FC2ブログ

プロフィール

スーパーちんどん・さとう

Author:スーパーちんどん・さとう
ちんどん太鼓担当

@SMChingDongSATO twitter

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

QRコード

QR

HAVE YOU EVER SEEN THE RAIN


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





先日、ってか、かなり前、帰り際。
事務所の中から、先に外に出て自転車のあたりにいたコバに、「雨降ってる?」と聞いてみた。
そしたら、手の平をあげて、いわゆるアメリカンな「オ~ノ~」みたいなかっこをした。
どうも、「雨を確かめてる」らしい。

いやいやいやいや、今、君は外にいて、中の俺が「雨どう?」と聞いたわけで、そのまま君が感じたままを応えてくれたらいいのだが。
例えば、「小雨ですね」とか。
「パラパラしてます」とか。

そもそも、君は今、自転車に乗って帰ろうとしているわけだから、雨はそもそも「どっちかというと」降ってない方向、ではあろう。
けども、まあ俺としては「小雨です」とか「パラパラ」とかを聞きたかったわけだ。
まあ、「このくらいの雨なら自転車で帰れる感じ」なのだろうから。

にもかかわらず、自転車で帰る準備しながら、改めて雨を確認するとはどういうこと?と。

う~む。
まあ、大雨が降っていたらそもそも自転車は断念はしたんだと思う。
…いや、うん、そう思う。
いや、そうあって欲しい…。
…まあこれまでそういことはないので、まあないんだと思う。

けども、まあ「そんなに降ってない」という状況で、俺が急に聞いたもんだから、「あら?降ってるの?」とか改めて思ったのかもしれない。

う~む。
それはそうなんだが、なんかちょっと納得がいかない感じが残る。


その翌朝だったか、今度は市丸が俺のところに来て、「佐藤さん、足がちょっと腫れちゃったみたいなんだよ」と言う。
見れば、確かに内出血をしている部分がある。
けれども、まあたいしたことはない感じである。
が、何かにぶつけた、ひねった、ということはあろうかと思う。

数年前に、市丸は足を一度盛大にひねって、四日五日だったか、外歩きは禁止にしたことがある。
その時は、まあ確かに大事で、かなり腫れた。
内出血も大きかった。
聞けば、「朝のマラソンの時に転んだ」と。
まあ、マラソンではそういうことはあるし、その時にまあ転んでひねったと言うことらしい。

その時も、その翌日くらいになってやっと「足が腫れた」なんて言い出して、見てみたらかなり腫れていたのでその時は病院に行った。
で、「特に骨とかに異常はないけど、足なんで、ちょっと安静がいいんですけどね」ということで、「あまり歩くな」ということで、具体的に外出は禁止にしたんですが。

で、加えて「転んだりしたらすぐにいえ!」ということになったわけなんですけど。

で、まあその翌朝の話に戻しますが、確かにたいしたことはないんだが、どっかにぶつけた、ひねった、ということはあるわけです。
「どっかでぶつけた?」
「あの時みたいに転んだりした?」
とか聞いたけれど、何も出てこない。
「わかんないんだよ」と市丸。

おいおいおい、と。

たいしたことはないとは言え、ぶつけてなかったらそうはならない。
何かが当たったとしても、それを覚えてないもんだろうか。


つまり、コバも市丸も、どっか「自分に降りかかっている状況」について、どっか人ごとなのである。
雨に濡れる程度ならいい。
けれども、この感じだと、どっか大怪我をしても気づかない、ということになりはしないか、と思うのである。
コバに至っては、「死んでも気づかないのではないか?」「そのまま毎日来ちゃうんじゃないか?」とも思えるくらい、どっか自分に対してのことが人ごとである。

彼らはけっこうそういうところがあって、多少何かあってもそのままやり過ごしてしまう。
つまり、自分の人生について、どっか人ごとなのである。
困難にぶち当たったときに、困難に立ち向かうのではなく、やり過ごしてしまう。
というか、困難の乗り越え方がわからないのかな、とも思う。

それでもまあ、だんだんすぐに困難の乗り越え方を聞いてくれるようにはなってきた。
つまりは、別に自分で乗り越えることが大事なんじゃないし、そうならなきゃいけないわけじゃない。
聞いてさえくれればいいのだ。

だからまあ、こちらとしては聞いてもらえるように努力していかなきゃならないってことなんだけど。

しかしそもそも「困難を困難として認識してない」ってあたりも問題なんだよな。
もちろん、大きな困難だったらすぐに言ってくるけれど(むしろ市丸なんかは大げさに)、「自転車だが、雨が降ってるか?」「ちょっと足をぶつけたけど」くらいのことはあまり彼らの中では「許容範囲」になってしまっているというか。

許容範囲がけっこう広いというか。
それは一見いいことのようにも思えるけれど、どっかね、ちぐはぐというか、そういうところもあるんだよね。
大学のそばに住んでる市丸が「昨日の夜、学生がうるさかったんだよ!」とか、まあたいしたことはないんだ。
けどもまあ、市丸は大騒ぎしたりする。

本当に今自分にたちはだかってる困難をうまく認識できない、というか。
なんか、なかなか難しいところであります。





chugei.jpg

(BGM:ドリス・デイ「上海」from「ドリス・デイ」)
→こういうキャバレーっぽい感じの曲、とにかくかっこいいと思う。
ビックバンドをバックに、雰囲気たっぷりに歌う感じの。
間奏のサックスとトランペットの掛け合いとかがもうなんだろう、しびれます。

安全安心 ★ 映画 「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





というわけで、「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」を見てきたわけですが。

ジャパニーズホラーの金字塔、「呪怨」の一歩先というか、アメリカでの後日談という物語。
サムライミさん制作ということらしい。
まあ、サムライミさん、監督としては死霊のはらわた撮ってるし、スパイダーマンも撮ってますしね。
どっかまあ、器用な人、そしてホラー寄りでもあるということで、安心安全といった感じでしょうか。

で、こちら、もうやってるシネコンが少なく、ようやっと見ようと思った日は最終日でした。
最終日、最終回を見て参りました。

ま、どうですかね。
基本でしたね。
ホラーの基本が詰まっている。
久々にまったく普通のホラーをストレートに見た感じですね。

普通のホラーて…。
いや、すごく怖かったし、驚かされたし、そしてなによりストーリーが簡潔で、いわゆるホラーにありがちな「ルール」も簡単。
なにせ、その家に「入ったら呪われる」。
その家を「気味が悪い」と入らなかった刑事と、主人公の息子だけが生き残る展開。
あとはみんな入っちゃってるので死んじゃう。
簡単でいいですよね。

って、まあよくはないけど死んでっから。

ストーリーは、呪怨からの続きで、日本でその家を訪ねたアメリカ人が帰国するんだけど、今度はその家をスタートにして怨念が続いていく。
その家に一歩でも足を踏み入れると、もう呪われます。
最凶といっていいでしょう。

ま、そもそもの発端がここでは語られず、とにかくこのアメリカ人が怨念を飛行機に乗せて一緒に帰ってきて、家に取り憑いた、という形になります。
確かに、そこ説明してたらモタモタしすぎますからね。

先に書いたように、まあそれだけの映画なので、「新しい何か」とかを期待すると外れちゃいます。
が、これ、ホラー初心者の方にはぜひオススメしたい一作なんですよね。
こういうのがホラーの一つの定番。

霊モノは、たいがいルールがあって、それに抵触したらやられるし、しなければ生き残れる。
そんだけ。
このルールが曖昧な作品はダメだし、ルールを無視した展開にしちゃう作品もダメ。
でもこれはもう、完璧にセオリー通り。

安全安心です。
「ホラーは苦手」という人もいるかとは思うんですよ。
これはもう安全安心なので、ぜひ見て欲しい。
「犬鳴村」とかで(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5079.html)、ホラーが気になった人は、ぜひ見たらいいよ!

ま、確かに全体としてミニマムな印象はあります。
その辺もまあ、広げすぎてルールを逸脱してしまう、ということはよくあることだし、そういう意味ではこのくらいでよかったんじゃなかろうか。
呪怨の焼き直しじゃないか、というご意見ごもっともだけれど、まあサムライミ監督、呪怨好きなんだろうし、ジャパニーズホラーへの愛を感じて俺は面白かったけどな。

てなことで。

でも、まあそうはいってもいろいろ新しい趣向とかもあります。
例えば、寝ていて家の中が暗い、と。
そしたら、一斉に電気がつく!というね。

いや、たいがい霊が出てくると電気は消えるモノですが、ここではつく。
で、主人公が一間づつ確認して消していく、というね。

逆じゃん!と思うんですが、まあこれもちゃんと怖いのでご安心を。

ま、ベースに主人公の旦那が死んだとか、シングルマザーの不安とか、引っ越しての不安とか、そういうのもちゃんとありましてね。
「これは自分の不安が見せる幻影なのか?」みたいなね。
でも、そうじゃなくて、もう取り憑かれてます。

これ、一緒に見に行ったアオテツとアキと2やってほしいね、って話になって。
で、どういうスタートなのか、ということなんですが、まあこの元の家は燃えちゃって終わってますから。
こっからは妄想ですが、多分ですね、この主人公が住んでた家の方が呪怨の家になりますね。
なんとなく、ラストが「連れて帰ってきた」感じでしたから。
んでもって、別のところで、主人公の息子を同僚の「家に入らなかった刑事」が育てている、という。

で、その主人公が住んでた家の方ではやっぱり怪死が続いていて、その謎を解きに息子が行くね。
親代わりの刑事さんは一生懸命止めるんだけどね。
怖さ知ってるから。

でもまあ、「なんでお母さんは死んだのか」を知りたい主人公は…。
そこに、彼に好意を寄せるクラスメイトもからみ…。

ということでどうでしょう。
安心安全すぎるかな?





chugei.jpg

(BGM:Clifford Brown「Blue Moon」from「With Strings」)
→トランペットという楽器は、まあ野球場での応援風のあの威風堂々とした感じから、波止場でちょっとムーディーにも吹けるという、なかなかに表現力が広い楽器だと思うけど、その分、まあ難しいんだろうな。
これはムーディーな方。
一応、小学校の時に金管クラブをやっていたので、ちょっと吹けるけど、こんな風に吹けるんだ、ってことを知っていたら続いたのかもしれないな…。
やっぱなんだろう、小学校とかだと、楽譜通りに吹く、みたいなことが第一義になっちゃうからなあ。

早くライブやりたいね


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





ま、バンドやってますから。
市丸言うところの「スーパーもうろくちんどん」ですか。
なんとなくそっちの方が合ってるのではないかと思っている昨今、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

ま、ライブができませんでね。
なにせ、人数が多く、普段から密ですし。
客席に最初からスタンバイしてる演者、というのもなかなかないのではないかと思うわけですけども。
せっかくライブハウスの方でお客さんとかを密にしない努力をしてもらっても無にしてしまう可能性が高すぎて、というか、100%なので、ちょっとできないなあ、と思ってるわけですが。

早くコロナ終われ!

というわけで、でもまあ、バンドやってるわけだから、練習とかはしてるんでしょ?みたいに思われている可能性があるかと思いますが、これ、まったくやってない!
もう、コロナでライブがいくつか中止になってからというもの、まったくやっておりません。
そもそも、ライブに向けて練習の日程を組むという形を取っておりまして、つまりはもう普段からライブありきで、練習と言うよりは「あの会場の場合、どうやって登場するか」とか、「こういう大道具があった方がいいのではないか」と言ったことばかりを考えていますゆえ、皆さんが思う「練習」とはちょっと違う可能性が高い。
そうですね、かなり「振り付け」に時間をかけていることは確かです。

ま、「うまくなる」ということが重要なのではなく、「どう見せるか」なんですよね。
いや、「どう魅せるか」ですか。
それだとかっこよすぎだから、やっぱ「どう見せるか」。

そもそも「すーぱーもうろくちんどん」って言ってる時点でダメなんですよ。
でも、それを修正することができない。
歌詞も同様で、一回間違って覚えてしまった場合、もうそのまんま。
それでも、まあきちんと覚えられるメンバーがいますから成り立ってますけど、つまりは普通は覚えられない場合はオーディションで落とせよ、という話なんですが、そういうのも入れていこう、いや、むしろ、その辺をセンターにしていこう、というのがウチの特徴で。
だから、うまくなるのは諦めて、「もうろくをどう見せるか」を考えている、と、まあこういうことになります。

ま、それにそもそも、練習たってすげえ人数ですから、あまりそれで大声で叫び合うのもバカですから、このご時世。
しかも閉めないとうるさいから閉めるし。
換気できない。

ま、いろいろありますよ。
配信とか。
そういうのもねえ…、あまりこう、さっきも書いたけど、配信だとボロが出ると思うんですよね。
何回も聞かれちゃうと、「すーぱーもうろくちんどん言うてるやんか!」と鳴ってしまう可能性が高い。
なので、まあスッとね。
ライブだとスッといけますから。
その場、1秒のことですからね。
皆さんの方で「スーパー猛毒ちんどん」と変換してもらいやすいじゃないですか。
何度も聞くもんじゃない。

なんで配信は諦めて。

あ、今思ったけど、こういう時に新曲を作っておけばいいのではないか!
ある。
それはある!
GOTO作詞作曲!

ま、今思いついた感じですから、時間をずいぶん無駄にしました。

いや、でも、そもそも新曲も「次のライブの場所は」とか、「次のライブの主催者は」、いや一番大事なのが「セットリストこうしてこうして、いや、ココで一発盛り上がる曲あるといいなあ」とかで作ってますから。
ライブがないと、もうきっかけがないんですよね。

というわけで、な~んもやってないし、やる気もない、という体たらく。

でも、こういうのがね、ライブがやれるときになったら爆発するはずなんですよね。
それを期待しております故、ライブできるようになったら、とにかく呼んで下さい、バンバン!
お待ちしております。

いや、もう自主興行打つか。
誰予防。
いや、誰呼ぼう、というか、誰に出ていただくか。
ワンマンはやっぱキツいですからね。
時間長いと俺が酔っ払い過ぎちゃうし、ハヤテも限界あるし。

あまりバンド仲間みたいのはいないので俺としてはあまり思いつきませんが、無茶なところとか呼んでみたいよなあ。

ミスチルとか。

…ぎゃはははははははははははははは。
多分ダメだし、意味がなさすぎるよ!。
ま、好きですけどね。
好きと呼ぶは違う。


あ、そうか、今思い出したけど、スーパー単独ちんどんで配信してもいいんだよな。
あれなら基本、俺のソロだしな。

といって、まあこの長い自粛期間中、ギターもピアノも一回も触ってないからもう曲忘れちゃったなあ。
我ながら名曲あったと思うんだけどなあ。
いや、そもそもコード符どこ行ったかしら…。
ってか、単独の方でCDとか作ればいいじゃん!
それそれ!
とはいえ、これもライブありきなので、たぶんなにも進まない。

というわけで、一刻も早くコロナ解決してもらって、ライブでお会いしたいモノです!





chugei.jpg

(BGM:Four Tops「Its The Same Old Song」from「Best Hits」)
→イントロからかましてくるイカしたリフったらないよ。
かっこよすぎる。
I Cant Help Myselfとかも好き。

情けは人のためならず


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





先日のビラ配り(http://superchingdong.blog70.fc2.com/blog-entry-5352.html)で、ちょっと変わった出来事があったようで。

ミツとコウヘイ、というペアがとある団地を配っていたら、道に倒れているおじいさんがいた、と。
どうしたのかと思って近づいたら、「○○棟の○○号室まで連れて行って欲しい」と言われた。
で、ミツが肩を貸してその部屋まで連れて行った、というようなことで。

絵に描いたような「遅刻の理由」、といった感じですが、これが実際にあったというから世の中は捨てたもんじゃない。

そしたら、その部屋にはおばあさんがいて、「なんとお礼を言ったらいいか」とか言われたらしいけど、ミツは「助けたかったから助けたんです」と言って去った、と。

いい話ですね。
名も告げずかっこよく去ったのはいいけど、着ていたのが「にじ屋」と大々的にロゴが入ったハッピだったというのも含めていい話です。


なかなかどうして、こういうことがあった時、さっと助けたりするのってなかなか難しいですよね。
俺はあまりこういう場面に出会ったことはないですが、そういえばすごく昔に、これは車に乗っていたときですが、当時の専従と一緒に。
そしたら、なんか道の真ん中で人事不省になってる女の子がいて、なんだろうなあ、もう宇宙と交信してる感じの。
で、もうしょうがないので、というか、あぶない。

なんで、近くに空き地があったのでそこまで連れて行って、その時は警察に電話しました。
あれはどういうことだったのか今だに改めて考えてもよくわかりませんが、まあ、そんなことがあったっけ。

Tさん、としておきますが、彼女はとにかく「人が死んでるところに出会う」というのが何回か続いて。
いや、その時は「倒れてるだけ」と思って、大丈夫ですか?ということになって、答えがないから救急車を呼びますね。
そしたら亡くなっていた、みたいなことがあったという。

いや、まあ見つけてあげられてよかったけれど、なんとなくうん、どうなんだろう、こういうことをいうと不謹慎だけれど、ちょっとそういう場面にはあまり出会いたくないものです。

昔、工藤さんの夜の介助ボランティアをしていた人がすごく遅刻してきたことがあって、これは書いたかもしれないけど、まあものすごい貧乏だった頃ですね、一年目くらい。
俺の給料?いや、もう給料というか、毎月5万くらいしかもらってない頃。
まあ、来ないから昼の介助だった俺がそのまま介助に入っていたら、5時間くらい遅れて彼がやって来て。
まあ、ボランティアでやってた時代だったから、こういうことはけっこうあったんですよ。
それに携帯もなかったし。

で、そしたら、その彼は小さなトラックが路肩に倒れているのを助けていたと。
横転て言うんですかね。
すごい雨の日だったんですよ。
黙って見過ごせなかったそうで、そしたら、それが刺身を運ぶトラックで、ものすごい量の刺身を持って遅刻してきたということがありましたね。

すごくおいしかったので、いいお魚屋さんだったんだろうと思うわけですが。

あと、落とし物、みたいなこともありますね。
たいがいは警察に届けたりするんだろうけど、まあ警察が近くにない、とか言う場面。
しかも、そんなに「どうかなあ」「警察に届けるか?」みたいなモノってあるじゃないですか。
これが財布とか携帯だったら届けよう、となるわけですけど、じゃなかったら、う~ん、これどうしよう…というか。
このままじゃ車に轢かれちゃうしねえ…、というか。

例えば、タオル、とか。
子どもの名前が入ったハンカチとかね。
まあ、なくしちゃった~ということなんでしょうが、もしかして亡くなったお母さんの形見かもしれないから、う~ん、どうしよう、となりますから。
そういう時はまあすぐそのソバの歩道のガードレールとかに引っかけたりしますね。

そういえば、まあこういう話じゃないけど、先日、車で走っていたら、なんかこう、渋滞するような道じゃないのに、なんかちょっと混み合ってたんですよ。
どうもなんかを踏まないように迂回してる感じ。

そしたら、それが帽子だったんですよ。
対向車線の軌道上にあったんで、まあ、すれ違いが難しくなっていて渋滞状態になっていたらしく。
いや、まあ踏んでもどうと言うことはないというか、麦わら帽しみたいのじゃなくて、ぺったんこになっても復活しそうな帽子ではあるんだけど、いや、道に帽子が落ちていた場合、これ、踏めないモンですね。

なんかこう、「アタマ轢いちゃった!」って感じがするからでしょうね。

いや、ま、そういうわけで、ミツはいいことしたね、って話でした。







chugei.jpg

(BGM:松任谷由実「ナビゲイター」from「sweet, bitter sweet YUMING BALLAD BEST [Disc 1]」)
→この曲好きだったな。
この頃のユーミンはとにかく天才だったと思う。
なんの曲だったか、レディースとかに寄っていったあたりからちょっとなんか辛くなった。

ポジティブ教にはうんざりだよ


【スーパー猛毒ちんどん動画】
スーパー猛毒チャンネル  ★  YOUTUBE
知的生涯PV  ★  知的生涯ライブ動画他

【リンク】
スーパー猛毒ちんどんフェイスブック  ★  虹の会本部HP
虹魂的障害者自立生活  ★  虹の会本体ブログ
ミツのホッサ日記PLUS  ★  ツイキャス!!

虹の会では、専従職員を募集しています。社保完。詳しくはこちら





こうしたコロナとかの危機があると、世の中暗くなります。
ま、そりゃそうです。
いつ感染するかわからない。
仕事だって、ヒヤヒヤしながら電車に乗って行く、みたいな感じじゃないですか。

無症状の人までいるというのだから、まあもう誰が悪いということでもない。
知らないうちに罹患していて、知らないうちに人にうつしているのかもしれない。
わかんないわけです。
だから疑心暗鬼にもなるし、自粛警察みたいのも現れるし、なんだかもう、わけがわからなくなってしまう。

人とは弱いもので、まさにデビルマンのラストですね。
あ、漫画版の。
疑心暗鬼になって殺し合う、みたいな。
コロナに殺される前に、人同士がいがみ合っちゃう。

ま、暗いです。
英語で言うと、CRY、まあ泣きたくもなります。

てなことで、こういう時に、原発事故の時もそうでしたけど、「明るくいこうよ」「前向きに行こうよ!」という人が現れます。
ツイッターとかでもいますね。

ま、前向きに行くのはいいことだと思いますよ。
けど、こういう人たちって、「とにかく文句言うの止めようよ」みたいな感じになって言っちゃうんだよな。
つまり、「政治にも文句言わないで頑張っていこうよ」みたいな。
政治に対して「何かもの申す」ってのすら、「ネガティブじゃん」みたいな。

いやいやいや、今必要なのは、派遣切りとかにあった人たちや、コロナで仕事がなくなった人への補償じゃねえの?って思うんだけど、それも言わせない。

政治に対してものを言うのは大人として当然の態度かと思うけど、そういうことがそもそも抜けちゃってるんでしょうね。
今の日本ってそういう雰囲気に覆われてる。

だから、今、俺が納めた税金を「どうやって使うか」について論議しようとしてるのに、「文句言ってても始まらないよ」とか。
そういう次元がまったく違うことを言い始める。
まあ、まったく馬鹿馬鹿しいと思うんだけど、でも、個人のやれることを超えたことが起きているのに、政治に「こうしてくれ」って言わないんだったら、もう国いらないじゃん。

「明るく前向きに」ってことと、「政治に注文を付ける」「文句を言う」ってのは、まったくもって両立すると思うんだけど、なに言ってんだかこういう連中はすぐにそうやって結果として政権擁護を始めるんだ。

政治に文句言わない方がかっこいい、前向き、とか思ってるんだったら、もう税金とか納めなきゃいいのに。
なのに「それは決まってるから払うよ」「争うなんてネガティブじゃん」みたいなことをいうわけで、ま、奴隷ですね奴隷。

そもそもですね、「前向きに頑張ろうよ」「誰かに文句を言うのは止めようよ」とか「そんなのネガティブじゃん」とか、そういうことを言う人は、ずいぶん恵まれてると思いますよ。

今、もうポケットに16円しかない、とか。
家賃が払えなくて、住む家から追い出された、とか。
長年住んでいた家を原発事故で手放さなきゃならなくなった、とか。
そして、もう生きている間には戻れないだろう、とか。
津波でお父さんとお母さんを失った、とか。
コロナで派遣切りにあって、もう働くとこがない、とか。
電気代が払えなくて、電気が止まってて猛暑の中クーラーが使えない、とか。

そういう人がさ、どうやって誰も恨まずに、誰にも文句言わずに前向きになれんだよ?って気がするんだよ。
バカ言うな、って思う。

これさ、俺たちが払った税金が、いや、そういう目に遭った人たち自身が払った税金で救える部分がずいぶんあるじゃないか。
もちろん全てじゃないにしても、救える部分は救えばいい。
それが国の役割だ。
みんなで納めた税金の使い道というのは、こういう時にこそ使うべきで、電通に儲けさせるために税金を払ってるわけじゃない。
少なくとも今電通を潤してる部分は回せや。

その上で、「お互いに、みんなでいがみ合わずに前向きに行こうよ」てのには大賛成だ。

しかし、税金でなんとかできる部分をなにもしないで、国がほっておいて、より悲惨な状況に追い込めておいて、「明るく行こうぜ」とか寝言だぜ?バカか?
それ、コロナとかじゃなくて人災だ。
人災はせめてなんとかしようぜ。
話はそれからだ。

「明るく前向きに行こうぜ」ってのは嫌いじゃない。
けど、政治に文句言うことまでネガティブ言われたんじゃ、話が始まらない。
いや、なにかに困窮すれば、ネガティブになるのは普通だろうよ。

ポジティブ教にはうんざりだよ。







(BGM:The Carpenters「For All We Know」from「Gold: 35th Anniversary Edition [Disc 2]」)
→カーペンターズというと、どっか「トップオブザワールド」という感じで、わかりやすいポップというか、学校の給食の時間にかかるというイメージがあるけど、どの曲も今聞くといいのよね。
子ども向けではなく、良質なポップというか。
まあ、子ども向けも良質なポップではあるんだけど。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE