みたいな感じがつきまといます。
といって、自己犠牲で何かされても、「そこまではけっこうです」という気持ちにもなりますよね。
俺に金をくれた人が明日破産した、なんて言われたら、ちょっと金返します、となります。

つまりはまあ、「人のため」って言ってる時点でちょっとダメなのかもしれません。


最近、再婚して思うのは、とにかく「俺は幸せでなければならない」って。
そもそも、前のパートナーもいるわけですし、俺の場合、子どももいます。
だから、彼らのためにも、そりゃ幸せじゃなかったら、なんで離婚したん?って話になりますし。

それに、やっぱり井上たちに「みんなで楽しく生きていこう」「幸せに長生きしよう」みたいなことを言ったところで、自分が苦しんで苦しんでいたら、そりゃやっぱ寝言になっちゃう。
最終的には、まあ彼らに言いたいのは、「満足して死のう」って話ですから。
自分が満足出来てなかったらなかなかねえ、彼らにも伝わらないというか。

だからまず、なんか自分が幸せにならなかったら、少なくとも幸せだと思えなかったらダメなんじゃないかな、というね。


井上たちを相手にする仕事をしていると、どっか「自己犠牲」みたいな感じで見られることが多いんですけど。
それはきっと、昔の篤志家みたいな感じで見られてるんですかね。
自腹を切って、みたいな。
ま、でも篤志家さんも、そうやって「いい人ですね」って言われるのが快感だからやってるんだとは思うんですけど。

でも、まあそういう「施し」から抜け出そうとしたのが福祉ですから。
確かに、その金は今やアメリカの武器を買う金ばかりが増えて、どんどん減ってる感じなわけですけど。
話に聞けば、保育とか介護とかって仕事は、他の仕事に比べて、同年代で給与にして月10万とか少ない、という話もあります。
まあ、10万とは言わなくても、けっこう少ない、というのは実感ですね。

だからまあ、篤志家みたいに言われてもしょうがないんだけど。
「他の仕事を選んでいたらよかったのに。10万低い、誰かがやらなきゃならない仕事を一生懸命やってくれてありがとう」みたいなことなのか。
だとしたら、まあ当たってはいるわけですけど。


つまりはまあ、なにが言いたいかというと、だとしたらですよ。
そういう給料が低い状況で、例えば結婚出来ない、みたいな話もあるわけですよ。
なのに、市丸に「幸せになれ」というのは、やっぱ伝わらないですわ。

市丸も井上も、俺の真似をしたいんだから。
というか、職員ってそういう仕事だとは思うんですよ、ある部分で。
憧れられてなんぼ。

で、職員が幸せそうじゃなかったら、やっぱ彼らもそうはならない。
というか、まあ彼らが俺らの真似をしたいと思ってくれないと、そもそも話が通じない。
「こうした方がいいよ」が通じなくなっちゃうわけで。

だからそもそも、もっと福祉に金を回して欲しい。
10万の格差はいくらなんでも大きすぎる。
結婚出来ない、明日の生活が不安じゃ、では彼らに人生の話もできない。

だから、考え方としては、「自分が幸せになりたい」でいいんだと思うんです。
そのために、一生懸命になる。
その姿を真似してもらえばいいわけでしょ。


先日、他のとこの職員とかに会った時に、ちょっと違和感だったんですよね。
「彼らのために一生懸命なんです」という自分に酔ってないか?って。
「自分のことは後回し」という感じ、というか…。

そうじゃなくて、自分が幸せになりたい、って一生懸命になることが先じゃないか?って思ったのよね。


自分のことより人のこと、ってよく言うけど。
だけれど、それってつまりは自分のことなんだよね。





(BGM:山口水希「アッシー・ミツグ・ネッシー君」 fromYOUTUBE)
→バブってます。
「赤坂新宿、アッシーアッシー、車で走る 水希の便利なアッシー君」
…ぎゃはははははははははははは。
そりゃ車で走るだろうよ、と。
マラソンじゃないんだから。

子どもからの連絡は年一回くらいでちょうどいい


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら


専従募集


いろいろな人に世話になって、まあ自分はここまできたと思うんだけど。
といって、何をかできたわけでも、ひとかどの人と言うことでもないけど。

でもまあ、最初の頃を考えれば、今はまあ給料はもらっているので、そういう部分で、まあみなさんにお世話になったな、と思います。


で、どうなんですかね。
お世話になったのを、お世話になった人に返す、というのは、確かにそうなんだけど、それはもう「ありがとうございます」でしかなくて、同じようにお世話になったのを返すとしたら、それはまた違う人に、なんじゃないか、と思ったりします。

仕事で言えば、やっぱ新しく来た人にそれは返していきたい、というか。
沢山の周りの人にお世話になってここまでやってきたんだから、それは、また下の子に返そう、というか。

例えば、まあこれは単純に過ぎますが、ずいぶん昔はおごってもらったんですよ。
給料がほぼなかったんで。
出してくれた人がいた。
でも、それをね、俺はその人に今返す、ってことじゃなくて、また今の下の子にしてあげなきゃな、って思うワケです。

その人も、俺に返してもらおうと思っていたわけじゃないと思うんです。


お世話になったと言えば、そりゃ親にもお世話にはなりました。
そりゃそうですね。
感謝している。

で、今、介護の問題なんかがあって、介護環境がまあ、もう貧困に過ぎるので、子が面倒見なきゃならない、というのは、現状その通りだと思います。

でも、それを親孝行なんていうのはどうなんでしょうか。

そもそも、親だって、俺に感謝されようと思って俺を育てたわけじゃないと思います。
いや、感謝はしてるけど、だからって「俺が面倒見てたんだから俺の面倒を見ろ」とは言わないと思う。

ま、そういう親もいると聞きますよ。
毒親とか言うんでしょ。
それはそれで別の問題として、ちょっと置いておいて。


仕事でもそうですけど、俺に例えばなにかしてもらった(現実にはした記憶はないんだが、わかりやすく例えです)と思う下の子がいたとして、その子が俺にその「なにか」を返そうと一生懸命だったら、それはやっぱ「違うよそれ」って思うんじゃないかと思うのよね。
やっぱり、それはまた君の下の子にしてあげたらいいじゃない、って思うよね。

逆に、それをずっと俺に返そうとしているのは、なんか偏執狂みたいな、ちょっと怖いし、そういうつもりもこちらはないわけだし、媚びてんのかよ、みたいな気にもなるし。


で、本題なんですけど。

子どもが感謝を示してくれる、というのは、確かに嬉しいことではあるんだけど。
でもまあ、具体的にそれはどうこう、ということとはちょっと違うんじゃないか、と思うんだよね。

先日、娘からちょっといろいろの手続きの関係で電話があって、俺は運転中だったんでアキが出てくれたんだけど「お父さんの誕生日だったんだよね、忘れててメールもしなくて~あはは~」とか言ってたらしいけど、でも、だからって、どうも思わないんだよね。
「まあ、よかった元気で」としか俺は思わなかったなあ。
ま、そういう関係性、ということではあるのかもしれないけど。

その時、逆に、誕生日にきちんきちんと何かしてくれたりする方が、俺はちょっと心配になっちゃうかもな、と思ったんです。

だって、やっぱ親の誕生日を忘れるくらい楽しい毎日なのかな、とか思うじゃない。
ま、イマドキはブラック企業とかもあるからそうも楽観出来ないけど、でも、まあ一年に一回くらい顔見てれば、それはそれでいいかな、とか。
やたら会いに来られたり、電話されたら、そりゃひく。
「お前どうした?」「なんかあったか?」とか、なんか心配になっちゃうよな…。


子どもたちは、自分で人生の楽しみを見つけて、そして自分の足で歩いて欲しい。
俺の誕生日など忘れてもらってかまわん。
いや、むしろ忘れなさい、と。
そして、自分の仲間を作って、遊びに行ったり、飲みに行ったり、時に頼られたり、頼ったりしながら楽しく生きなさい、と。
俺は俺で、自分の仲間と十分に毎日楽しく生きているから、と。

何か感謝をしたいのなら、その仲間や、自分の子、とかだけじゃなく、次の日本を背負う子どもたち全てにそれを返しなさい、と。

それがまともな世の中の循環だろう、と。
それを親子の縁がうすくなった、世知辛い、なんていうのは、やっぱちょっとおかしいよ、って思う。







(BGM:マスターズ「あなたに名前を呼ばれたい」fromYOUTUBE)
→ムード歌謡のバブル期版というか、なかなかこう、捨てがたい一曲ではあります。
どこかドゥーワップ風でもあったりして、捨てがたい。
けどまあ、捨てるかなあ…。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE